toppicture-block_r.jpg

2018年12月31日

2018年のGECKOのおすすめベスト3

 ついに大晦日になってしまいました。
 昨日の記事に書きましたよう、2018年はアマチュア無線活動においては、著しいアクティビティの低下がありました。
 その代わりといっては何ですが、アマチュア無線以外でおすすめしたい、
 「2018年のGECKOのおすすめベスト3」
を紹介します。

181231-01.png

(第3位)「ボヘミアン・ラプソディ」とクイーン
 年末に観た映画「ボヘミアン・ラブソディ」には感動しました。クイーンというバンドを知らない方でも、映画として楽しめるものではないかと個人的には思います!
 私はこの映画を観て過去のクイーン熱が再燃してしまいまして、クイーンのアルバムを聴き漁っている毎日です(^^;)。これからクイーンを聴こうという方はこの映画のサントラ盤などから入られるのがよろしいかと思いますが、機会があれば「クイーンU」(2ndアルバム)をおすすめします。ちょっと重たいアルバムかもしれませんが。(→記事へ

(第2位)Linux Mint
 もしスペックが低くてWindwos10が動かせないようなPCがありましたら、ぜひ「Linux Mint」をインストールしてみて下さい。一昔前とは違い、まるでWindowsをインストールするほどの手軽さです。デバイス関係もほとんど自動認識します。
 特に Linux Mint の「Mate」というデスクトップ環境はとても軽く快適です。最近はウェブサイトの閲覧やブログ投稿などは Linux MInt ばかり使っています。Linuxの世界への第一歩としておすすめのディストリビューションです。(→記事へ

 そして、栄えある第1位は、

(第1位)レーダー級海上特殊無線技士
 プロの無線の免許を取得(むろん実際に業務に就く訳ではなく、腕試しの位置づけで)されたい方におすすめするのが「レーダー級海上特殊無線技士」です!
 難易度は高くなく(無線関係のプロの資格ではもっとも低いと思われます)、数字の「?級」ではなく「レーダー級」という名称なので、心得のない人にはかなりすごい免許だと思われること請け合い(^^;)です。(嘘です)。また多くの無線の免許の下位免許なので、この免許を単独で持っているという人も少ないように思われるため、レア度も高いのでは?と思います。(→記事へ

 という訳で、2018年のGECKOのおすすめベスト3でした。
 本年の後半は、アマチュア無線とはかけ離れた記事が多かったです(^^;)。無線ネタを期待してご訪問いただいておられた方もいらっしゃったかも知れません。
 来年も同じような状況になる予感ですが、どうぞよろしくお願いします。
 では良いお年を。

posted by GECKO at 20:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする