toppicture-block_r.jpg

2011年06月26日

ハイモンド社の「MK-706」を購入!

 アマチュア無線にカムバックして1年あまり。そこでCW中心にシフトしようということで、昨日は「CQオーム」さんの店舗で電鍵(マニピュレーター)を買ってきました。
 スピードはともかく、やはり縦振り電鍵では正しい符号が打てませんので・・・。

 購入したのは、ハイモンド社の「MK-706」というモデルです。

110626-01.jpg

 これを使うにはエレキー(またはエレキー内蔵のリグ)が必要ですが、実はエレキー内蔵のリグを密か?に入手しました。ご多分に漏れず中古品ですが、まだ申請が終わっていないので使うことはできません。
 さて、どんなリグかはいずれ公開しようと思います。
 そのような訳で、この「MK-706」はまだ実践では使うことができません。サイドトーンで練習するくらいでしょうか。

posted by GECKO at 22:29| Comment(2) | 電鍵/エレキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じ電鍵ですね。
なかなかCWでの交信をするのに勇気がいりますね。声以上に。
Posted by くま at 2011年06月27日 21:54
>くまさん、
そうですね。確かくまさんも同じ電鍵を持っていたと記憶していました。
CWの交信ですが、交信内容を聴いてレポート交換だけを目的としたCQだったら、自分のコールサインを打ち、レポ―をもらった後に、
UR RST 599 5NN BK
を打って、最後に
TNX CUAGN 73 TU EE
と打つのみです(笑)。
QTHなどを打ってくる局もありますが、正直聴き取れないし、こちらもQTHを上手く打つ自身がないので、こちらからは返さず終了です。QTHは無線局検索で調べてます(汗)。
(相手局には少々失礼ですが、打ち方で初心者であることを悟ってくれいるようです)
度胸一発です!慣れればフォーンよりも気楽です。
Posted by GECKO at 2011年06月27日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。