toppicture-block_r.jpg

2017年05月04日

スイス 18,100.50kHz RTTY

 暖かい日となりました。本日は早朝から出かけていましたが、15:00頃には帰宅し夕方から無線のワッチを始めました。

 このところEsが発生し始め、タイミングがよいとハイバンドでの国内交信が楽しめるようです。
 本日の夕方はイオノグラムを確認しながらコンディションをチェックし、18MHz帯を中心にワッチしていました。この時期の18MHz帯のSSBは、Esの発生を狙って運用される局が多いようで、Esが発生すると賑やかになります。
 やはりCWよりSSBの方が運用局が多いので、チェックはSSBです。

 本日の夕方はしばらくEsの発生がなかったのですが、17:00頃にイオノグラムで僅かにEsの発生がありました。それを見て18MHz帯のSSBの周波数あたりをチェックしましたが、特に入感はありません・・・。
 この時点では臨界周波数が5MHz程度でしたが、やはりもう少し強い(臨界周波数の高い)Esが発生しないとダメなのかもしれません。
 そんな状況で18MHz帯の周波数を下げて行くと、18,100.50kHz付近でRTTYの信号が入感していました。RTTYの国内QSかな?と思い、リグのモードを切り替えてデコードすると、なななんとスイスの局でした。
 リアルに579で入感。こちらは地上高10mのワイヤーダイポールアンテナですが、この時期に18MHz帯でスイス?ちょっと信じられない状況でした。
 ワッチすると、CQ空振り状態に近く、時々DX局がコールして交信している模様。JA局も交信していました。届くかどうか半信半疑でコールするもまったく届いていない感じ。それでもあきらめずにコールし続けると10回目くらいのコールでコールバックがあり、交信成立となりました。

 いやはや予想外の展開・・・。特に珍しいことではないのかもしれませんが、個人的には驚きでした。
 これだから無線は侮れません。

 しかしこんな調子でスイスと交信できしまうと、ゴールデンウィークの無線の運を使い果たしてしまったのではないかと複雑な心境になっています(^^)。

<本日のDX>
18MHz RTTY Switzerland

posted by GECKO at 19:22| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする