toppicture-block_r.jpg

2015年07月04日

イングランド 21.085.60kHz RTTY

 本日は久しぶりにラジオテレタイプ(RTTY)でDX局と交信しました。

 本日は早朝には目が覚めてしまい、早朝18MHz帯のCWをチェックしていたらポーランドの局を発見。まずはポーランドと交信しました。
 その後は所用で外出。出先でモービル運用をしたりしました。

 そして夕方。
 軽くEsが発生していて、18MHz帯や21MHz帯で国内が聴こえていました。
 6エリアの局と21MHz帯のCWで交信後、周波数やモードを変えながら複数バンドとモードを行ったり来たり・・・。すると21MHz帯のCWでブルガリアを発見したのでコール。一発でコールバックがあり交信できました。

 更に同じく21MHz帯のRTTYをチェックすると、イングランドの局を発見。RST579程度で入感していました。
 ロシアの局と交信しておりOP名やQTHを交換している模様。交信終了後にすかさずコールすると、1エリアのJA局と同時コールだったうようで、弱小局の当局はあえなく撃沈・・・となりました。
 この時に1エリアの局の信号は弱いながらも入感しており、MMTTYの画面上で1エリアの局の送信内容が多少のデコードミスを起こしながら表示されていたことから、21MHz帯で1エリアと2エリアのパスもあったようです。
 ショートQSOではなくOP名やQTHを交換する交信でしたのしばしワッチしていると1エリアの局が交信終了。そこですかさずコールすると、1回目のQRZ?の後、2回目のコールでコールバックがあり交信できました。
 ちなみにリグは前回の記事のTS-680V・・・ではなく100W機です。
 久しぶりのRTTYでの海外局との交信となりました。

<本日のDX>
18MHz CW Poland
21MHz CW Bulgaria
21MHz RTTY England

posted by GECKO at 22:56| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。