toppicture_ts680v_3.jpg

2013年01月26日

ケンウッド(KENWOOD) TS-50

 ネタ切れ(・_・;)なので、所有しているケンウッド(KENWOOD)の「TS-50」を紹介します。古いリグですが、実は結構気に入っています。

 TS-50は、ケンウッドが1993年2月に発売を開始したHF無線機です。もう20年も経ちますね。当時としては驚異的ともいえるコンパクトなHF無線機ではないでしょうか。
 カムバック後、CQ誌の2010年9月号の「モールス通信を楽しもう」という特集で「中古で入手するならTS-50は良い選択」という記事があり、もともと気になるリグだったため、しばらくしてTS-50S(100W機)をネットオークションで25k円くらいであっさり(^^;)落札しました。
 余談ですがその後に、専用アンテナチューナー「AT-50」も入手しています(^^)。
130126-01.jpg
 事前調査をろくにせず購入した訳ですが、CWを運用するべくこのリグに装着できるCWフィルターについて確認すると、型番は「YK-107C」となっており入手困難であることが判明。ネット上でも、TS-50にCWフィルターを取り付けたいが入手できなくて断念・・・というOMさんの記事も見受けられました。
 ネットオークションでごく稀に出品されるも、あっという間に高額になりとても落札できない始末・・・。
 ところがある日、ネットの中古無線機販売のサイトで運よく発見。1?k円で購入でき、すぐに装着しました。
130126-02.jpg
 そんなTS-50ですが、現在は主に移動運用(モービル)で使用しています。
 (このリグ、100W機なのに50W移動局で申請できるんです)
 セパレート式ではないので、クルマに取り付けはしておらず運用時に配線しています。
 シンプルな無線機でとても使いやすく必要十分ともいえますが、エレキーを搭載していないことが唯一の難点。外付け自作エレキーで対応してます。

 以前にUP,DOWNキーが利かなくなるというトラブルに見舞われましたが、なぜか直ってしまいました。愛着のあるリグになりつつありますが、故障したら、さすがに修理するかどうか悩むところですね。

posted by GECKO at 20:21| Comment(20) | TS-50 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TS-50、当局も使っておりました(^o^)/
コンパクトで操作性の良いリグで、モービル運用にはピッタリで、DXも稼がせてもらいました(^^)
当局のTS-50も、CWフィルタを実装していますが、エレキー機能が無いので残念ながらあまり活躍せずに、故障(コンデンサ液漏れ受信不良、液晶パネルの球切れ)で、現役引退となりました(u_u)

Posted by JH4SHF at 2013年01月29日 07:09
>JH4SHFさん、

SHFさんもTS-50のユーザーさんですね。
現役引退ということで残念です!
この機種は、コンデンサの液漏れと液晶パネルの球切れが持病のようですね。
私のもいつ壊れるか判らりません(;;)。
それまではガンガン使ってやりたいと思います。
ちなみにこれが壊れたら、CWフィルターは、姉妹機のTS-60に装着したいと思ってます。

Posted by GECKO at 2013年01月29日 21:26
私は、TS-480のフィルタを装着しています。YK-107Cもありますが、性能はYF-107Cの方が良いようです。取り付け方に工夫がいますが、問題はないです。
Posted by pon at 2013年02月04日 17:16
>ponさん、
コメントありがとうございます。
TS-50にはYKではなくYFの方でも取り付け可能なんですね。貴重な情報ありがとうございます。どこかのサイトでYFは互換性がないとありましたので諦めていましたが、ピンの寸法だけのようですね。
YFの方はまだ現行品のようで、ネットで新品が普通に購入できるようですね。
しかも7K円位(ネット価格)と安いので、もうひとつ所有しているTS-60でこれは試す価値あり・・・ですね。

Posted by GECKO at 2013年02月04日 21:08
YFは、中古で入手しました。5千程、良品です。回路は、1本余分なものが制御用のようです、後は、YKと同様ですがピン配置が逆ですが、インピーダンスは同じで、C、CNどちらでも利用可能です。SNを入れて、設定を変えると送信にも使えます。私と同じ事をしている方は、海外にもいました。すでに廃盤のフィルタを現行入手可能なもので代替して、安く楽しんでいます。廃盤製品の中古は高いですから。ちなみに、YK-107Cは、新品を韓国のショップで入手しました。TS-60にC、TS-50にCNが良いかもしれませんね。チャレンジしてみてください。
Posted by pon at 2013年02月06日 00:41
>ponさん、
情報ありがとうございます。
YFはピン配置が逆ということは、取り付けに工夫が必要かと思いますが、いずれ購入してTS-60に装着したいところです。うまくいけば、ブログで公開もできます!
なるほど、TS-60にC、TS-50にCNというのは名案ですね。
それにしても廃番のフィルタはほとんどが高額ですね。そもそも出回っている数が少ないのと、リグと一緒に処分されてしまったものあったり、手放さなかったり・・・。
手に入りやすく、相応な価格の現行品で代用できれば、それに越したことはありませんね。貴重な情報です。

Posted by GECKO at 2013年02月07日 23:21
はじめまして、当方もこれからカムバックしようとこの無線機TS-50Sを入手しました。
これは認定を100Wと50Wと持っているんですね。
ちなみに50W移動局申請をされた時は、
技術認定の100Wの番号をそのまま出せれたのでしょうか。
局免を切らしてしまい、現在144M/430Mで申請を出し、その後、HFを変更申請しようかと考えています。
TRIO(kENWOOD)に確認するとJARD等の認定機関を通さないといけない、でもネットをみるとそのままいける。
どちらが正しいのでしょうか。
申請された時は100Wの技術認定番号をそのまま書くと50W移動局(もちろん2アマ免許あり)
いけるのでしょうか。
申請した時のやり方をご教示いただけると幸いです。
Posted by HQL00154 at 2016年05月22日 19:16
>HQL00154さん、

 ブログへの訪問とコメント、ありがとうございます。
 TS-50Sいいリグですね。実は私のTS-50Sは故障の末、他人の手に渡ってしまいました。ブログには書いていませんが(^^;)。
 とても感度がよくて、使いやすくて、手放したことをちょっと後悔しています。せめてもの思いでブログの中ではTS-50Sの記事は残しています。

 さてお問い合わせの件ですが、TS-50Sはひとつの技適番号で、100Wと50Wの認定を受けているようです。
 2アマの資格を所有していらっしゃいますので、リグに貼り付けてある技適番号を記載の上、「移動する局」として各バンドの空中線電力を「50W」と記載すれば大丈夫です。
 私の場合は東海総合通信局ですが、特に指摘されることもなく許可されました。JARDやTSSでの保証はしていません。

 JARDやTSSの保証が必要となるのは、3アマ資格以下の局が内部スイッチを50Wに切り替えて、接着剤などで戻せないように細工した場合だと認識していますので、2アマ資格があれば不要ですよ。
 メーカーの人もちょっと勘違いしたのかもしれませんね。

 それではTS-50Sでよきハムライフをご堪能下さい。


Posted by GECKO at 2016年05月22日 20:49
こんばんは、お返事がおくれました。
貴重な情報をありがとうございました。
やはり、保証認定を通さずにいけるのですね。
ありがとうございます。
現在、審査中で昔のコールサインで復活申請を行っているところです。
無事に開局ができましたら、TS-50Sで変更申請をかけようと思います。
開局は中学生でしたが、大学あたりでQRTしていました。また、やってみようかと思っています。
Posted by HQL00154 at 2016年05月25日 22:09
>HQL00154さん、

ぜひ、TS-50Sで50W申請申請してみて下さいね!

復活申請されているとのこと、私も15年間のQRTからカムバックしました。同じく大学あたりからアクティビティーが低下、社会人になって完全QRTとなりました。
カムバックしましたが、新鮮で楽しいですよ!

Posted by GECKO at 2016年05月26日 22:08
お世話になりました。昨日、TS-50Sで50W申請が通り、無事、HFの移動局免許状が届きました。
私が無線をやっていた当時は10/8Mなどはなく、主に21MのSSBでやっていました。
内蔵のリチウムイオン電池が無いようなので、電池も交換しなければと考えています。
コンデンサなどの電子部品が壊れていないかが心配ですが、一度、電源を入れてみようかと思っています。
取り急ぎのご連絡です。
ありがとうございました。 73
Posted by HQL00154 at 2016年06月28日 21:50
>HQL00154さん、

無事にTS-50Sの移動局免許を取得されたということで、なによりです。

確か私はTS-50Sのリチウム電池を交換した記憶があります。ネットオークションで出品されていましたので自分でハンダ付けしたと記憶します。

私も再開局した時に18MHzが運用できるようになっていましたが、その後は10MHzにハマっています。WARCバンドも楽しいですね。

それではTS-50Sでよいハムライフをお過ごし下さい。
電波でお会いできるかもしれませんね。お互いそれに気付かないかもしれませんが(^^)。

Posted by GECKO at 2016年06月29日 23:13
TS-50、当局も以前使っておりました。現在では、固定で八重洲無線のFT-450Dを使用していますが、移動用に中古でTS-50を購入する予定です。TS-50は1993年発売と古いリグなのですが、コンパクトで操作性の良いリグです。エレキーが内蔵されていないのは残念ですが、移動には縦ぶれ電鍵を使用する予定です。当局は輪島市で唯一のCW局なので、今後ともよろしくお願いします。
Posted by JR9PRA at 2016年07月02日 09:15
>JR9PRA局

コメントありがとうございます。
移動用にTS-50を購入される予定とのこと。ぜひ入手されてハムライフを満喫下さい!とてもいいリグで常置場所からTS-50でEUなどとも交信しましたが、ここコメントにも書きましたよう、現在は他人の手に渡ってしまいました。
あと輪島市の件、了解です。私のハムログを確認しましたら、輪島市とは7MHzと10MHzのCWで各1局と交信できているのみで、いずれも他エリアからの移動局でした。おっしゃるようCW局は少ないのですね。
交信できることを楽しみにしています。今後ともよろしくお願いします。

Posted by GECKO at 2016年07月02日 11:34
JARD(日本アマチュア無線振興会)のホームページに、スプリアス実態調査に合格した機種が出ていますよ。
TS-50も合格した機種の中にありましたよ。
スプリアス確認保証で平成34年12月1日以降も使用できるようになりますよ。
Posted by JR9PRA/Toshi at 2016年08月19日 20:53
>JR9PRA局

朗報ありがとうございます!
JARDのページ確認しました。いわゆる「スプリアス確認保証可能機器」のようで、JARDで保証を受ければOKなようですね。(TS-50に限らず)古いリグがたくさんリストアップされているようで驚きです。
手放してしまったTS-50がますます恋しくなりました・・・(^^;)。
Posted by GECKO at 2016年08月20日 07:46
お久しぶりです。
何もしないまま、9月が終わります。
実家から安定化電源を借りてきて、TS-50Sの電源を入れてみました。
使っているうちにあれって、思う事がいくつかあり、使っている方に質問です。
電源を入れるとSメーターが9位まで上がり、暫くして、落ちてきます。
その間、スケルチが効いたように音がせず、0まで落ちると音が出てきます。
これって、正常なのでしょうか?
それとも、AGC回路の故障の始まりでしょうか?
ネットをみるとコンデンサーの容量が抜けてくる症状みたいにも思えます。
よろしくお願いします。
Posted by HqQl00154 at 2016年09月24日 07:22
>HqQl00154さん、
はやいですね。もう10月です。
さてTS-50Sのお問い合わせの現象ですが、いま実機が手元にないので何ともいえませんが、私が所有していたものは、ご連絡のような動作はなかったように思います。
どこかの設定かもしれませんので、一度オールリセットされるとよいかと思います。既に実施済みでしたら恐縮です。


Posted by GECKO at 2016年09月24日 11:39
みなさん、こんにちは。
10Mhzの短縮アンテナの検索中にこのHPにたどりつきました。
コメントにTS-50の話で盛り上がっているので、参加させてください。
当方は20年ぶりに再開局。開局当時の520Vを引っ張りだして、移動運用していました。さすがに、ワークバンド、周波数拡張が対応していないことから、今年4月に2アマを取得した契機に50Vを中古で取得しました。ただ、CWフィルターが装着されておらず、当面はCQを出す側に回って相手がゼロインしていただく形での交信とならざるを得ませんね。
汎用でのフィルタも後々、検討してみます。とりあえず、今回はこのへんで失礼します。
Posted by やしまうどん at 2016年10月13日 15:11
>やしまうどんさん、
ブログへの訪問とコメントをありがとうございます。
TS-50、入手されましたか。それはFBですね。よいリグだと思います。しかしCWの運用にはフィルターがあった方がいいですよね。私もTS-50を入手後、しばらくCWフィルターを入手できずにいましたが、ブログ本文にあるよう中古店で入手できました。
このリグに装着できるYK-107Cは生産終了していて現在は入手困難ですが、ここでコメントされているOMさんでTS-480用のYF-107Cを装着されて問題なく動作させていらっしゃいます。裏技ですね。私は試す前にTS-50を手放してしまいましたが。
貴重なリグだと思いますので、これからも末永くTS-50でハムライフを満喫下さい。

Posted by GECKO at 2016年10月13日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。