toppicture-block_r.jpg

2011年10月12日

南極ボストーク基地「RI1ANC」と交信! 14,041.0kHz CW

 今夜も夕食後に無線機のスイッチをON。
 そろそろ夜間の7MHz帯も国内はスキップし始めていますが、岐阜県中津川市の局のCQが聴こえましたのでコール。無事に交信頂きました。

 続いて10MHz帯。「T32C」が聴こえますが、昨夜10MHz帯では交信をしていますので今回はコールせず。その他は全くCQや交信が聴こえず静かです・・・。

 続いて14MHz帯。24時間どこかのDXのパスが開けているというこのバンド。14,041.0kHzのCWで「R」から始まるコールサインを発見!コールサインは「RI1ANC」でRST559で入感。「R」なのでロシアの局かと思いきや、QRZ.COMで調べたら何とロシア連邦の「南極ボストーク基地」でした。
 日本時間の20時40分頃。コールしたら一発でピックアップ頂き交信完了となりました。南極大陸からとてもクリアな電波でした。

111012-01-a.jpg

 よくもまあ私の弱小アンテナの電波をピックアップして頂きました。オペレーターさんに感謝です。南極大陸といえば「8J1RL(南極昭和基地)」がありますが、そちらより先にロシアの基地と交信してしまいました。次は昭和基地と交信したいです。

<本日のDX>
14MHz CW Antarctica

posted by GECKO at 21:44| Comment(2) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロシアの南極基地とは、スゴイですねU
当局は、未だ南極からの電波は聞いたことがありませんC
クラスターには、8J1RL(昭和基地)を時々見かけますが、なかなかつながりませんね。
ボストークは、旧ソ連の宇宙船ボストーク1号と関係あるのかな?
Posted by きつね石(JH4SHF) at 2011年10月14日 19:34
>きつね石さん、
こんばんは。
今回偶然に見つけた「RI1ANC」です。ロシアの局はショートQSOは少ないのですが、めずらしくショートQSOで交信されていると思ったらボストーク基地でした。
昭和基地は私もSSB,CWとも、一度も聴こえたことがありません。タイミングが悪いんですね。いつかは交信したいです。
宇宙船ボストーク1号との関係は?です。それについての文献(サイト)もなかなか見つかりません。

Posted by GECKO at 2011年10月14日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。