toppicture-block_r.jpg

2015年12月31日

2015年は移動先からRTTYが運用が可能に。

 本年も残り僅かとなりました。
 本年の当局としての特筆すべきは、昨年末に常置場所で運用を開始したラジオテレタイプ(RTTY)を移動運用にも展開し、常置場所と移動先のいずれもRTTYで運用できるようになったことです。
 移動地からRTTYが運用できるようになったことで、それまでのCWのみの移動運用から運用の幅が一気に広まったことは確かです。

 さてそんな移動先でのRTTYの運用で活躍したのが、KENWOODの「TS-680V」とDAIWAの「CNW-319」、そして第一電波工業のモービルホイップ「HFシリーズ」です。
 CWの運用では、従来通りパドル「uniHAM UNI-730A」と自作エレキーを使っていますが、本年からはRTTYの運用のための「パソコンとI/Fケーブル」が加わりました。

 本年の移動運用では、1年間これらの機材だけで通しました。

151231-01.jpg

 RTTYを運用し始めたことで、新しいリグが欲しいと思いつつも遂に購入することはなく、相変らず古い機材から変わり映えがなかった一方、30年前の10W機とモービルホイップでも、RTTYがそこそこ運用できるということを改めて感じています。151231-02.jpg
 来年は移動先でのRTTYの運用のために新しいリグでも購入したいところですが、考えてみればこれらの機材でも何ら不自由していないことも事実。来年も「まあいいか〜」という感じで使い続けそうです。
 無線機は決して安価な買い物ではない上に、稼働率(使用頻度)がとても低いので、買ったはいいがぜんぜん使っていない状態に陥るのが怖いです・・・。
 特に私のように週末だけ運用する週末ハム?には・・・。

 一方、アンテナはモービルホイップではちょっと力不足感は拭えません。10Wだからなお更です。しかしCWはともくかくRTTYでもそこそこ交信できてしまうところはちょっと意外でした。でも来年はアンテナをもう少し強化したいところです。151231-03.jpg
 余談ですが、このブログでも耳タコなほど繰り返している通り、RTTYは弱い電波に強いモードなので、10W+モービルホイップでも何とかなったのだと感じています。

 ・・・と、まあ本年はこんな次第で、機材はともかく、ラジオテレタイプ(RTTY)に色々な意味で翻弄された一年でした。その分、RTTYの運用についていろいろと判りました。

 CWが苦手な方でもRTTYなら大丈夫。身近に4アマのハムがいますのでRTTYの運用を勧めています。RTTYは4アマでも運用できますし、何となくインターネットのチャターのような趣があって、なかなかFBなモードだと思います。
 英語ができなくてもDX交信はほぼ大丈夫。静かに運用できますし、フォーンよりは明らかに弱い電波に強い・・・。至れり尽くせり・・・というのは大げさですが、あのRTTYの複雑な局免の変更申請がなければもっと普及すると思うのですがね。
 そんなことを感じた一年でした。
 来年も常置場所から移動先から、RTTYを本年以上にアクティブに運用したいところです。もちろんCWも同様です。
 それでは皆さん良いお年を。

posted by GECKO at 19:28| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

オークランド諸島 18.076.0kHz CW

 あわただしい年の瀬となっております。本日も年末の大掃除をしています(^^;)。
 そんな訳で、なかなかリグのスイッチを入れることができなかったのですが、夕方にやっと時間が取れてリグのスイッチを入れると、既に7MHz帯では国内近距離がスキップし始めていました。

 この時期の7MHz帯は16:00頃になると近距離はスキップし始めますね。代りに夜のバンドである3.5MHz帯で、国内局が早い時間から聴こえ始めます。
 3.5MHz帯は同調したアンテナがないので、7MHz帯のダイポールアンテナを使ってチューナーで合わせたりしていますが、それでもまずまず飛んでくれます(^^)。
 3.5MHz帯のCWで国内局と交信しました。

 次に、久しぶりに18MHz帯はどうかな?と考えチェックすると、ZLで始まるコールサインが聴こえました。スプリットで1kHzのUP指定でした。
 CQを空振りしている様子でしたのでコールすると、すぐにコールバックがあり交信成立となりました。オークランド諸島のようです。
 ハムログでは、Auckland & Campbell Is. と表示されました。

 あまり運用できない一日となりましたが、よしとしましょう。

<本日のDX>
18MHz CW Auckland & Campbell Is.

posted by GECKO at 19:58| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

2016年のNYPはRTTYも。

 本年も残り僅かとなりました。特に目立ったトピックのない一年でした。
 まだ今年は終わった訳ではなく数日残っていますが、この数日間でWACA達成とか・・・ある訳ありません(^^;)。

 今日は年末恒例?の大掃除をしながら途中で手を休めてアマチュア無線を運用したりしましたが、午前中は7MHz帯加えて10MHz帯のコンディションもFBで、日本全国から入感していました。
 そのような状態だったので、7MHz帯のRTTYを中心にJCCサービス局とたくさん交信できました。このコンディションのままNYP(ニュー・イヤー・パーティー)に突入するといいのですがね。

 さてそのNYPですが、2015年はRTTYでのNYPでの交信はありませんでした。というのも、RTTYが若葉マーク状態で、通常のRTTYのJCCサービスのCQ局にコールするだけで精一杯だったので、NYPなんて到底無理・・・状態だったのです。
 あれから1年経ち、RTTYでの交信にも慣れてきましたので、2016年は、RTTYでもNYPで交信したい・・・いやRTTYだけで20局達成を目標にしたいところです。

 もちろんCWも出ます・・・むしろCWがメインですね。
 2015年の交信数は111局(ぞろ目です!)でしたので、2016年は222局を目指します。いきなり倍。ハードルは高いね。

posted by GECKO at 22:41| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

特定小電力トランシーバー(特小)の周波数をチェックしてみる(2)

 こちらの記事で、特定小電力トランシーバー(特小)の周波数をC5600でワッチしたと書きました。その後も、シャックに入ったらC5600の電源を入れて、特小の周波数をスキャンしています。

 フィールドではなく常置場所の430MHz帯のGPアンテナなので入感する電波には限界がありますが、それは致し方ないところですね。
 それまでは近所の業務通信と思われる電波のみが弱く入感していましたが、先日はそれとは別に、当シャックの近くの道路を走行する自動車が特小で交信しながら並んで走行している・・・と思われる電波をキャッチしました。
 ガサガサというノイズが混じったモービル走行独自の電波が入感したかと思うと、あっという間にメリット5になり、またすぐにガサガサしたノイズが混じったかと思うとすぐに入感しなくなりました。10mWなのでそんなものなのでしょう・・・。

 しかし携帯電話が行き渡った現在、このように複数の自動車でトランシーバーでおしゃべりをしながらドライブする・・・という使い方は健在だったのですね。
 アマチュア無線では、そういった運用はほとんどなくなっているのですが、特小ではまだそういったニーズがあるようで・・・。

 フリーライセンスラジオ(フリラ)に関するウェブサイトも、調べるとたくさんあるようですね。その中で特小もフリラのひとつとして活躍しているようですが、なんといっても免許が不要で、購入したらその場で開封してすぐに使用できるところがいいところ・・・。
 そんなこともあってか、年齢層はアマチュア無線より若い人が多いように思います。

 特小やその他のフリラで無線通信の楽しさを覚え、アマチュア無線にグレードアップする・・・。そうすればアマチュア無線人口も増えるかもしれません。

posted by GECKO at 19:29| Comment(0) | フリーライセンスラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

カナダ 7,009.3kHz CW

 12月も中旬になりました。とても早いですね。
 12月に入ったからという訳ではないのですが、なんだかんだで忙しい毎日で、あまり無線運用に時間が割けない状況となっています。

 そんな状況ですが、本日は、昼前と夕方に少しだけ運用できました。

 昼前は、7MHz帯のRTTYの移動局がたくさん入感していましたのでコールに徹し、6局と交信することができました。コンディションはまずまずだったように思います。

 夕方は、既に7MHz帯では国内近距離がスキップし始める時間帯に運用を開始しました。バンド内をチェックしていると、夕方の7MHz帯としては珍しくCWでカナダの局が入感していました。ちょっと弱かったのですが、コールするとあっさりとコールバックがあり交信できました。

 明日はもう少し運用したいところです。

<本日のDX>
7MHz CW Canada

posted by GECKO at 21:22| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

特定小電力トランシーバー(特小)の周波数をチェックしてみる

 昨日、地デジ関係のアンテナの部品を購入するため近所の家電量販店(ケ○ズデンキ)へ行ってきました。ついでに色々とみていたら、特定小電力トランシーバー(以下、特小)を発見しました。
 家電量販店でも販売しているのですね。
 ひとつはケンウッド製が単体で、そしてもうひとつはメーカー不明の2台セットがこちらは9,800円という安価で置いてありました・・・Hi.

