toppicture-block_r.jpg

2017年09月17日

学研「電子ブロックmini」

 曇り空の一日となりました。
 台風が接近していますが、わりと穏やかです。嵐の前の静けさでしょうか。コンディションは夕方にはよくなっていて7MHz帯でJT65を運用した他、14MHz帯CWでも交信できました。また一時的にEsが発生して50MHz帯は6エリアが入感していました。

 しかしよい交信ネタはないので「電子ブロックmini」を紹介します(^^;)。

 電子ブロックといえば、'60年代後半から'70年代にかけて学研から販売されて、当時はそこそこのブームだった?ようですね。
 ”ようですね”・・・というのは、私はその年代は幼少期だったので実際にどんな状況だったか判らず、ネット情報よるものです(^^;)。ただ幼少ながら、「電子ブロック」というものが存在していたことは記憶があります。

 時は流れ、2011年11月30日。学研の「大人の科学マガジン」シリーズのvol.32として「電子ブロックmini」が販売されました。当時は大型書店で見かけましたが、私はそれから数年後(2015年頃?)にアマゾンで購入しました。170917-01.jpg
 アマチュア無線家たる者、電子回路の基本が解らないとダメかな(いまさら?)ということで購入した次第ですが、本家の電子ブロックの知識は限りなくゼロ(^^;)なので、その比較はまったくできませんのでご了承下さい。
 この電子ブロックminiでは、ブロックの数が25個でテキストには50の回路の組み方の解説があります。シンプルなものではトランジスターのスイッチ作用や電流増幅作用を確認できる回路、複雑なものではラジオが組めます。写真は24個のブロックを使った「フレックス1石+ICアンプラジオ」です。170917-02.jpg
 この電子ブロックmini自体がキットになっていて、本体を組み立てる必要があります。ハンダ付けは不要でドライバー1本で組み立て可能なのでわりとサクサクと進められますが、小学生ではちょっと難易度が高いように思いました。(組み立てしたのが2年ほど前なので、実はあまり記憶がないのですが・・・)

 ラジオについてはその他にもたくさん載っていて、「ダイオード検波ラジオ」というたった5個のブロックで作れるものがあります。早速組んで受信してみましたが、当地では電波があまり強くなく、かすかに聴こえる程度でした。170917-03.jpg
 その他には「うそ発見機」や「運動神経測定機」といった遊び心満載のものや、なんと「光によるモールス練習機」なるものがあります。

 どこかのブログに、自分が購入したら小学生の子供がハマっている・・・といった記事がありました。なんでもスマホでできてしまうような昨今ですが、こういったものもなかなか新鮮かと思います。一家に一台「電子ブロック」はいかがでしょうか・・・(^^;)。
 まだ50の回路をすべて組んではおらず、箱に入れてしまい込んでいましたが、この連休に時間のある時に組んでみようというところです。
 という訳で「電子ブロックmini」の紹介でした。

posted by GECKO at 18:58| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする