toppicture-block_r.jpg

2016年05月29日

午前中はハイバンドが大オープン?

 本日は早朝より出かけていました。
 その間、スマートフォンでイオノグラムを見ることもなく、Jクラスターを見ることもなかったのですが、11:30頃に帰って来て落ち着いた後にJクラスターをチェックしてびっくり!普段ではあまり見られないような状況になっていました。

 私は常に「CW ALL」(バンドに関係なくCWのみ表示)で見ていますが、本日5月29日の午前中は、スポットが軒並みハイバンドばかり・・・。びっくりでした。

 暇人?なので数えてみたところ、午前中のCWの全スポット数が116(これも多くてびっくり)、そのうち18MHzが19スポット、24MHzが27スポット、28MHzが19スポットとなっていました。(同一局の複数スポットは考慮していません)
 WARCバンドが多いのは、おそらく開催中の「WPX CW コンテスト」への影響を考慮してのものだと思いますが、それにしても24MHzで27スポットとは驚きです。

 そんなタイミングに、外出していて交信のチャンスを逸しました(^^;)。

 午後からはシャックにいて断続的にワッチしていました。コンディションはそれほど良くなかった感じですが、18MHz帯で1局、24MHz帯で5局という結果でした。
 24MHz帯は7MHz帯に同調させたアンテナに無理やりチューナーで同調させて送信しましたが、相当ロスっているようで(当然)、パイルに負け続けながらも5局達成といったところです。

 アンテナを何とかしなければいけません。

posted by GECKO at 19:42| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

7MHz帯と10MHz帯の交信数が・・・。

 曇り空の蒸し暑い日となりました。本日は日中は外出していましたが、帰宅後もコンディションがよくなかったようで、久しぶりの休日のゼロ交信となりました(^^;)。
 このところはアクティビティーも上がっておらず、交信数が伸び悩んでいます。

 再開局からほぼ6年が経過しましたが、このところの伸び悩みもあってか、いまだ10,000交信を達成できずにいます・・・。160528-01.png
 ハムログで久しぶりにエリア別交信件数をみると、なんと7MHz帯と10MHz帯の交信数がほぼ拮抗していて、10MHz帯の方が僅かに4交信だけ上回っている状況であることが発覚しました・・・。
 これは10MHz帯のコンディション低調が続いて交信数が伸びないことと、最近アクティブになったRTTYやJT65といったデジタルモードの運用局の数が圧倒的に7MHz帯の方が多いということが理由です。
 いや、それにしても自らのメインバンドとしている10MHz帯の交信数が、7MHz帯の飛躍的な交信数の伸びに脅かされているというのは何とも・・・。10MHz帯の交信数を伸ばさねば!と意気込んでいる今日この頃ですが、いかんせんコンディションが悪くてはいかんともしがたい状況です。

 ただモードをCWに限定すると両者で606交信数の差があり、まだまだ10MHz帯が独走状態なのですがね。でもこのところのコンディションを見ると、CWでもじわじわとその差を詰められているように思います。

 今後コンディションはどうなっていくのでしょうか。賑やかな10MHz帯は懐かしい感じさえします・・・。

posted by GECKO at 22:35| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

18MHz帯で8エリアがたくさん聴こえました。

 暑い一日となりました。無線を運用する時間は取れましたが、コンディションがパッとしない・・・というか安定しない一日でした。

 午前中に少しと夕方に運用しましたが、Esも出ていて18MHz帯では8エリアの局がここ2エリアへたくさん入力していましたがQSBが激しい状況でした。
 その18MHz帯ですが、ハムにカムバックした頃は、18MHz帯という周波数帯のSSBで北海道が聴こえてきて感動したものです。10Wでもかんたんに交信でき、18MHz帯ってすごいバンドだね!なんて思ったりしていました。
 カムバック前は4アマだったので、18MHz帯は未体験だったのです!
 そんな訳なので、18MHz帯のSSBには個人的にはちょっと思い入れのあるところです。7MHz帯のSSBのような慣習もなく、パイルも激しくなく、初心者でもコールしやすい感じでした。
 現在でもビギナー(といっても3アマ資格が必要ですが)の局がSSBを運用するならば、この時期は7MHz帯よりも18MHz帯だと思っています。

 最近はCWばかりの運用になりましたが、そんな18MHz帯のSSBを久しぶりにワッチすると、かつてと同じく8エリアの局がたくさん聴こえていて、何となく懐かしさのようなものを感じてしまいました。

 ・・・でCWはというと、同じ時間に聴いてもタイミングがよければ1〜2局がせいぜい聴こえる程度。その間、SSBの方は途切れることなくたくさんの局が聴こえていました。やはり圧倒的にSSBの運用者の方が多いのですね。(結局SSBでの交信はなりませんでしたが)

 そんな訳で、ちょっと懐かしさを感じた一日となりました。

posted by GECKO at 20:21| Comment(0) | 18MHz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

コンテストでのRTTY

 ゴールデンウィークが終わり、すっかり無線の運用が低調になっています。運用ネタもパッとしません。

 さて本日の5月14日(土)から15日(日)にかけては、たくさんの国内コンテストが開催されています。QSOパーティーも含め8つのコンテストが開催されているようですね。
 いつもこちらのサイトで確認させて頂いております。
 この時期だからでしょうか、28MHz帯以上のバンドによるコンテストが多いですね。私は21MHz帯以下のアンテナしかないので今回のコンテストはほとんど出られない状況です。

 ところでいつも思うのですが、今回のコンテストに限らず、電波形式にRTTYを含めたコンテストが少ないですね。なぜでしょう。RTTYの運用人口が少ないからでしょうか。
 本年のニューイヤーパーティーは、初のRTTYでの運用に挑戦して20局を達成しました。RTTYもそこそこ賑わっていました。
 ただコンテストとなるとRTTYの参加者が少ないのかもしれませんね。更に種目が増えるのでそれだけ得点の集計が複雑になることも予想されます。手間のわりに参加者が少ない・・・なんて状況になるのかもしれませんね。

 さて本日の運用です。
 本日は、7MHz帯のRTTYで1局、10MHz帯のCWで4局、計5局という結果でした。15:00頃だったでしょうか、10MHz帯で近距離が良く入感していました。
 タイミングが重要ですね。

posted by GECKO at 22:58| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

18MHz帯のJT65で国内交信!

 ゴールデンウィークも後半に入りました。
 本日は特に予定がなかったので、午前中からシャックにこもって、バンドやモードを落ち着きなく切り替えて、伝播の状況をチェックしていました。
 午前中は10:30頃だったでしょうか、程よくEs(スポラディックE層)が出ていたようで、ハイバンドは18,21,24,28MHz帯で国内局がそこそこ入感していました。
 ・・・といっても妙なコンディションで、たまたまチェックした29MHz帯のFMでは、5エリアの局がここ2エリアで59+60dBでリグのメーターが壊れんばかり(^^)に振り切れ状態で入感していたにも関わらず、それにコールする1エリアなど他エリアの局はノイズに埋もれているといった状況でした。
 Esの発生状況によっては、こういった伝播もあるのですね。
 その他に29MHz帯のFMでは、6エリアの局もフェージングを伴いながら55〜59程度で入感していました。最近リグのマイクを外してしまっているのでコールできずでした。
 おまけにすっかり疎遠になってしまったフォーンは緊張するのでなかなかQSOする意欲が湧きません。CWの方がぜんぜん楽・・・というのは最近実感しています。

 21MHz帯のCWでは、東京コンテストの1エリアの局がここ2エリアでFBに入感した時間帯もありましたが、総じてカスカスの状況・・・。どうも安定したコンディションではなかったようです。
 またコンテスト対象外の18MHz帯をチェックすると、上の方の周波数で8エリアを中心としたフォーン(SSB)の国内局がたくさん入感していましたが、下の方の周波数でCWもぽつぽつとCQが聴こえ始めていました。
 そんな中、いつも情報提供いただている7エリアのOMさんとメールによるリアルタイムの情報交換が始まりました(^^)。結構、恒例になっていたりするのです!
 ここで、先の5エリアの29MHz帯のFMの局が当地でメーターが壊れんばかりに入感しているとお伝えすると、どうも7エリアのOMさんのところではまったく入感していない様子!?Esが発生しているとはいえ、この5エリアの局の電波は7エリアへは届いていないようでした。

 続いて7エリアのOMさんが、なんと18MHz帯のJT65でCQを出されているという情報が・・・。WARCバンドでのJT65ってあまりイメージが湧かなかったのですが、18,102.0kHzが良く使われる周波数ということで、早速QSYしてみると、たくさんのJA局がCQを出しており、その中からOMさんのCQを発見しました。
 タイミングをみて5Wでコールすると、コールバックがあり交信完了となりました。なんと初の18MHz帯によるJT65での交信です。(ありがとうございました。)
 双方5W出力で、His(-03dB),My(-06dB)というレポート交換となりました。OMさんの電波の方が私のところに強く届いていたようです。

 そのような訳で、本日はほとんどがワッチのみで交信数は伸びませんでしたが、初の18MHz帯のJT65で交信できたことは特筆すべきところです。
 また明日以降に期待です。

posted by GECKO at 18:28| Comment(0) | JT65 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする