toppicture-block_r.jpg

2017年04月23日

デジタル一眼レフカメラ Nikon D40

 晴天の一日となりました。しかしコンディションはもうひとつですね。そろそろ18MHz帯が賑やかになって欲しいですね。
 再開局してまもなく、当時は18MHz帯のフォーン(SSB)で北海道の局と交信できて感激した記憶があります。18MHz帯はそういった意味で、個人的には思い入れの深いバンドです。

 さて、ネタ切れですのでカメラの話です。

 このブログに掲載している写真のほとんどはNikonの「D40」というデジタル一眼レフカメラ(デジイチ)で撮影しています。このモデルは、デジタル一眼レフカメラを一般に普及させた初心者用などともいわれたものです。
 トップの写真ももちろんこのD40で撮影しています。
 このカメラ、購入したのが2009年で、当時はモデル末期という状況でした。もう8年も前のことです。1704239-01.jpg
 写真がそのD40ですが、これはやむなくiPhone6のカメラで撮影しています。自分で自分は撮れないですからね(^^)。

 さてスペックですが、こちらの通りです。たかだか6.1メガピクセル(約600万画素)です。なんとiPhone6よりも少ないのです!
 その他のスペックはというと・・・たくさんの数値が並んでいますが、これらが一体どの程度のものなのか、さっぱり解りません。そんな状態で8年間使っています。
 撮影モードもフルオートに近い「P」(プログラムモード)ばかりです。いろいろ設定できるのでしょうが、まったく使いこなせていません。電源をいれてシャッターを押す・・・それだけです。

 ボディーが大きいので、持ち歩くのは苦痛です。よって外出での撮影のほとんどはiPhone6ばかりです。iPhone6だとかなりカメラも良くなっているのですが、やはりそれなり感はあります。それを承知の上で撮影しています。
 むろん、旅行などでは必ずD40を持っていきます。「カシャ」という撮影時のシャッター音が何とも堪らないです。Nikonはいい音がします。

 アマチュア無線をされる方にはカメラに詳しい方もいらっしゃいますので、私のようなカメラ初心者の記事はこれ位にしておきます(^^)。

 最後に、D40とiPhone6のサクラの撮影の比較です。撮影時刻に若干の時間差がありますが両方で撮影したものです。どちらもオートの設定ですので、被写体に向けてシャッターを押しただけです。
(両者を比較することにあまり意味はありませんが)
 一眼レフの場合、レンズが重要ですよね。ここではD40では、
Nikon NIKKOR 18-55mm 1:3.5-5.6 GU ED
というレンズを使っています。購入時に付属していた標準ズームレンズです。
 フォトレタッチソフトでサイズを縮小して文字を入れています。Exif情報は削除しています。
 こんなページもありました。

170423-02.jpg

170423-03.jpg

posted by GECKO at 18:53| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

自己啓発・・・といったところですかね。

 天候がすぐれない土日となりました。
 本日は午後から晴れて来ましたが、当地ではソメイヨシノはほぼ満開かな?といったところです。晴天であればよかったのですが。

 さてこの土日は1アマと2アマの国家試験がありました。受験された方は一喜一憂といったところでしょうか。私も数年前に受験したことを思い出します。・・・ということで試験ネタです。
 かれこれ1年半くらい前の話ですが、大きな書店へ立ち寄った際に無線関係の資格のコーナーを見ていて手に取り、思わず買ってしまったのが写真の試験対策本です(^^;)。170409-01.jpg
 購入日は2015年11月23日。「お買い上げ伝票」がしおりのように挟まっていました。試験を受けるためではなく内容に興味をもってしまい、自らの知識を高めるためのテキストのような位置づけで購入しましたが、いわゆる「積読」状態(^^;)になっていました。
 学生時代に散々学問をサボった私が、自らの知識を高めるために購入・・・などありえない!と思いきや、反面、もっとまじめに勉強しておけばよかったと反省する自分がいます・・・Hi.
 資格のレベルでいえば、もうワンランク上のいわゆる「一陸技」がありますが、私のレベルでは「一陸特」でさえハイレベル過ぎます。

 昨今、インターネット閲覧やSNS(それほどのめり込んでいませんが)に費やす時間がとても勿体なく感じて来ました。この時間を技術と知識の向上(私には似合わない言葉)のための時間に充てたいもの・・・ということで、改めてこの書籍を開いてみると、なかなか興味深い内容・・・。
 いきなり「多重通信方式」や「マイクロ波」の話が。なかなか興味深く読めそうです。

 ・・・6月の平日に試験があるようですね。

 ちなみにこの「一陸特」の資格を取ってもアマチュア無線の運用はできないようですね。無線工学の試験内容がアマチュア局の運用に必要な知識全般を証明するものではないから・・・ということのようです。
 ある意味、アマチュア無線技士はすごいです。

posted by GECKO at 19:13| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

未交信の市区郡の状況

 いよいよ4月になりました。
 本日は4月1日のエイプリルフール、各局さんのブログでのエイプリルフールのジョークを期待します!
 ちなみにこのブログは至ってまじめです・・・Hi.

 Googleでは例年の如くこんなジョークが・・・。

 さて無線ネタですが、昨日は3月31日というきりのいい日でしたので、その時点での未交信の市郡区を調べてみました。結果、未交信は3市,20郡,5区となってることが判りました。
(エイプリルフールのジョークではありません^^)。
 バンドとモードはミックスです。ちなみに残りの3市は、以下の3市です。前回の記事から2市をWKDしています。郡についても1郡をWKDしています。

大阪府羽曳野市(2526)
和歌山県海南市(2603)
熊本県菊池市(4310)

 市についていえば、前回の記事で未交信となっていた宮城県富谷市(0616)は新市誕生ということで移動運用局が多くすぐにWKDできました。そして千葉県習志野市(1216)についてはなんと記事を書いた翌日の10月16日の「オール千葉コンテスト」でWKDできています。

 残りの未交信市については、その市から運用する局にはなかなか遭遇できません。タイミングの問題なのでしょうね。
 更にこのコンディションの悪さが拍車をかけていて、なかなかWKDが難しい感じです。まあのんびり行きますが(^^;)。

posted by GECKO at 22:42| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする