toppicture_ts680v_3.jpg

2017年08月19日

JJY(標準電波送信所)と電波時計

 曇り時々晴れ、気温は高く蒸し暑い一日となりました。
 シャックにいる時間もそれほどありませんでしたが、いる間は定期的にイオノグラムをチェックしていましたが、終始低迷してコンディションもあまりよくなったように思います。

 交信ネタがないので、電波つながりでJJY(標準電波送信所)についてです。
(本日、7エリアのOMさんとこの話題で盛り上がりましたので・・・Hi)

 JJYといえば電波時計と切っても切れない関係ですね。いまでは一軒に一台は電波時計があるのではないでしょうか。
 このJJYからは、日本標準時(JST)電波が送信されており、電波時計はその電波を受信して正確な時間をセットする仕組みになっています。
(ここで私が説明するまでもありませんが・・・Hi)
 JJYは現在日本国内に2ヵ所あります。ひとつは福島県の「おおたかどや山標準電波送信所」、もうひとつは佐賀/福岡県境の「はがね山標準電波送信所」で、それぞれ40kHzと60kHzの周波数の標準電波が送信されています。
 という予備知識は、アマチュア無線をされる方ならば多くがご存知かと思いますが(^^;)。

 我が家にも3台の電波時計があります。いずれも卓上タイプのものですが、そのうちのひとつが写真のものです。170819-01.jpg
 毎正時(00分)に電波を自動受信して、正確な時刻を設定します。
 実はこの電波時計は、福島局(40kHz),九州局(60kHz)の両方に対応していて電波の強いほうを自動選局する機種なのですが、以前から気になっていた「どちらの標準電波を受信しているの?」について取扱説明書で確認したところ、どちらを受信しているか画面表示されていることが判りました。
 写真の液晶の右上に「E」と表示されていれば福島局(40kHz)、「W」と表示されていれば九州局(60kHz)を受信したということです。いままでまったく意識したことのなかった表示です・・・Hi.170819-02.jpg

 ここ2エリアは日本のほぼ真ん中ですが、距離的には福島局までが400km弱,九州局までが700km弱でなので福島局の方が距離的には近いのですが、「W」と表示されていますので九州局の電波を拾っているようです。
 その後、正時の自動受信の度にチェックしましたが、毎回のように「W」と表示されます。JJYは長波ですので、伝播上のいろいろな要素が重なり遠方の九州局(60kHz)を受信するのだと思います。

 逆に「福島局(40kHz)の標準電波を受信させてやりたい」という思いがあります(^^;)が、さてどうしたらいいのでしょうね。

posted by GECKO at 20:42| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

マレーシア 14,076.0kHz JT65

 雨の一日でした。
 コンディションも良いとは言えず、日中は無線運用をすることはなかったのですが、夕方から断続的にJT65をワッチしました。
 夕方になると14MHz帯のJT65はDX局を中心に徐々に賑やかになっていました。一方、昨日北米と交信できた10MHz帯は何も入感なし。18MHz帯や21MHz帯のJT65も何も入感していませんでした。

 特にコールすることなく一旦シャックを離れ夜間に再度ワッチすると、14MHz帯のJT65はDX局で相変らずの賑わいでした。

 アジアはもちろん、北米,南米,EU,アフリカまで見えましたので手当たり次第コールしましたが、すべて玉砕する結果となりました。なかなかピックしてもらえません。
 唯一、マレーシアの局にはピックアップいただき交信成立となりました。なんとか交信できた良かったです・・・Hi.

<本日のDX>
14MHz JT65 West Malaysia

posted by GECKO at 21:18| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

アメリカ合衆国 10,138.0kHz JT65

 曇り空の蒸し暑い日となりました。
 コンディションは時間帯によりかなり変動したと思いますが、ハイバンドはもう一歩だったように思います。

 本日は午前と午後に少し時間を取って呼び回りをしました。
 7MHz帯をはじめ10,14,21MHz帯といったバンドでも聴こえていましたので、コールして計9局と交信できました。
 強いEsの発生を期待していましたが、21MHz帯止まりとなりました。期待の24MHz帯は時々運用局が弱く入感していましたが、コールバックがあるほどの強さではなくコールせずじまいとなりました。
 一方、14MHz帯では3エリアの滋賀県や大阪府と交信できたりしました。14MHz帯としてはかなりの近距離交信だと思います。

 夕方にはEsもほとんど消え去ってしまったので、久しぶりにJT65をワッチすると10,138.0kHzでアメリカ合衆国の局がデコードされました。なんと-22dB。ちょっと弱かったのですが、30W(JT65ではQROですね)でコールすると一発でコールバックがあり交信できました。
 なんとこちらの電波は-14dBで届いていたようです。先方のアンテナやリグの性能のよさが伺えます。

 JT65での海外局との交信は久しぶりでした。10MHz帯ともなればなお更です。たまには各バンドのJT65を覗いてみないといけませんね。

<本日のDX>
10MHz JT65 United States of America

posted by GECKO at 19:51| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

10MHz帯CWの国内JCCサービスでよく使われる周波数はどこ?

 晴れの暑い一日となりました。本日は昨日ほどの好コンディションではなかったのですが、10MHz帯はまずまずのコンディションで、コールばかりでしたが交信できました。

 さてこの10MHz帯ですが、CWによる国内JCCサービス局は10,130kHzを中心として前後に0.5kHz間隔で運用することが慣例となっています。
 あくまでも慣例ですが・・・。
 そこで10MHz帯のCWの国内JCCサービスの交信ではどの周波数がもっともよく使われるか、自分の交信ログから統計を取ってみました。
 こんな統計を取るなんて、かなり・・・、いや、相当な暇人であることは本人も認めています。お盆休みで暇に任せて(^^;)、くだらないことをしている自分がいます(^^;)。以下が、トップ10です。

順位周波数(kHz)交信数
110,128.0144
210,129.0135
310,130.0123
410,126.0114
510,127.097
610,131.094
710,125.084
810,132.059
910,124.055
1010,133.046

 ということで、一番使われている周波数は、

 10,128.0 kHz

 ということになりました(^^)。全体数が951なので統計としては少ないのかもしれませんが、結果としては大きなずれてはいないと思います。

 0.5kHz間隔が慣例となっていますので、例えば、10,128.5kHzといった0.5kHzの位置にゼロインした周波数でも運用がなされていることは、10MHz帯を運用される方なら周知の事実ですが、統計を取るとトップ10には含まれませんでした。
 やはり100Hzの桁は0が好まれるようです。

 ということで統計でした。何かの参考になればいいのですが(^^;)。

posted by GECKO at 20:55| Comment(0) | 10MHz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

10MHz帯のコンディションが良好でした。

 今週の始めに来た台風5号は既に去りましたが、どうも台風一過とはならないようで、すっきりしない日が続いています。

 そんな天候の中、本日は久しぶりに好コンディションに恵まれた気がします。午前中は8時台からEsが出ていてハイバンドもまずまずのコンディションで、日中は落ち込んだものの、夕方にはまたEsが出てハイバンドも国内がよく聴こえていました。

 そんな状況だったので10MHz帯も好コンディションに恵まれ、久しぶりに10MHz帯だけで今日一日で61局と交信できました。CQを出したりコールしたりしましたが、10MHz帯だけで一日で60局を超えたのは久しぶりだと思います。
 7MHzや14MHzであればコンテストで60局越えは珍しくありませんが、コンテストで使われない10MHz帯としては個人的にはなかなかの交信数でした。

 このまま好コンディションが続くといいのですがね。お盆休みはもう少し10MHz帯を運用できればと思います。

posted by GECKO at 20:40| Comment(0) | 10MHz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

交信数の推移(2017/8現在)

 蒸し暑い日となりました。
 この土日は「第60回フィールドデーコンテスト」が開催されていたようですが、不参加・未交信となりました。

 そんな状況なのでコンテスト参加ネタはない状況ですが、交信データのグラフを作ってみましたので載せておきます。
 グラフは月ごとの交信数を折れ線で表したものです。再開局からのすべての交信が対象ではなく、CWにデビューした2011年6月以降のCWと、近年に運用を始めたデジタルモードのみとしています。170806-01.png
 昨年末から交信数が減っていましたが、5,6,7月の3ヵ月間はEsの発生などもありそこそこ交信できました。ただデジタルモードは相変らずです(^^;)。

 交信数はこのところのコンディションの悪さに比例しているように思います。
 まだまだ暑い日は続きますが、秋以降のコンディションの向上を期待するところです。

posted by GECKO at 19:29| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする