toppicture-block_r.jpg

2014年12月28日

14MHz帯でのWAJAまで残り2県。

 今年も残すところ4日となりました。
 この時期は毎年あわただしい状況です。年賀状も本日書き上げて郵便局へ投函してきた次第です。そのためアマチュア無線の運用も断続的で、これといったトピックがありません(^^;)。

 そこでこのブログの過去の記事を確認したりしていましたが、11月1日に「14MHz帯でのWAJAまで残り3県。」という記事を書いていたことに気付きました。
 記事では「山梨県」「徳島県」「滋賀県」が14MHz帯の未交信県となっていますが、その後どうなったのでしょうか・・・。
 実はその後、「滋賀県」がCFMできたという状況です。
 WKDではなくCFMできたのは、それ以降に交信したのではなく、オール岐阜コンテストで14MHz帯で交信した3エリア移動局から届いたQSLカードの移動地が滋賀県だったのです!
 コンテストナンバーで滋賀県のナンバーを送ってもらっていたはずですが、当時は意識していなかったもので・・・。ハムログのQTHの欄も空白になっていました(^^;)。
 結果、14MHz帯でWAJA達成まで残すところ2県(山梨県と徳島県)となりました。

 さて残り2県を年内に14MHz帯で交信するのは難しいと思いますが、年明けのQSOパーティー(NYP:ニューイヤーパーティー)では少し望みがあるかも。
 ただこの時期の14MHz帯は近距離はスキップしてしまうので、ただでさえ運用者が少ない14MHz帯で滋賀県と交信するのは至難の業のようにも思います。
 ちなみに今年のNYPでは、14MHz帯では6局交信、10MHz帯では72局と交信できました。
 年明けのコンディションはどうでしょうか。気になるところです。

posted by GECKO at 19:49| Comment(0) | 14MHz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。