toppicture-block_r.jpg

2017年09月30日

コンテストとDX局がFBに入感

 晴天、絶好の行楽日和となりました。無線運用は昼食後に少しと夕方のみとなりました。

 本日は思いのほかコンディションがよく、夕方にイオノグラムを見るとF層がくっきりと臨界周波数10MHzくらいまで伸びていて7MHz帯国内はFBに入感していました。秋のコンディションのような感じです。
 そしてタイミングよく「JLRS第46回パーティーコンテスト(電信)」が開催されていて、7MHz帯では CQ TEST が強力に入感していました。
 とかくドッグパイルになりやすいこのコンテストにあって、コール局を巧みにさばく各YL局さんには脱帽でした(^^;)。
 7MHz帯でファースト2局を含む6局と交信できました。

 夕方には久しぶりに21MHz帯のCWをチェックしてみると、Pで始まるコールサインのCQが入感しました。調べるとパプアニューギニアの局でした。コール一発でコールバックがあり交信となりました。

 たまたまなのかも知れませんが、コンディションがわりとよかったので、国内外との交信が楽しめた運用となりました。

<本日のDX>
21MHz CW Papua New Guinea

posted by GECKO at 19:17| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

2017 CQ WW RTTY Contest

 いろいろと用事があって無線運用が少ない土日となりました。

 そんな中、この土日は「CQ WW RTTY Contest」が開催されています。せっかくRTTYも運用できるようになっているので、入感していたら呼び回りしてみようと、本日の夕方の僅かな時間ですがリグのスイッチを入れました。
 最近はコンテストくらいしか積極的に運用できなくなっています(^^;)。
 このコンテストのナンバーは、「RST+ゾーンNO」を送るというものですので日本国内の局は「599 25」となります(JD1の局は27)。
 毎回同じナンバーなので、RTTYコンテスト初心者には優しいです・・・Hi.
 このコンテストへの参加は2年ぶりです。

 コンテスト局のバンド内の様子はというと、所詮は当無線局のワイヤーダイポールでのレベルですが、日中のは14MHz帯と21MHz帯でアジア圏を中心に入感していました。ロシア,中国,香港,タイ,ベトナム,シンガポールといったところですが、強くありません。
 それ以外の地域はまったく入感なし。アンテナもアンテナですが、コンディションが悪いことも影響していると思います・・・。

 コールするもQRZ?が返ってくることもしばしば・・・。結局、14MHz帯でたったの2局のみで終わりました(^^;)。まあ、それでもRTTYで何とか交信できたのでよしとしています。

<本日の結果>
14MHz RTTY Vietnam
14MHz RTTY Asiatic Russia

posted by GECKO at 20:06| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

学研「電子ブロックmini」

 曇り空の一日となりました。
 台風が接近していますが、わりと穏やかです。嵐の前の静けさでしょうか。コンディションは夕方にはよくなっていて7MHz帯でJT65を運用した他、14MHz帯CWでも交信できました。また一時的にEsが発生して50MHz帯は6エリアが入感していました。

 しかしよい交信ネタはないので「電子ブロックmini」を紹介します(^^;)。

 電子ブロックといえば、'60年代後半から'70年代にかけて学研から販売されて、当時はそこそこのブームだった?ようですね。
 ”ようですね”・・・というのは、私はその年代は幼少期だったので実際にどんな状況だったか判らず、ネット情報よるものです(^^;)。ただ幼少ながら、「電子ブロック」というものが存在していたことは記憶があります。

 時は流れ、2011年11月30日。学研の「大人の科学マガジン」シリーズのvol.32として「電子ブロックmini」が販売されました。当時は大型書店で見かけましたが、私はそれから数年後(2015年頃?)にアマゾンで購入しました。170917-01.jpg
 アマチュア無線家たる者、電子回路の基本が解らないとダメかな(いまさら?)ということで購入した次第ですが、本家の電子ブロックの知識は限りなくゼロ(^^;)なので、その比較はまったくできませんのでご了承下さい。
 この電子ブロックminiでは、ブロックの数が25個でテキストには50の回路の組み方の解説があります。シンプルなものではトランジスターのスイッチ作用や電流増幅作用を確認できる回路、複雑なものではラジオが組めます。写真は24個のブロックを使った「フレックス1石+ICアンプラジオ」です。170917-02.jpg
 この電子ブロックmini自体がキットになっていて、本体を組み立てる必要があります。ハンダ付けは不要でドライバー1本で組み立て可能なのでわりとサクサクと進められますが、小学生ではちょっと難易度が高いように思いました。(組み立てしたのが2年ほど前なので、実はあまり記憶がないのですが・・・)

