toppicture-block_r.jpg

2014年11月30日

2014 CQ World Wide DX Contest CW

 2014年11月29日(土)9:00JSTから12月1日(月)8:59JSTまで「2014 CQ World Wide DX Contest CW」が開催されています。
 当無線局はアンテナの都合で、7,10,14,18MHz帯の4バンドしか出られないので、コンテストは7,14MHz帯のみとなります。21MHz帯に出たいところです・・・(++)。
 じっくりと時間を取って呼び回りすることはできませんでしが、昨夜に少しと、本日の早朝と夕方のみの呼び回りとなりました。

 早朝の7MHz帯ではとてもたくさんの局が入感していました。いつもは国内JCCサービス局が運用を開始するような時間帯になっても下の方の周波数はコンテスト局がたくさん運用していて、いつもとはまったく異なる様相でした。7MHz帯では7,080.0kHz付近までコンテスト局が出ていました。
 ちょっと違和感がありました・・・(^^;)。

 夕方は14MHz帯を中心にチェック。EUがたくさん入感していましたが、強いエコーでコールサインがなかなか聴き取れない局がありました。
 ドイツの局で一応はコールサインをコピーしてナンバー交換したものの、エコーがかかってミスコピーの可能性がありましたので、「Reverse Beacon Network」で確認・・・。
 コピーしたコールサインが、交信した周波数で表示されました。間違いはなかったようで・・・(^^)。こういう使い方もあります・・・Hi.

 その他には、めずらしい(こともないのかな?)「クリッパートン島」という聞き慣れない島と14MHz帯でナンバー交換できました。メキシコの南西沖にある島です。エンティティーはフランスのようですが・・・。

 そのような訳ですが、あまりアクティブに呼び回りはせず、たったの6局とのナンバー交換で終了しました。まあこんなところです。

<本日のDX>
--- 2014 CQ World Wide DX Contest CW ---
14MHz CW New Zealand
14MHz CW Hawaii
14MHz CW Guam
14MHz CW France [Clipperton Island]
14MHz CW Fed. Rep. of Germany
14MHz CW Slovenia

posted by GECKO at 21:48| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。