toppicture-block_r.jpg

2014年06月29日

7〜50MHz帯までの7バンドで国内交信!

 訂正:7バンドではなく8バンドでした(^^;)。 2014/6/30

 本日は9:00頃から14:00頃までの間、下は7MHz帯から上は28MHz帯まで、国内の近距離のコンディションが良好で、7〜28MHz帯に50MHz帯を加えた、7,10,14,18,21,24,28,50MHz帯の 7バンド 8バンドで交信できた記念すべき日となりました。140629-01.png

 朝の7:00。イオノグラム(国分寺)は左ような状況で、赤いラインがまったくない状況。だからといってまったく電離層がないという訳ではないと思いますが、この時点では劣悪なコンディションで、昨日と同様に好コンディションは期待できないかな?なんて思っていました(^^;)。

 ところが9:00前頃からEsが現れ始め、あれよあれよという間にどんどん発達!その頃から18MHz帯はもちろんのこと、21や24MHz帯でも1エリアが599オーバーで入感するようになりました。140629-02.png
 そして10:00のイオノグラムは左のような状況。地上から100km付近に臨界周波数が15MHz程度のEsが出現となりました。

 この頃になると18から24MHz帯で1エリアや3エリアなどの超近距離ともいえるエリアがガンガン入感。アンテナチューナーで同調させたごまかしアンテナでも「599 FB」レポートをいただくような状況となりました。
 そしてついには28MHz帯でも3エリアや5エリアが入感しだしました。あまり経験のない(個人的には)状況だったので、意図的に各バンドを渡り歩いて、7〜28MHz帯に50MHz帯を加えた 7バンド 8バンド交信を実現しました。
 50MHz帯はEs反射ではなく、ローカル局との直接波でしたが(^^;)。

 そしてこのような状況は14:00頃まで続きましたが、その後に急激に悪化。あっという間にEsは消滅し15:00頃には、たった1時間程前の状況が嘘だったかのような状況となり、各バンドは静けさを取り戻した(^^)状況になりました。
 たまたまこの時間帯にシャックに居ることができ、たくさんのバンドで交信できたのでラッキーでした。

posted by GECKO at 20:46| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。