toppicture-block_r.jpg

2013年12月21日

ロシアの記念局と交信(その2) 14,014.0kHz CW

 本日は午前中と夕方に少し運用できました。
 午前中は、ご多分に漏れず7MHz帯と10MHz帯でJCC/JCG/KUの追っかけ。僅かな時間で未交信3市と未交信1郡と交信できました!効率いいね。
 交信できた未交信郡は10MHz帯でしたが、Jクラスターにアップされる前からものすごいドックパイル状態。何事?と思いワッチしているとCQ局がコールサインと運用地を送信。なるほど私も未交信の郡だったので争奪戦に参加。何とか交信頂いただいたのとタイミングをほぼ同じくしてJクラスターにスポットされ、更なるドッグパイル状態になっていました。
 これで未交信82市、未交信133郡、未交信48区となりました。
(2014/1/1から市制となる滝沢市もカウントに入れました)

 夕方。16:30頃に帰宅。
 10MHz帯の国内は既にクローズしていたので14MHz帯へQSY。すると2〜3局のDX局が入感していましたが、どれも当局の弱小設備では電波が弱く交信不可能だと思われる状態・・・。しかしその中のひとつに、こちらの記事とは別のロシアの記念局が、ロングパスとともに軽いエコーを伴って入感!
 パイルアップというほどの状態ではなかったのでCQの狭間を縫ってコールすると、何とか届いたようで、コールバックがあり交信となりました。

 14MHz帯ももう少しアンテナがいいとFBなんですがね。
 まあ交信できたのでよしとしましょう。

<本日のDX>
14MHz CW European Russia

posted by GECKO at 22:49| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。