toppicture-block_r.jpg

2017年08月13日

10MHz帯CWの国内JCCサービスでよく使われる周波数はどこ?

 晴れの暑い一日となりました。本日は昨日ほどの好コンディションではなかったのですが、10MHz帯はまずまずのコンディションで、コールばかりでしたが交信できました。

 さてこの10MHz帯ですが、CWによる国内JCCサービス局は10,130kHzを中心として前後に0.5kHz間隔で運用することが慣例となっています。
 あくまでも慣例ですが・・・。
 そこで10MHz帯のCWの国内JCCサービスの交信ではどの周波数がもっともよく使われるか、自分の交信ログから統計を取ってみました。
 こんな統計を取るなんて、かなり・・・、いや、相当な暇人であることは本人も認めています。お盆休みで暇に任せて(^^;)、くだらないことをしている自分がいます(^^;)。以下が、トップ10です。

順位周波数(kHz)交信数
110,128.0144
210,129.0135
310,130.0123
410,126.0114
510,127.097
610,131.094
710,125.084
810,132.059
910,124.055
1010,133.046

 ということで、一番使われている周波数は、

 10,128.0 kHz

 ということになりました(^^)。全体数が951なので統計としては少ないのかもしれませんが、結果としては大きなずれてはいないと思います。

 0.5kHz間隔が慣例となっていますので、例えば、10,128.5kHzといった0.5kHzの位置にゼロインした周波数でも運用がなされていることは、10MHz帯を運用される方なら周知の事実ですが、統計を取るとトップ10には含まれませんでした。
 やはり100Hzの桁は0が好まれるようです。

 ということで統計でした。何かの参考になればいいのですが(^^;)。

posted by GECKO at 20:55| Comment(0) | 10MHz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする