toppicture-block_r.jpg

2012年02月26日

船舶気象通報(灯台放送)を聴いてみた

 最近、ラジオ放送の受信に興味が湧いてきました。いま頃になって変ですよね(^^;)。
 ラジオ放送受信といえば海外短波放送でしょうが、ネットで、

 船舶気象通報(灯台放送)

 なるものがあることを知り、早速受信してみました。オタクですよね〜。

 灯台放送の運営上の詳しい説明は他のサイトに譲るとします。
 技術面で見ると、この放送は振幅変調の全搬送波方式を採用しているのですが、上側波帯のみのいわゆるA3Eの電波形式になっています。
 したがってアマチュア無線機で受信する時は、SSB(USBモード)で受信することになりますが、SSBとは異なり搬送波が存在するので通常のAMラジオでも受信範囲をカバーしていれば聴けるようです。、
 というのは、ネット情報の受け売りですが・・・(^^;)。

 結論からいいますと、モードはUSB,周波数は1669kHzに併せればOKという訳です。

120226-01.jpg
石廊埼灯台からの放送を受信しているところ

 なおタイムテーブルは以下の通り。これもネット上にありますが・・・(^^;)。

120226-02.jpg

 当ヤモリの棲むアマチュア無線局はアマチュア無線のHF用のアンテナを設置しているため、一般的なラジオ内蔵のロッドアンテナよりはよい受信環境になっていますが、それでも全てが聴こえる訳ではありません。
 聴いた範囲で強く入感したのは「石廊埼灯台」「八丈島無線方位信号所」そして「犬吠埼無線方位信号所」。RS56程度で入感しました。
 全て聴いた訳ではありませんが、その他はそれ以下でメーターが全く触れないところも多くあります。また全く入感しない局もありました。

 中波の特性上、遠方の局は夜間しか聴こえないと思いますが、興味のある方は受信してみてはどうでしょうか。

・・・ところで本日の運用ですが、めずらしく18MHz帯と24MHz帯も運用しました。DXはロシアの2局。14MHz帯はゼロでした。

<交信記録>
--- 国内 ---
10MHz CW 599-599 東京都国分寺市
10MHz CW 599-599 兵庫県朝来市 / 道の駅「フレッシュあさご」
10MHz CW 599-599 岐阜県関市
10MHz CW 599-599 静岡県浜松市南区 / 静岡県西部ハムの祭典公開運用
18MHz CW 599-559 北海道釧路市 / 釧路アマチュア無線クラブ
--- DX ---
21MHz CW 599-599 Asiatic Russia
24MHz CW 599-599 European Russia

posted by GECKO at 20:24| Comment(2) | BCL/SWL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BCLではなく灯台放送というのがあるんですね。
半月ほど前に犬吠崎灯台に上ってきました。なんか奇遇ですね。脇に無線塔が建っていたのであそこから放送しているのかな?
灯台下の食堂の鯵のタタキは、今まで食べて一番うまかった伊東のより上を行ってました。
Posted by JG1GWF at 2012年02月26日 21:28
>JG1GWFさん、
犬吠崎灯台へ行かれましたか。それは偶然でしたね。鯵のタタキもそそられるものが・・・。
ところでこの灯台放送ですが、50W出力でも、そこそこ飛んできているので驚きました。
周波数が近いトップバンド(1.9MHz)も、こんな感じで飛んでいくのでしょうね。アンテナ次第でしょうけれども。

Posted by GECKO at 2012年02月27日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。