toppicture-block_r.jpg

2013年12月15日

ニューカレドニアと交信 14,032.0kHz CW

 本日は朝の7:00過ぎに無線機の電源を入れました。寒いのでなかなか布団から出られませんでした(^^;)。
 さてまずは7MHz帯をワッチすると、この時間帯でも国内近距離がわりと良く聴こえていました。10MHz帯へQSYするとなんと7:20頃に、既に5エリアと1エリアのJCCサービス局が599で入感していました。この時期のこの時間帯に、ここ2エリアで1エリアが10MHz帯で強力に入感するのはめずらしいのではないでしょうか。
 例によってイオノグラムは以下の通り。7:30時点でこのような状態でした。131215-01.png
 午前中は他の事をしながら断続的にワッチし、コールもしたりしていたら昼になってしまいました。

 外出先から帰った16:00過ぎ。10MHz帯の国内は既にクローズしていてノイズばかり・・・。そこで海外局の入感に期待して14MHz帯へQSYすると、あちこちで海外局のCQが聴こえていました。でもほとんどが弱く、コールしてもこちらの電波は届かないだろう・・・という状況。
 そんな中、コールサインの後に/Mの付いたニューカレドニアのモービル局のCQが559位で入感していました。
 1UPのスプリットでしたがCQの空振り状況・・・。そこでコールすると一発でコールバックがあり交信となりました。
 QRZ.COMでその局を確認したら、モービル運用の設備の写真がありました。今回もこのような設備で運用されていたのでしょうか。
 ちょっと興味深いところです。

<本日のDX>
14MHz CW New Caledonia

posted by GECKO at 19:45| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。