toppicture-block_r.jpg

2018年09月29日

リトアニア共和国 14,017.0kHz CW

 雨の一日でした。夜間に14MHzをチェックすると14,080.0kHz付近でRTTYが賑やかでした。確認すると「2018 CQWW DX RTTY Contest」が開催されている模様です。

 久しぶりのRTTYをワッチするとギリシャの局のコンテストCQが入感しました。しかし当局のアンテナでは弱いようで、コールしてもJA局を中心とした他局がコールバックされるばかり・・・。ドイツやフィンランドの局もコールバックされているようで、国際色豊かなコール合戦で土俵が違うことを認識し敗北宣言。交信できず断念しました(^^;)。

 せっかくリグのスイッチを入れたのでCWにモードを変えて下の方の周波数をチェックすると、リトアニアの局が入感していました。こちらはコールすると?が返ってきました。再度コールするとコピーしていただけたようでコールバックがあり交信できました。

 RTTYでのギリシャは交信できませんでしたが、リトアニアと交信できたのでよしとしましょう。

<本日のDX>
14MHz CW Lithuania
posted by GECKO at 22:48| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

ウィルコム WX310SA

 晴れの一日でした。無線に興味がなくなった訳ではないのですが、このところコンテストにも参加せず無線運用から遠のいてしまいました。
 秋のコンディションに変わってきている感じですので、アクティブに無線運用したいところです。

 という訳で今回も無線ネタではありません。
 以前に「デジタル・ムーバ NU HYPER」の記事を書きましたが、今回は別の端末の紹介です。これも私の物置に眠っていたものです!
 余談ですが、もともと無線とか通信に興味があった私は、'93年頃から「テレメッセージ」というポケベルを使っていましたが、その後'95年に携帯電話である「デジタル・ムーバ」に移行、その後はドコモの機種をいろいろと変更し、次には「ウィルコム」のPHSへ移行しました。その時に使っていたのが写真の「WX310SA」です。三洋製のPHS端末です。180924-01.jpg
 契約がいつ頃だったかまったく記憶がないのですが、2006年頃だったように思います。

 PHSは携帯電話のような大きなタワーではなく、小さなアンテナが数百メートル間隔くらいで設置されていました。
 高速移動体からの通話には弱いとされていましたが、車でゆっくり走る程度ならば、最寄の基地局に切り替わって通信ができていました。
 当時のPHSは070で始まる番号でしたが、現在は070は携帯電話に割り当たっていますね。現在PHSはどうなってしまったのでしょうね。
 当時は「NTTパーソナル」や「アステル」などのキャリアがありましたが。

 その後には、W-ZERO3シリーズの「Advanced/W-ZERO3[es]」へ機種変更しましたが、その後にはiPhoneに変更し現在に至っています。

180924-02.jpg

 という訳で、古いPHS端末の記事でした。

posted by GECKO at 19:23| Comment(0) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

ショートQSO(599BK)によるCW交信方法のおさらい

 晴れの爽やかな一日でした。今日は所用で出かけておりコンテストも開催されていたようですが参加せずじまいとなりました。

 このブログでは過去に「599BKによるCW交信方法」という記事を掲載していますが、アクセスログを見るといまだに検索エンジンからコンスタントにこの記事にアクセスがあり嬉しく思っています。

 この記事を書いたのが 2011年07月17日 です。私がCWにデビューしたのが 2011年06月19日 ですのでデビュー後すぐに偉そうなこと(^^;)を書いています。
 書いている内容は大きくは間違ってはいないのですが、いま読むと微妙に違うかな?というところもあります(^^;)。
 そもそも「599BK」という交信方法は存在しないですね。正式にはショートQSOといったところでしょうか。

 基本的にショートQSOであっても主導権はCQ局にありますので、コール側はCQ局のさばき方と他局のコールの仕方を確認して、状況に合わせたコールをするのが望ましいですね。
 交信は最後にコール局が「73」を返して終わりますが、その前にCQ側が DE から自局のコールサインを打って次の交信へ入るパターンもあります。
 特にパイルアップの場合はそうですね。

 もう一度、ショートQSO(599BK)のおさらいです。決まったパターンはありませんが、おおむね以下のような感じでしょうか。
(A局がCQ側,B局がコール側)

1.(A局) : CQ CQ CQ DE JA1*** JCCxxxx PSE K
2.(B局) : DE JH2+++ K
3.(A局) : JH2+++ GM UR 5NN BK
4.(B局) : GM UR 5NN BK
5.(A局) : QSL 73 TU EE
6.(B局) : 73 TU EE


※GM のところは時間帯によって GA または GE に変更
※5で「QSL 73 TU DE JA1*** K」と打ち2へ戻る場合あり

ということで、599BKのおさらいでした。(おさらいになってないな)

posted by GECKO at 20:36| Comment(0) | CW交信方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

EBL iQuick充電器 (USB入力付き)

 天気予報は外れ、暑く晴れた天気になりました。夕方はF層がよく発達していて秋のコンディションを思わせましたが、実はリグのスイッチは入れておらず、イオノグラムからの推測です。
 実際のコンディションはどうだったのでしょうか。

 という訳で無線以外のネタです。今回はニッケル水素(Ni-MH)電池のUSB充電器の紹介です。先日ネット通販でついポチッてしまいました(^^;)。180922-01.jpg
 購入したのは写真のものです。EBL社のiQuickというもの。
 単三と単四が1本から4本までUSB電源から急速充電できるというもので、説明書には「互換性のある電池に対応できます。」とだけ書いてあります。
 純正品ともいえるEBL社のニッケル水素電池は購入しなかったので、まずは手持ちのニッケル水素電池を充電してみようというところです。正常に充電できるのでしょうか・・・。むろん何が起きても自己責任ですね。

 さてこの充電器の実力はどうなのでしょうか。結果は追って・・・。

180922-02.jpg

posted by GECKO at 20:43| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

スウェーデン(Scandinavian Activity Contest CW)

 とても蒸し暑い一日でした。
 本日は午前中から出かけていましたが、夕方には帰宅できたので、少しだけ無線運用をしました。

 夕方に14MHzをワッチすると、あまり強くはないものの海外局が入感していました。コールサインはOHやOGで始まる局で、CQ TEST と打っていたので確認すると「Scandinavian Activity Contest CW」が開催されていることが判りました。

 14MHzを下から上へ徐々に周波数を上げていくと、4〜5局の CQ TEST が入感していましたが、どれもRSTは519〜539程度で、これまでの経験値からすると、こちらからコールしても届かないレベルです。
 そんな中で1局だけ559程度で入感する局がありました。
 他局のコールもない状況でしたので コールすると、プリフィックスだけコピーしてもらえたようで、プリフィックスに続けて「?」が返って来ました。
 再度コールするとフルコピーしてもらえ、こちらから UR 599001 を送りナンバー交換が完了しました。

 コンディションは良くないようですが、スウェーデンと交信できたので運用は終わりました。
 秋になるのでDXのコンディションの向上を期待しているところです。

<本日のDX>
14MHz CW Sweden

posted by GECKO at 20:26| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

auのガラケー「K006」(カメラなし)で新規契約なるか?

 雨模様の一日でした。コンディションの方はあまり良くなかったように思いますが、夕方には14MHzでKH0が入感していました。
 このところ無線運用が低迷してしまい、このブログも四方山話が中心になってきました。とはいえ、携帯端末やパソコン、カメラの記事が多いですが・・・。
 今回も携帯端末(携帯電話)の記事です(^^)。
 以前に古いドコモの携帯電話の記事を書きましたが、今回はガラパゴス携帯(ガラケー)の話題です。

180915-01.jpg

 普段は私は SoftBank のスマートフォン(スマホ)を使っていますが、家族は au のスマホを使っています。キャリアが違うことで料金面ではかなり不利なのですが、まあいろいろと事情がありまして・・・(^^;)。
 そして過去の機種変更などの関係で、写真の au のガラケーが利用されない状態で放置されています。京セラのK006という機種ですが、もはや古すぎてウェブサイトにもかろうじて残っている・・・という感じですね。

180915-02.jpg

 このガラケーですが、なんとカメラなしの法人向けモデルです。賛否両論でしょうが、これとは別にスマホがあるため撮影には困りませんのでカメラはなしで何ら問題ありません。いや、カメラなしのガラケーって割と貴重かもしれませんね。なぜ法人向けを所有しているのですか?というツッコミはさておき(^^;)。
(このK006にもカメラ付きのモデルも用意されています)

 実はスマホとガラケーの2台持ちに最適な au の「プランEシンプル」などの3G携帯電話向けサービスの新規受付が終了してしまうので、いまのうちにこのガラケーで契約しておこうかな?というところです。

180915-03.jpg

 ・・・なんだか最近、ガラケーが妙に新鮮に見えてしまいます(^^)。スマホばかりが携帯電話ではありませんね。
 このガラケーでの新規契約については改めて記事とします。

posted by GECKO at 18:00| Comment(2) | 携帯電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

「半分、青い。」ロケ地の岩村町へ。

 今日も蒸し暑い一日でした。天気はいまいち、コンディションもあまりよくなかったように思います。
 そんな訳で、このところの無線運用の低迷期から抜け出せずにいます(^^;)。

 ネタもないので、8月某日にNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のロケ地である岐阜県恵那市の岩村町へ行って来た時の写真を中心にネタにしておきます。

 職場で休みがもらえたので晴天に恵まれた平日に訪れましたが、それでもまずまずの混み具合でした。
 しかし8月後半だったので気温は28℃。爽やかな気候の下で岩村町を満喫できました。さすがに平日なので、以下の町並みの写真のように人通りがまったくない瞬間もありました(^^;)。

 ・・・という訳で、写真の掲載だけで終わりです(^^;)。
 カメラは Nikon の D40 です。

180909-01.jpg

180909-02.jpg

180909-03.jpg

180909-04.jpg

180909-05.jpg

180909-06.jpg

180909-07.jpg

posted by GECKO at 21:16| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

オーストラリア 14,054.1kHz CW

 台風が近づいていますが、嵐の前の静けさでしょうか、比較的穏やかな一日でした。ただかなり蒸し暑かったです。
 昨日の記事でGatewayのノートPCについて書きましたが、いままさにそのPCでこの記事を書いています。

 本日は夕方に少しだけ無線の運用をしました。
 リグのスイッチ入れるとコンディションはあまり良くない感じ。14MHzをワッチすると、VIで始まるコールサインの局のCWのCQを発見しました。コールサインをすべて書き取ると、長いコールサインでしたがコールサインの一部が「MARCONI」となっていました。
 確認すると、無線電信装置の発明と実用化に貢献したマルコーニ氏の記念局で、オーストラリアからの電波でした。

 あまり強くなくフェージングを伴っていましたが、コールすると?が返ってきました。再度こちらのコールを繰り返すとフルコピーしていただき交信成立となりました。

 久しぶりの運用で、海外局と交信できました。

 更に時間がたった18:00頃には弱めのEsが発生していたようで、10MHzでも国内近距離がよく入感していました。コンディションが安定しないので、運用のタイミング次第・・・といったところでしょうか。

<本日のDX>
14MHz CW Australia

posted by GECKO at 19:24| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

ノートPCを購入しました。(Gateway NE132)

 蒸し暑い一日でした。無線はゼロです(^^;)。このところアマチュア無線運用は停滞しています・・・。何とかしければね。

 ということで無線以外のネタです。最近このパターンが多いです。今回はノートパソコンを購入したという記事です。
 かねてからRTTYの移動運用を中心にレノボのノートPCを使っていましたが、先日遂に故障してしまったため、新しいものを購入しました。
 基本的に私はデスクトップPCを使うことが多いので、ハイスペックなノートPCは求めていないのですが、壊れたレノボのノートPCで分かったことは、

・Windows10はメモリーは 4GB は絶対に必要
動作速度を落とすボトルネックはハードディスクの読み書きの速度!
・デスクトップPCがあるのでノートPCにはほとんど何も保存しない

と感じていたので、ストレージは絶対に「SSD」か「eMMC」で、容量は 64GB あれば何とかなる・・・と結論付けていました。
 そしていろいろと物色した結果・・・見つけたのが写真のノートPCです。
 GatewayNE132 というモデルです。

180901-01.jpg

 CPUこそCeleronですが、メモリーは4GBで、ストレージはeMMCの64GBです。そして価格は3万円を切っています。液晶サイズは11.6インチ、OSはWindows10の64ビット版です。
 実はユーズド品ですけれども・・・。
 でも新品とどこが違うの?というほどの美品で、誰かが使っていたような形跡はまったくなく、マニュアルや付属品もすべて揃っていました。不足は外箱だけでした(^^)。

 Gatewayといえば、かつて黒と白の牛の模様が有名なメーカーでした。しばらく見なくなったと思ったら、「an acer brand」で復活していたのですね。
 acerブランドになっても、白黒の牛を彷彿とさせるデザインは変わらないようで。マウスもお揃いのホワイトで統一しました(^^;)。

 とりあえずは、ブラウザは「Google Chrome」をインストールし、その他には「Apache OpenOffice」,「GIMP(日本語版)」などをインストールしましたが、特ににストレスを感じずに動作しています!

180901-02.jpg

 いまはクラウドのサービスも増えていますしね。用途次第ですが、この程度で十分使えるのかな?なんて思っています。
 いずれこのPCでRTTYも運用したところですが、ちょっと先です。

posted by GECKO at 20:09| Comment(0) | パソコン / サーバー構築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする