toppicture-block_r.jpg

2016年03月05日

CWで未交信の市郡区

 とても暖かい一日でした。本日は午前中に国内局の呼び回りをしましたが、それほど時間もとれずたくさん交信することはできませんでした。
 そんな訳で、統計の記事を少し・・・。

 当無線局は、今日現在までの交信データから計算すると、交信のモードについては全体の87.3%がCW,残りの12.7%がそれ以外のモードとなっています。
 最近はデジタルモードの運用が増えてはいますが、RTTYは7.7%,最近始めたJT65は1.1%といったところで、フォーンはSSBが3.3%,FMが0.4%,AMが0.2%です。
 そんな中、圧倒的な交信比率を占めるCWで交信できておらず、その他のモードで交信できている個人的にはレア?な市郡区を調べたところ表のようになりました。
(「W」マークが交信できている市郡区です)

160305-01.png

 ちょっと注意が必要なのは、CWデビュー前にSSBで交信した市郡区はハムログ上ではWKD済みとなるため、CWでは優先的に交信していないという点です。
 その結果、CWでもわりあい交信しやすいと思われる市郡区が、CWで未交信となってしまっています(^^;)。

 一方、RTTYのみ、またはJT65のみでの交信しかできていない市郡区もあります。これらのモードは最近始めた後発のモードであり、なおかつCWでは交信できていない市郡区なので、個人的には貴重な交信です。
 「埼玉県さいたま市岩槻区」については、CWやRTTYではまったく交信できなかったのですが、なんとJT65であっさり交信できました(^^)。
 こちらも貴重な交信です。

 たくさんのモードで運用を始めると、モード別というのも気になるところです。モードを気にしながら運用すると、より深みがでます。

posted by GECKO at 22:18| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする