toppicture-block_r.jpg

2019年11月24日

岐阜のマチュピチュ「天空の茶畑」へ。

 昨日のことですが、晴天に恵まれたので、以前から行ってみたいと思って先送りしていたところへ行ってきました。
 「岐阜のマチュピチュ」ともいわれいる「天空の茶畑」です。

 天空の茶畑は「美濃いび茶」が有名な岐阜県揖斐郡揖斐川町にあります。揖斐川町では下の写真のような茶畑を多く見ることができます。

191124-01.jpg

 現地へ行くには県道から細い山道へ入りますが、部分的には乗用車同士のすれ違いが困難な細い道なので注意が必要です。
 バイクだといいのですが、今回はマイカー(四輪車)で行きました。

 登っていくと絶景ポイントの下に駐車場があるのでそこに停めますが、そこから更に徒歩で遊歩道を150mほど登ります。
 登りはじめ付近には写真のような石碑やさざれ石がありますが、途中から登山道のような険しい山道になります。

 家族連れやカメラ女子らしき人もたくさんいらっしゃいました(^^)。あとライダーらしき人々も・・・。

191124-02.jpg191124-03.jpg

 そして絶景ポイントへ到着。太陽の位置の関係でちょっと霞んだ感じに見えますが、素晴らしい絶景です。

191124-04.jpg


 霞んでいるので綺麗に撮れず残念です。
 何枚も撮影して、何とかこのブログに乗せられるレベルのものが上記の写真です。空気の澄んでいて太陽が高い季節に、もう一度撮影に行きたいです。

posted by GECKO at 19:06| Comment(0) | お出かけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

バイクのチェーンにオイルを注油!

 かなり寒くなってきました。無線の方のコンディションはというとかなり落ち込んでいるようで、7MHzでの近距離がスキップしてしまうような状況でした。結果、交信はゼロとなってしまいました。

 さてバイク関係のネタが続いていますが、今回もバイクネタで、前回の「エアーの補充」に続き「洗車」と「チェーン注油」などメンテナンスのネタです。
 「洗車」は特にネタになるようなことはないので省略し、今回は「チェーン注油」についてです。

 その前に、バイクの動力伝達方式について少し・・・。
 バイクのエンジンの動力を駆動輪に伝える方式は大きく「チェーン駆動」「ベルト駆動」「シャフト駆動」があります。
 多くのバイクでは機構が単純な「チェーン駆動」を採用しています。私のバイクもそうです。定期的な注油が必要となることがネックです(^^;)。
 「ベルト駆動」はハーレーダビッドソン、「シャフト駆動」はBMWなどで多く採用されていますが、メンテナンスがほぼ不要というところが魅力的ですね。

 そういえばヤマハの「Vmax」もシャフトドライブだったなぁ〜と古い記憶が。欲しかったバイクです。

191116-01.jpg

 さてチェーン注油ですが、その前にチェーンの汚れ落としから。
 汚れを落とすにはいろいろな方法がありますが、私が使ったのは以前に購入したラベンの「キングスター チェーンクリーナー」です。
 洗浄液が強力に噴射され、汚れと古いチェーンオイルがあっという間に溶解します。なかなかの洗浄力です。

 洗浄した後は、今回新しく購入したワコーズの「CHL チェーンルブ」を注油しました。これまではホンダ製のチェーンオイルを使っていましたが、今回はネットで評判がいいワコーズを使ってみました。
 (ホンダ製の方は購入後数年経っていて劣化も気になったので・・・)
 1コマずつ丹念に・・・とも思いましたが、時間もなかったのでタイヤを回転させながら5cmくらい離したところから吹き付ける感じで注油しました(^^;)。

191116-02.jpg

 いろいろ調べてみると500km走行ごとでのチェーン注油が目安だとか。自分は長年、1,000kmかそれ以上乗らないと注油していませんでしたが・・・。

 という訳でチェーン注油の記事でした。

 バイクの維持はこういったところに時間と手間がかかる・・・。バイク好きにはこういった作業も気にならないのでしょうがね。

posted by GECKO at 19:18| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

バイクのタイヤにエアーを補充!

 快晴。絶好の行楽日和でした。
 が、しかしアマチュア無線運用はなし。快晴なのにどこにも出かけず掃除や片付けなど、まじめ?なことをして一日が終わりました。
 そんな中でブログのネタになりそうなのは、バイクのタイヤにエアーを補充したことでしょうか?相変わらずバイクネタですが・・・。

 バイクのタイヤのエアバルブは「米式」です。バイクのぼぼ100%が自動車と同じ米式なのですが、自転車などでは英式・仏式もあります。
 自転車の例ですが、詳しくはこちらのサイトにあります。

 写真は、バイクのタイヤのエアバルブ(米式)とエアーを補充するためのフットポンプです。私が使っているフットポンプは「DRC」製の携帯用のものです。
 ほとんど使っていないので新品に見えますが・・・(^^;)。
 現在は電動が主流なのかも知れませんが、携帯用としてはやはり非電動がいいですね。
191109-01.jpg191109-02.jpg

 写真のようにバイクのタイヤのエアバルブに取り付けてロックします。あとはひたすら踏み続けてエアーを補充します。フロント・リアともエアー圧が下がっていたので適正値の250kPaまで補充しました。
 携帯用のフットポンプなので一回の踏み込みでの充填量が少ないため、かなりの回数の踏み込みが必要です(^^;)。
 このあたりは「携帯用」ということでご愛嬌です。
191109-03.jpg191109-04.jpg

 タイヤのエアーの補充はガソリンスタンドで行うことも多いですが、バイクは自分で手をかけてメンテナンスすることもまた楽しみの一つです。

 次はチェーンメンテナンスですね。
 あっ、クラッチワイヤーへの注油もやらないと・・・。

posted by GECKO at 21:35| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

秋も深まった3エリアをバイクで走ってきました。

 三連休の2日目となりました。ここ2エリアは曇りとなりました。
 コンディションは良くなく無線運用はなし(コンディションが悪いなりに運用するのが本当のハムなのでしょうが・・・)。無線ブログとしては由々しき事態ですが(^^;)、ブログの未更新の放置を避けるため、コッソリ行動をコッソリ投稿しています。

 今日はコッソリ(^^;)とバイクに乗りましたので、コッソリと載せておきます。

 モトブログではないので「どこそこをツーリングしてきました」というツーリングの紹介はしませんが、とりあえず走ってきたのは3エリアです。・・・とだけ報告しておきます(^^;)。
(無線をしない方へ:エリアについてはこちらを参照下さい)

 一年間で快適にバイクに乗れるタイミングは本当に限られています。
 10月初旬から11月下旬は、個人的には年間を通してもっともツーリングに適していると思います。191103-01.jpg
 気温も高くも低くもなく、とても爽やかで快適に走行することができます。
 だだ今日は曇っていて寒いくらいだったので、オーバーパンツも履いたりしてほぼ冬装備でしたが(^^;)

 この時期は山間部へ入っていくと紅葉も見られますが、木葉が散りはじめて路肩に散乱しているところをバイクで走り、少しだけ木葉が舞い上がるようなシチュエーションが最高です。

 まもなく冬本番になるので、その前にもう一度長距離を乗りたいと思います。

 最近は長距離・長時間の走行はほとんどしなくなてきました。気合を入れて乗る大きなバイクよりも125t位の小型のバイクの方が気軽に乗れていいなと最近思っています。

 いや、大きいのもいいね(^^;)。

posted by GECKO at 22:18| Comment(0) | バイク(二輪車) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする