toppicture-block_r.jpg

2013年09月16日

マグネット基台とマグネットアースシートを使いました。

 午前中に台風は去り、午後からは晴天となりました。
 何か無線三昧の連休になっている感じ(^^;)ですが、XYLの眼を盗み、午後からこっそり?とモービル運用に出かけました。

 本日は訳があって、以前に購入した第一電波工業のマグネット基台「SPM35」とマグネットアースシート「MAT50」を使ってみました。
 何とこれらの機材を使って運用しているところの写真を撮り忘れましたので、写真はネットから拝借です。130916-01.jpg
 いつもはハッチパック基台を使っていて、固定するネジ部分のボディーの塗装を剥がしてボディーと基台が直接接触するようにしてアースを取っています。
 ばっちりアースの効果はありますが、さてこのマグネットアースシートのアース効果はどうなんでしょうか。130916-02.jpg



 これについては既にネットで語りつくされている感があります(^^;)が、先に結論から言いますと、とてもよい働きをしました。
 10MHz帯を運用しましたが、アンテナは同じく第一電波工業の「HF30FX」を使い、SWRは1.5程度まで追い込むことができました。もちろん交信もできました(当然!)。

 台風一過で強風が吹き、マグネット基台が倒れないか心配でしたが、真横からアンテナ全体に風は当たるので、ちょっとやそっとでは倒れずはずもなく、無事に運用できました。

 マグネット基台とマグネットアースシート。なかなか高性能でした。

posted by GECKO at 20:50| Comment(0) | アンテナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。