toppicture-block_r.jpg

2015年12月31日

2015年は移動先からRTTYが運用が可能に。

 本年も残り僅かとなりました。
 本年の当局としての特筆すべきは、昨年末に常置場所で運用を開始したラジオテレタイプ(RTTY)を移動運用にも展開し、常置場所と移動先のいずれもRTTYで運用できるようになったことです。
 移動地からRTTYが運用できるようになったことで、それまでのCWのみの移動運用から運用の幅が一気に広まったことは確かです。

 さてそんな移動先でのRTTYの運用で活躍したのが、KENWOODの「TS-680V」とDAIWAの「CNW-319」、そして第一電波工業のモービルホイップ「HFシリーズ」です。
 CWの運用では、従来通りパドル「uniHAM UNI-730A」と自作エレキーを使っていますが、本年からはRTTYの運用のための「パソコンとI/Fケーブル」が加わりました。

 本年の移動運用では、1年間これらの機材だけで通しました。

151231-01.jpg

 RTTYを運用し始めたことで、新しいリグが欲しいと思いつつも遂に購入することはなく、相変らず古い機材から変わり映えがなかった一方、30年前の10W機とモービルホイップでも、RTTYがそこそこ運用できるということを改めて感じています。151231-02.jpg
 来年は移動先でのRTTYの運用のために新しいリグでも購入したいところですが、考えてみればこれらの機材でも何ら不自由していないことも事実。来年も「まあいいか〜」という感じで使い続けそうです。
 無線機は決して安価な買い物ではない上に、稼働率(使用頻度)がとても低いので、買ったはいいがぜんぜん使っていない状態に陥るのが怖いです・・・。
 特に私のように週末だけ運用する週末ハム?には・・・。

 一方、アンテナはモービルホイップではちょっと力不足感は拭えません。10Wだからなお更です。しかしCWはともくかくRTTYでもそこそこ交信できてしまうところはちょっと意外でした。でも来年はアンテナをもう少し強化したいところです。151231-03.jpg
 余談ですが、このブログでも耳タコなほど繰り返している通り、RTTYは弱い電波に強いモードなので、10W+モービルホイップでも何とかなったのだと感じています。

 ・・・と、まあ本年はこんな次第で、機材はともかく、ラジオテレタイプ(RTTY)に色々な意味で翻弄された一年でした。その分、RTTYの運用についていろいろと判りました。

 CWが苦手な方でもRTTYなら大丈夫。身近に4アマのハムがいますのでRTTYの運用を勧めています。RTTYは4アマでも運用できますし、何となくインターネットのチャターのような趣があって、なかなかFBなモードだと思います。
 英語ができなくてもDX交信はほぼ大丈夫。静かに運用できますし、フォーンよりは明らかに弱い電波に強い・・・。至れり尽くせり・・・というのは大げさですが、あのRTTYの複雑な局免の変更申請がなければもっと普及すると思うのですがね。
 そんなことを感じた一年でした。
 来年も常置場所から移動先から、RTTYを本年以上にアクティブに運用したいところです。もちろんCWも同様です。
 それでは皆さん良いお年を。

posted by GECKO at 19:28| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。