toppicture-block_r.jpg

2015年08月29日

STANDARD C5600 たびたび

 本日は気温は低いが少し蒸し暑い日となりました。夕方にコンディションが向上したので、10MHzを少し運用したりしましたが、ブログの記事はまたまたC5600ネタです(^^)。
 そして、ついにカテゴリにてしまったという気合の入れようです(^^)。

 このリグの特徴などをツラツラと書いていきますが、もはや現役で使っている局も少ないものと思われますので、ほぼ自己満足の世界です。

 まずこのリグの困ったところ・・・というか、ちょっと扱いにくいところは、144MHzと430MHzのアンテナ端子がそれぞれ別々になっていることです。150929-01.jpg
 モービルでの使用を前提とした場合、当時は既に144MHzと430MHzのデュアルバンドアンテナが主流でしたので、共用のアンテナ端子1つの方がよいはずですが、少し疑問です。
 実はこのリグにはスタンドも付属していて、固定機として使うことが考慮されているようです。そのことからアンテナ端子が別々になっていたのではないか?と推測されます。・・・とはいえ、私のように50,144,430MHzのトリプルバンドGPを常置場所に上げている場合は、とても不都合です。
 そこで、トリプレクサー(右下の写真)を用いて144MHzと430MHzを分け、それぞれのアンテナ端子に接続しています。
150929-02.jpg150929-03.jpg

 さらに片付けてあった付属品を探していたら、ハンドマイクの延長コードが見つかりました(左上の写真)。
 このリグを購入して間もなく、ゴロゴロと寝転がって、ダラダラとラグチューするために購入したものです(^^;)。当時は携帯電話などなかったので、若い頃は夜な夜なローカル局とラグチューしたものです。
 こういったラグチューは、いまはSNSに変わってしまった感じですね。

 という訳で、とりとめのないC5600の記事でした。

【関連する記事】
posted by GECKO at 20:51| Comment(0) | C5600 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。