 特小といえばアルインコが有名ですが、この家電量販店では取り扱っていないようで、アマチュア無線で有名なアイコム製やヤエス製も同様に取り扱いなし。
 ケンウッドはオーディオ関係も有名なので、その流れで特小も家電量販店に置かれている・・・といったところでしょうか。

 特小は、かつて(かなり前)スキーをやっていた頃にスキー場でよく見かけました。当時は私は既にアマチュアハンディー機を使っていましたので、特小の10mWでは飛ばないだろうな、その点アマチュアハンディー機は余裕だな・・・なんてちょっと優越感に浸ったりしていましたが、現在はその特小の10mWというQRPpを逆手に取って、DX交信の可能性にチャレンジする楽しみ方もあるというのですから、いやはや、何でも可能性は無限大なのですね。

 10mW同士で100km超えの交信もできることがあるそうですから侮れません。
 (特小の電波はUHFなので直接波だけ、電離層反射はありません!)

 なかなか興味深いところです。

 そんな訳で、シャックで異彩を放っている(^^)C5600(20年選手)に、GPアンテナを繋いで特小の周波数をスキャンしてみると、時々スケルチが開いてガサゴソと会話らしきものが聴こえたりします。(とても弱いです)
 まあ自宅のGPアンテナ程度ではたかが知れているので、高台などへ行ってワッチするのが鉄則だと思います。受信改造した古いハンディー機もあるので、近々ワッチしてみようと思っています。

 ・・・残念ながら特小は持っていませんので交信はできませんし、フリーライセンスラジオ用のコールサインも作っていません(^^;)。
 アルインコの特小を1台くらい持っていてもいいのかな?なんて思ってます。

posted by GECKO at 17:50| Comment(0) | フリーライセンスラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

フィンランド 14,088.0kHz RTTY (TARA RTTY Melee)

 寒い一日でした。いろいろと雑用があって、アマチュア無線運用の時間もなかなか取り難い状況となった一日でした。
 代りといっては何ですが、昼には「すき屋」で牛丼を腹いっぱい食べたりしましたが・・・Hi。

 夕方。
 コンテスト関係のウェブサイトで、「TARA RTTY Melee」なるコンテストが開催されていることに気付きました。
 サイトの言語が英語なので詳しいことはよく判りませんが、とりあえず599+001形式のコンテストナンバーのようなので、呼び回りすることに。
 早速16:00JST頃に14MHzや21MHz帯のワッチを開始しました。
 ところがいずれのバンドもノイズが聴こえるのみ・・・。CWにモードを切り替えても、CWさえもほとんど何も聴こえない状況です(^^;)。
 コンディションが悪いのか、参加局が少ないのか・・・。

 しかし諦めずにワッチしていると、遂に14MHz帯でRTTYの信号を発見!MMTTYでゼロインすると、画面に浮かび上がったのは CQ TARA TEST の文字(^^)。OHで始まるフィンランドの局のようですがかなり弱い状況・・・。
 しかし、とにかく一局は交信したいと思い虎視眈々と待っていると次第に強くなっていきました。ちょっと弱かったのですがコールすると、何とか届いたようでナンバー交換できました。
 やはりRTTYは微弱な電波に強い!そうあらためて思いました。

 その後も、14MHz帯ではあちこちで微かにRTTYの信号が入感していましたが、何とか交信できたのはフィリピンの局のみ。
 フィリピンの局でもかなり苦戦しました。コンディションは良くなかったように思います。

 まあRTTYでフィンランドと交信できたのでよしとしましょう。

<本日のDX>
14MHz RTTY Finland
14MHz RTTY Philippines

posted by GECKO at 20:30| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする