toppicture_ts680v_3.jpg

2017年03月18日

JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)を受信。

 暖かい日となりました。
 イオノグラムを時々チェックしていましたが、コンディションはあまり良くない感じで、結局、交信ゼロとなりました。

 このところコンディションもよくないので、ここはひとつ弱い短波放送の電波をキャッチするBCLに走ろう(^^)とリグのスイッチを入れました。しかし常に短波放送を聴いている訳ではないので、状況がよく判りません・・・。
 そこで久しぶりに「JMH(気象庁船舶気象無線模写通報)」を受信してみました。以前にこちらで記事にしています。
 その時は綺麗に受信できず画像が乱れています。もっとも初挑戦だったので、いろいろと調整がまずかったのかもしれません。170318-01.png
 JMHの周波数は複数ありますが、いずれもアマチュアバンドに近いところでUSBモードで送信されています。今回は18時台に、
3,620.60kHz
7,793.10kHz
13,986.65kHz

の3つの周波数をチェックしましたが、この時間帯では7,793.10kHzが+20dB位で入感していましたのでこの周波数でこちらのスケジュールに合わせて受信。結果は上の通りです。以前のものより断然綺麗に受信(出力)されました。

 ・・・それにしても、これだけの画像を受信(出力)するのに20分近くかかるのは、このインターネットの高速通信の時代にあってはイライラ感はあります。通信速度を求めてはいけないのでしょうけれど。
 しかし逆に趣はありますね。灯台放送のように放送終了にならないことを願うところです。

posted by GECKO at 20:26| Comment(0) | BCL/SWL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする