toppicture-block_r.jpg

2019年01月14日

モールス聴き取り練習は Linux Mint で。

 先般のNYPでは久しぶりの交信となりましたが、そこで気づいたことはモールスの聴き取り能力が劣化していることでした。
 コールサインはほぼ問題いのですが、レポートの「599/XXX」のハンドル名が入る「XXX」の部分でミスコピーが2〜3回ありました。
 「継続は力なり」ともいいますが、やはり1日5分でもいいのでモールスの聴き取りをしないといけないかな?と思います。

 少し前にPCに直接 Linux Mint をインストールしてとても快適に使っていますが、今回はWindowsでは有名なモールス聴き取り練習ソフトである「Learning Morse」と「CW MANIA」が Linux Mint 上で動かないか?という試みです。

 結論から述べますと、Linux Mint 上でも動きました\(^^)/。

190114-01.png

 Windows用のソフトなので最初からWindowsで使えばいいんじゃないの?というツッコミがありそうですが、それはさておき。
 詳細は省略しますが、Linuxには「Wine」というソフトがあって、これをインストールするとLinux上でWindowsのソフトが実行できるようになります。むろんすべてのソフトが実行できる訳ではありませんが。
 そういった意味では、Linux Mint 上で動いた・・・というよりはWine上で動いたというのが正しい表現ですね。

190114-02.png

190114-03.png

 ざっと動かしてみましたが、いずれもエラーは発生しませんでした。今後、何らかの実行エラーが見つかる可能性はありますが。
 見ての通り、部分的に文字がボタンに隠れたりしていて、100%の再現性ではありませんが、Linux Mint 上でこれらのソフトが実行できただけ十分です(^^)。

 という訳で、Linux Mint でもモールスの聴き取り練習ができるようになりましたので、三日坊主にならないよう聴き取り練習をしよう、と意気込んでいます。
 さていつまで続くのやら(^^;)。
posted by GECKO at 20:16| Comment(2) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする