toppicture-block_r.jpg

2014年04月20日

CW運用局のプリフィックスごとのエリア別分布

 再開以来、5,000交信となったというのは先日の記事の通り。そこでちょいと気になっていたCW運用局のプリフィックスごとの局数を調べてみました。
(あくまでも私の交信ログからの分析ですので信憑性は?ですが)

 現時点での交信数は5,050。そのうちCWによる国内個人局との交信数は4,086。これらの中で2回以上交信した局はダブらないよう1回としてカウントすると、これまでのCWによる交信局数は1,524局となりました。
 そしてこれらを、横軸を「エリア」、縦軸を「プリフィックス(2文字)」として表にすると以下のようになりました。
(7コールは悩んだ末、一番下になりました。7コールの方、ご容赦下さい。)
140420-01.png
 ・・・見事に偏ってます(^^;)。

 新しいコールサインになるにつれて減少傾向にあります。
 開局年が早い局ほどCWを運用されている率が高く、開局年が新しい局のCW運用は少ないことが見て取れます。

 そして注目すべきことが・・・。

 よく見ると1エリアでは「JH1」、2エリアでは「JR2」、3エリアでは「JO3」「JP3」が突出していることが確認できます。
 いずれもここ数年で再割り当てされたコールサインです。
 これから推測されるのは、ここ数年で開局(再開)したハムの多くがCWを運用しているのではないか・・・ということです。
(再開時に旧コールサインを取り戻した方もいらっしゃるでしょうが・・・)
 ただ6エリアはこの傾向が見られるかどうか微妙です。

 特にカムバック組みはCWを運用される局が多いように思いますが・・・。
 どうでしょうかね。

posted by GECKO at 22:01| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。