toppicture-block_r.jpg

2015年10月03日

QSLカードが届きました (2015年9月)

 先日、JARLからQSLカードが届きました。今回は200枚くらいでしょうか。届いた日から2日かけて、仕事から帰った夜間に一気に受領確認を終えました。
 今回、海外局から6枚届いていましたが、その中に、本年1月に14MHz帯のCWで交信したスイスの局と、同じく14MHz帯のRTTYで交信したオランダの局からのカードがありました。

 スイスの局からは「QSL PSE」で届きました。つまり「あなたのカードを送って下さい」ということです。こちらのカードはBUROで既に送ってあります。

151003-01.jpg

 さて今回のカード受領確認の結果、海外交信のエンティティーについては、交信が104,カード交換が47となりました。
 交信は100を超えましたが、カード交換をBUROに一本化しているので効率が悪く、半分も交換できていない状況です。BUROが機能していないエンティティーはカードが交換できないですが、当面はBURO一本で行く予定です。
 しばらくは、ダイレクト請求もeQSLもLoTWもやりませんよ!

 その他、国内についてはラジオテレタイプ(RTTY)の交信によるカードもたくさん含まれていました。

posted by GECKO at 19:58| Comment(2) | QSLカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
時代がどんなに進んでも紙QSLが一番です。
特にDX局はね!!
Posted by UVO at 2015年10月05日 17:19
>UVOさん

コメントありがとうございます!
そうですね、紙が一番です。
意固地になっている訳ではありませんが(^^;)、いろいろな交信証明の窓口があると、送付・受取の管理が2重,3重となって煩雑になりそうなので、シンプルさからあえてBURO一本にしています。どこまで交換できるかわかりませんが。
そして限界を感じたら、ダイレクト請求も考えています。
Posted by GECKO at 2015年10月05日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。