toppicture-block_r.jpg

2019年08月31日

Windows NT と「闘うプログラマー」

 天候は悪くなかったのですが蒸し暑い日となりました。無線の運用ができなかったので、今回はコンピューターに関連する書物の紹介です。

190831-01.jpg

 その前に、私のコンピューターとの関わりを少し・・・。
 私が最初に触れたコンピューターは、Z80を搭載した8ビットパソコンに遡りますが、学生時代は16ビット機のPC-98を主に使いました。
 当時のPC-98に搭載されたOSはマイクロソフト社の「MS-DOS」。当時MS-DOSにどっぷりと浸かってしまったことが、現在のコマンドライン好きな性分を形成しております(^^;)。
 社会人になると「Windows 3.1」が登場していて仕事で使う一方、ヒューレットパッカード社の「HP-UX」やサンマイクロシステムズ社の「SunOS」といったいわゆる「UNIX」でGUI環境を使ったりして、Windows 3.1にはできないマルチタスク処理ができたUNIXにかなり衝撃を覚えたものです。

 そんな中、隣のフロアに、見た目はWindows3.1とほとんど変わらないのですが、8文字以上のファイル名が使え、印刷しながらソフトが操作できる(マルチタスクを実現した)衝撃的なOSがパソコン上で走っていてました。
 Windows3.1とは似て非なるもの・・・そのOSは「Windows NT」で、バージョンは3.5でした。
 NTの名前の由来は New Technology の頭文字を取ったものだとか。
 その後、Windows NT は4.0となり、2000 → XP → ・・・ → 10 へと進化していきますが、その辺りの詳しいことはそれらを説明したサイトで確認下さい(^^;)。

 前置きが長くなりました・・・。

 今回紹介するのは「闘うプログラマー」という書物。この Window NT の企画からリリースまでを記録したドキュメンタリーとも言える内容です。
 読書は苦手(^^;)なので、読破にかなり忍耐力を要しましたが、私のように Windows NT に思い入れのあるユーザー?であれば、より楽しく読めるかも知れません。

 ・・・あれ、記事が無線からどんどん遠ざかっているぞ!?

闘うプログラマー[新装版]
闘うプログラマー[新装版]
posted by GECKO at 21:45| Comment(0) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

アナログレコードを引っ張り出しました。

 このところ、このブログの記事には、バイクが出てきたり、FM/AMチューナーが出てきたり、フィルムカメラが出てきたり、もはやアマチュア無線のカテゴリーを完全に逸脱しています・・・(^^;)。

 アマチュア無線ネタがないので、またしても所有物の紹介です。
 以前には古い携帯電話の記事も書いたりしましたが、今回はアナログレコードです。(以前にQueenが出てきたりしましたが)

190824-01.jpg

 ちょっと訳があって、片付けてあったアナログレコードを引っ張り出してきました。プレイヤーがないので聴くことができないのですが、密かにレコードプレイヤーを購入して聴いてみようなどと画策しております(^^)。
 本筋ではないかもしれませんが、レコードを再生するという目的であれば、PHONOイコライザー内蔵の安価な製品もありますね。

 アナログレコードは「物」としての所有感があっていいです!
 コンパクトディスク(CD)は少し迫力がありません・・・。まあ現在はダウンロードが普及して「物」として存在できなくなってしまいましたが・・・。

 引っ張り出してきたレコードの中で一番古いものをピックアップしてみました。ここでいう「古い」というのは、アルバムとしてのリリース時期の古さではなく「物として古い」という意味です。
 物として一番古いのは以下のレコード盤です。おそらく私が生まれる前のものではないかと推測しています。
 まだアナログプレイヤーを所有していた頃(10年以上前のことです)に、ネット通販で購入したものです。

190824-02.jpg190824-03.jpg


190824-04.jpg

190824-06.jpg

190824-07.jpg

 レコードプレイヤーがなくても、アナログレコードはなぜか手放せません。CDはすっかり売り払ってしまいましたが・・・。
 そしてレコードプレイヤーも欲しくなってしまいます。物欲は止まりません(^^;)。

 ということで、とりとめのないアナログレコードの紹介でした。

posted by GECKO at 22:43| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

再開局からこれまでの交信状況(2019/8/17現在)

 台風一過とはならず、曇り空で暑い2エリアです。
 無線運用はというと、コンディションは時間帯によってはまずまずといったところで、本日も10MHzで多くの局が入感していました。しかしながら交信はたったの2局となりました。

 最近は交信数も伸び悩んでいますが、再開局(2010年3月)からこれまでの交信状況がちょっと気になったのでグラフにしてみました。
 全交信数は11,358。これらを「モード別」「バンド別」「エリア別」でグラフにしています。

 交信モードはぼぼCW専門で時々デジタルモードというスタイルですが、フォーン(SSB,FM,AM)での交信も僅かながらにあります。
 しかしフォーンで運用したのはかなり前で、ログで確認したら、交信モードごとの最終交信日は、SSBが2013/7/14,FMが2014/7/6,AMが2011/6/25、といったところで、もう5年以上フォーンでの交信はないことが分かりました(^^;)。