 ラジオについてはその他にもたくさん載っていて、「ダイオード検波ラジオ」というたった5個のブロックで作れるものがあります。早速組んで受信してみましたが、当地では電波があまり強くなく、かすかに聴こえる程度でした。170917-03.jpg
 その他には「うそ発見機」や「運動神経測定機」といった遊び心満載のものや、なんと「光によるモールス練習機」なるものがあります。

 どこかのブログに、自分が購入したら小学生の子供がハマっている・・・といった記事がありました。なんでもスマホでできてしまうような昨今ですが、こういったものもなかなか新鮮かと思います。一家に一台「電子ブロック」はいかがでしょうか・・・(^^;)。
 まだ50の回路をすべて組んではおらず、箱に入れてしまい込んでいましたが、この連休に時間のある時に組んでみようというところです。
 という訳で「電子ブロックmini」の紹介でした。

posted by GECKO at 18:58| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)とNAVTEX(航行警報テレックス)

 晴天の一日となりました。まだまだ暑かったです。
 コンディションの方もまだ夏のコンディションでしょうか。あまりよくなく、午前中にすこし移動運用しましたが交信数は伸びませんでした。

 そんな状況でしたので、モービルホイップで「JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)」の7,793.10kHzを受信してみましたが、さすがにここの電波は強くモービルホイップでもわりと強力に受信できました。
 パソコンも持ち合わせていましたので接続し、以前にインストールした「KG-FAX」を起動すると、何とか描写はされましたが画質は悪かったです。170903-01.jpg
 とはいっても、ここまで描画できればいいかな?というところです。
 それにしても、出先の車の中でパソコンと無線機でラジオFAXを受信するなんてマニアック度満点です。傍から見たら理解に苦しむこと必至ですよね(^^:)。

 そうこうしているうちに、以前から気になっていた「NAVTEX(航行警報テレックス)」の受信を思い立ちました(^^;)。帰宅後にシャックのパソコンに「KG-NAVTEX」をインストールしましたが、これは中波なので日中は入感しないため、夜間再度受信することにしました。170903-02.jpg
 和文を受信したかったのですが、上記サイトによれば21時から送信される模様、その時間にアマチュア無線機で424kHzを受信。
 モードをCWに設定し、KG-NAVTEXを起動すると、パソコンに信号が取り込まれ文字が現れました。アンテナは7MHz帯にマッチングしたダイポールアンテナで、中波の受信にはちょっと向かないのですが、なんとかデコードできるレベルで入感しました。これもまたマニアック度満点ですね(^^;)。

 そんな訳で、ちょっとマニアックな受信をした休日となりました。

posted by GECKO at 22:09| Comment(0) | BCL/SWL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

フランス領ポリネシア 14,086.4kHz RTTY

 9月に入りましたがまだまだ暑い日でした。しかし湿度は低く爽やかな秋晴れといってもよい一日となりました。

 午前中から外出していたので午前中は解らないのですが、午後に帰宅した14:00頃はコンディションは悪く、7MHz帯でも数局が弱く入感している程度でした。もう今日の運用はなしかな?なんて思いながらシャックにいましたが、16:30頃のイオノグラムにはEsがくっきりと現れていましたので10MHz帯をチェックすると、国内近距離が入感していました。
 10MHz帯のCWのCQ局にコールして数局と交信できましたが、その後に10MHz帯のJT65をワッチするとなんとアラスカの局が入感していました。かなり弱かったのですが交信することができました。

 その後に14MHz帯へQSYしひと通りチェックすると、RTTYが何やら賑やか。その中にフランス領ポリネシアの局を発見しました。こちらも電波は弱くデコードが上手くできない状況・・・。ダメ元でコールするとQRZ?が返ってきましたので再コールするとコールバックあり。なんという耳の良さ!
 こちらからもレポートを送り交信となりました。

 交信数は少なかったのですが、DX局と交信できたのでよしとしましょう。

<本日のDX>
10MHz JT65 Alaska
14MHz RTTY French Polynesia

posted by GECKO at 19:34| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする