toppicture-block_r.jpg

2012年08月14日

CWフィルター「YG-455C-1」を装着

 以前から所有しているKENWOODのTS-680Vに、先日ネットでポチッとして入手したCWフィルター「YG-455C-1」を装着しました。

 多くのKENWOODのリグに対応している、帯域幅500HzのCWフィルターです。

 このCWフィルター。出回っている数はそこそこ多いのでしょうが、所有している人は手放さないのでしょうか。比較的入手困難な状況になっていて、ネットではかなり高額で取引されています(これはCWフィルター全般にいえることですが)。
 こちらも少々高額でしたが、これを装着することでTS-680Vで本格的にCWが運用できるようになり利用シーンが大幅に拡大するので、それなりの価値を見出し大枚(でもないか・・・)をはたいた訳です。
 (いまどきのデジタルIFフィルター搭載リグなら、その必要もないのですがね)

120814-01.jpg
シリアルNOは画像加工して1000にしました・・・Hi.

 装着後にCWを受信してみましたが、第一印象は「とてもよく切れる」です。
 フィルターを通さない状態だと回り込んでくる隣接周波数からの混信が、フィルターを通すと「スパッ」とナイフで切ったように聴こえなくなります・・・(^^)。とても優秀です。
(IC-706MKUGに装着した「FL-100」よりもよく切れる印象)

 送信出力がたった10WのTS-680Vですが、せっかくCWフィルタをー装着しましたので、7MHz帯あたりでJCC/JCGをこのリグで追いかけるとしますか・・・。

posted by GECKO at 23:07| Comment(0) | TS-680V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。