 お盆も終わり秋が近づいています。コンディションの向上を期待して、アクティブに行こうと思います。

190817-01.jpg

190817-02.png

190817-03.png

posted by GECKO at 21:58| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

KENWOOD(ケンウッド) KT-880 FM/AMステレオチューナー

 台風10号の影響で一部地域で大雨になった2エリアです。昨夜から今朝ににかけては暴風雨も強かったです。アマチュア無線の方は、昨日の台風接近前に10MHzで1局と交信、本日は10MHzで5局と交信しました。

 無線ネタもないので、先日、オーディオラックを清掃した際に古いチューナーを取り出し撮影したものがありますので紹介します。
 アマチュア無線とは受信つながり(^^;)ということで・・・。

190816-01.jpg

 写真は、KENWOOD(ケンウッド)の「KT-880」というFM/AMステレオチューナーです。驚くなかれ1985年(4アマの免許を取った頃!)に購入したもので、いまだに我が家では現役で活躍しています。
 こちらにKT-880を紹介したサイトがありました。オーナーさんTNX!

 一時期、真夏には40℃超え、冬場は氷点下になる倉庫に2年ほど片付けていたこともありますが全然平気です。とても堅牢です。いい仕事していますね。

 前身のTRIO(トリオ)・・・ではなくKENWOODなのは少し残念ですが(^^;)、ロゴは今と変わらず・・・Wの▼の部分が赤ではないですが。
 「QUARTZ SYNTHESIZER FM-AM STEREO TUNER」という表示が何となく歴史を感じさせられます。

190816-02.jpg


 周波数メモリーはAとBの2系統ありそれぞれ6チャンネルなので計12チャンネルです。FMとAMは独立しているので、FMとAMでそれぞれ12チャンネルですが、現在でもチャンネル数が不足することはありません。

 シグナルは6段階のLED。ステレオ放送を受信すると「STEREO」のランプが点灯します。現在はFMのモノラル放送はないので、このランプの意味はほぼなくなっています(^^;)。

190816-03.jpg


 「AUTO TUNING」のモードがあって、このモードでスキャンした場合は放送局を受信すると自動的に止まります。
 現在では当然の機能ですが、ダイヤルで針を動かすアナログチューニングからデジタルチューニングに変わったばかりの当時は、とても斬新な機能だったのです。

190816-04.jpg


 背面には75Ω(オーム)のFMアンテナの接続端子と、AMアンテナを接続する端子、さらに音声出力のRCA端子(L,R)が装備されています。AMアンテナの端子にはGND(アース)の記号が付いていますが・・・。

190816-05.jpg

 付属のアンテナも揃っています!

190816-06.jpg

 ラジオ離れが激しいようですが、インターネットがまだなかった頃は、ラジオは重要な役割を果たしていました。ラジオを聴くことも少なくなりましたが、まだまだ使えそうです。
 ただの「置物」にならないよう時々使ってやらないとね。

posted by GECKO at 21:49| Comment(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

道の駅雨晴(あまはらし)へ立ち寄りました。(富山県高岡市)

 猛暑が続いております。ここまで暑いと移動運用は躊躇してしまいます。おまけにコンディションもいまいちな状況で、常置場所からもすっかり無線運用が遠のいてしまっています(^^;)。

 そんな中で先日、めずらしく平日にお休みが取れ富山県へ行く機会がありましたので、高岡市の「道の駅雨晴(あまはらし)」へ立ち寄ってきました。

190811-01.jpg

 R415の雨晴海岸沿いにこの道の駅を見つけることができました。平日なので人が少ないのはグッドです!
 あらかじめネットで確認しておいたので衝撃は少なかった(^^;)のですが、この佇(ただず)まいは、よくある道の駅とは一線を画しています。

190811-02.jpg

 「本当にこれが道の駅なのですか?」と問われそうですが、「ええ、そうです。」と答えるしかありません(^^:)。

190811-03.jpg

 この道の駅の施設は、1階が情報館,2階がレストランと売店(お土産),3階が多目的ホールと展望台になっています。
 2階にはバルコニーっぽいところもありますが、さすがにこの猛暑で座っている人はいませんでした。
 富山湾が一望できる抜群のロケーションですね。

190811-04.jpg

190811-05.jpg

 眼下には「JR氷見線」がR415に並行して走っています。道を挟んだ向こう側に踏み切りがあり海岸へ出ることができます。
 このシチュエーションもなかなか。残念ながら海岸へは行きませんでしたが・・・(^^;)。

190811-06.jpg

 富山県とはいえ、この猛暑でこの日は35℃くらいあり展望台にいるのはちょっと辛い感じでした。むろん道の駅の施設内は快適です。
 次はこの猛暑が去った後の涼しい季節に、もう一度来たくなる素晴らしい道の駅です。

 帰りは東海北陸自動車道の「城端サービスエリア」へ寄って、バームクーヘンを買って帰ってきました。

190811-07.jpg

 撮影はNikonの「D40」でした。
 次は移動運用で富山へ行きたいですねぇ。

posted by GECKO at 19:54| Comment(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする