toppicture-block_r.jpg

2015年09月27日

2015 CQ WWDX RTTY Contest

 昨日に続き、本日も「2015 CQ WWDX RTTY Contest」が続いています。コンディションは昨日同様にFBな状況となりました。
 本日は早朝から断続的にコンテストをチェックしてサーチ&ポーズしていました。午前中は北米中心、午後からはEU中心となりましたが、例によって被りが酷いためになかなか交信が成立しない状況がありました。

 とにかく被りが激しく、なんとか正しくデコードできたCQ局をコールするも、相手局からのコールバックのタイミングで隣の局が被ってきてコールバックが正しくデコードできない・・・。状況によってはコールバックされているのか、こちらのコールが届かずCQを繰り返しているのかさえも解らない状況もありました。
 そういった場合には、再度コールしてみたり、コールバックされたという前提で 599 25 を送ってみたりしましたが、かなり効率が悪かったことは否めません。フィルターが効けばかなり回避できたものと思います。
 フィルターなしでの参戦は無謀ですね。

 そのような状況の中、本日は海外からこのコンテストを運用されている日本人オペレーターの2局と交信することができました。そしてこの2日間でのべ22エンティティーと交信でき、そのうち初交信のエンティティーが2エンティティーという状況となりました。
 それだけでもサーチ&ポーズした甲斐があったというものです。

 以前にRTTYの海外コンテストに少しだけコールしたことがありましたが、本格的にサーチ&ポーズに徹したことは今回が初めてとなりました。
 いろいろと課題の多い状況でしたが、次回はもう少しエンティティーを稼ぎたいですね。

posted by GECKO at 20:57| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。