toppicture-block_r.jpg

2015年01月31日

シンガポール 21,081.00kHz RTTY 他

 晴天となった本日、午前中に21MHz帯を中心に運用しました。
 11:00前に運用開始。21MHz帯をワッチするとCWではロシアや台湾などアジアがよく聴こえていました。  
 次にモードをLSBに変更(AFSK方式なので・・・)し、21,080.00kHz付近へ移動するとRTTYで米国の局を発見しました。WA(ワシントン州)の局です。
 既に交信している局が終了後、コール一発でまずは交信できました。

150131-01.jpg

 この局からは、OP名やQTHの他にリグやアンテナの紹介を受けましたが、画面に流れる文字のテンポから推測すると、OP名とQTHはマクロ(自動)送出、リグやアンテナの紹介の部分はリアルにキーパンチで送出されていた感じです。

 リアルなキーパンチは、まるでインターネットのチャットですよね(^^)。
 これが本来のRTTYの醍醐味なのかも知れません。
 私の方はリアルにキーパンチする方法がすぐに思いつかず相変らずマクロ・・・。こちらの設備を紹介しないことには気が引けました・・・Hi.

 その後、同じく21MHz帯のRTTYで、シンガポールとベトナムの局を発見!ベトナムの局はDXSCAPEにスポットされる前に辛くも交信できました。
 一方のシンガポールの局はすでにスポット後。ものすごいパイルになっていましたので、しばらく静観してからコールしたところなんとか拾ってもらえました(^^;)。

 夕方には21MHz帯のCWでイタリアとアルゼンチンの局と交信できました。
 このところ21MHz帯が中心となっています。本日も21MHz帯ばかりでDX局との交信が中心となりましたが、RTTYで思いのほかDX局が聴こえてくるのは予想外でした。
 コンディションは良かったように思います。

<本日のDX>
21MHz RTTY United States of America
21MHz RTTY Vietnam
21MHz RTTY Singapore
21MHz CW Italy
21MHz CW Argentina

posted by GECKO at 19:45| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。