toppicture-block_r.jpg

2013年04月20日

VCHアンテナの製作(2) 【フロートバランの製作】

 さてVCHアンテナ製作の第2弾です。
 以前の記事でコイルの製作を載せました。コイルとくれば次はエレメントなのでしょうが、今回は給電部に用いる「フロートバラン」の製作です。

 教本によればバランが必要とは書いてありませんが、以前にダイポールアンテナの給電部の強制バランを自作するために購入していた、「フェライトコア」と「ポリウレタン銅線」が手元にあったので、それを使いました。130420-01.jpg

 フロートバランなので、ポリウレタン銅線2本をくるくるとよじり、それをフェライトコアに5回巻きつけただけというお手軽バランですが、果たして効果はあるのでしょうか?

 そしてそれを格納する容器は、お得意(?)のタッパー(バランエレキーの製作で使ったものと同じもの)を使い、これらにバナナプラグを受けるターミナルとM型コネクタのメスを取り付け、その中に格納しました。
130420-02.jpg
 移動運用先への持ち運びがメインになるので、エレメントは取り外しできるよう末端にはバナナプラグを使いました。
(これについては次回以降の記事で)

 バランはおまじない程度と考え、結構ラフに作りました。
 テストでは問題なかったようですし、これが障害になることはないと思っていますが、実際はどうなんでしょうね。

posted by GECKO at 21:44| Comment(0) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。