toppicture-block_r.jpg

2015年11月29日

QSLカードが届きました (2015年11月)

 本日も、曇って気温の低い日となりました。
 昨日はJARLからQSLカードが届きました。今回も200枚くらいでしょうか。

 再開局以来、届いたQSLカードは文庫本ケースで4ケース程になりました。いよいよ4ケース目も一杯になってしまったのでケースを増やさなければなりませんが、問題は格納順です。
 現在は、エリア別に「届いた順」に格納しています。届いた単位でエリア別に分けて、前回分までの各エリア分の最後に加えるだけなので、コールサインの順番はバラバラになっている状態です。
 よって目的のカード1枚を探し出すのにかなりの時間を要します・・・。
 いまからプリフィックス・サフィックス順に並べ替えるのはとても骨の折れる作業ですし、どうしたものでしょう?

 さて、今回届いた中に、海外局からのカードは8枚ありました。
 アラスカからのカードが届き初のCFMとなったため、結果、エンティティーの CFM/WKD は 48 / 106 となりました。
 やっと100エンティティーの約半分の48のCFMとなったところです。

151129-01.jpg

 今後、CFMがどの程度増えていくかな?といったところです。

posted by GECKO at 19:33| Comment(0) | QSLカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

CWで交信できていない市郡区

 寒い一日となりました。諸事情によりほとんど運用できない1日でした。
 夕方に「2015 CQ WW DX コンテスト」が14MHz帯や21MHz帯で聴こえていましたが、いまいちのコンディション・・・。
 21MHz帯では599で入感していたリトアニアの局を発見しましたが、何度コールしても CQ TEST を続けるばかりでまったく届かない様子・・・。

 あきらめました・・・Hi.

 さて運用ネタがないので統計ネタ(^^;)になってしまいます。
 他人の交信の統計など、面白くも何ともないと思いますので、まあ適当に流して下さい・・・(^^;)。

 前回の記事は「RTTYのみで交信できた市郡」でしたが、今回は「CWで交信できていない市郡区」です。
 CWで交信できていない市郡区はこちらの表です。
 実はこれ、自分で統計を取ってみて、あらためて驚きました。
 わりとたくさん存在していたからです。
 この表から、どのモードでも交信できていない真正?の未交信の市郡区を引き算すると、7市11郡2区は、CW以外では交信できているという状況でした。
 ハムログでQTHを入力する時に、「C」や「W」の表示になっているので交信済みということで安心していましたが、実はフォーンやRTTYのみでの交信だった・・・というものです。

 全市郡区との交信を目指していますが、モードはCWだけ・・・にこだわりたいので、この表にある未交信の市郡区はゲットしないといけませんね。
 中にはそれほど交信が難しくない市郡区があるかもしれません。

 最近はRTTYの比率が多くなっていますので、CWも精力的に・・・。

posted by GECKO at 20:03| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

RTTYのみで交信できた市郡

 曇り空の一日となりました。本日はコンデョンもあまりよくなかったという印象です。そんな本日は、ちょいと出かけて移動運用もしたりしました。

 さて、このところラジオテレタイプ(RTTY)ネタばかり続いて恐縮ですが、今回もRTTYネタです(^^;)。
 現在、RTTYのみでの市郡区との交信状況は、204市,93郡,32区といった状況です。CWの時もそうでしたが、最初のうちは面白いように未交信の市郡区と交信できます。現在のRTTYはそんな状況です。
市郡コード市郡
14014茨城県結城郡
19015岐阜県本巣郡
2213京都府京丹後市
24009奈良県山辺郡
29010福井県三方郡
3011石川県能美市
4012福岡県柳川市

 CWの方はかれこれ4年半ほど経ちますが、当然のことながらすべての市郡区との交信は達成できていません。それほど簡単に達成できるものではありませんが、CWでさえもそんな状況なので、運用人口の少ないRTTYはとても時間がかかると思われます。
 RTTYはCWのように手軽に移動運用できないので、移動運用局が少ないことも理由のひとつではないでしょうか。

 そんな中、CWではまったく交信できないのに、RTTYで交信できてしまった市郡があります。表の通りです。
 偶然だといえばそうなのでしょうが、これらの市郡とCWで交信できていないことがある意味不思議です。

 とりあえずはモードにこだわらず、CWとRTTYを併せてすべての市郡区と交信するのが最優先かな?というところです。

posted by GECKO at 19:41| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

RTTYの運用 (コールバック)

 本日は、曇り空から晴れとなりました。コンディションもまずまずで、CWとRTTYでたくさんの局と交信できました。このところRTTYの記事が多いですが、今回もRTTYネタを少し・・・。

 RTTYにも、CWの「ラバースタンプQSO」と「ショートQSO」に相当する交信方法があることは、RTTYを運用されている方であればご存知の通りかと思います。移動局との交信は後者で行われることが多いですね。

 さてその「ショートQSO」についてですが、RTTYの場合はCWと似てはいるものの、CWにはない「文字化け」というものが発生するため、それを考慮した工夫が必要です。
 RTTYでは、CQ局にコールして受信に入った際に、まだコールしている局があると、CQ局のコールバックと重なってコールサインの部分が文字化けし、どの局にコールバックがあったのか判らないことがあります。
 CWでもよくある場面ですが、CWの場合は耳で聞き分けが可能・・・しかしRTTYはそうは行きません。
 そこで多くのCQ局は、以下のようにRSTレポートの後ろに改めてコールバックする局のコールサインを入れて、再度送信することが多いようです。
(JA1○○○のコールに対してコールバックする場合)

RGR JA1○○○ GM UR 599 599 JA1○○○ BK

 更にJCCサービスの場合は、コールバックの都度、自局と移動地を入れるパターンも見受けられます。これですと、交信の途中からワッチした局は、CQを待たなくてもCQ局のコールサインと移動地が判ります。
 CWにはいわゆる「1交信-1ID」という手法(パイル時にコールのタイミングを取る手法)があります。ちょっと意味合いは違いますが、更に移動地も入れてしまおうというものです。「1交信-1ID-1QTH」といったところでしょうか。
(自局がJH2△△△で移動地がJCCxxxxの場合)

RGR JA1○○○ DE JH2△△△ /2 JCCxxxx GM UR 599 599 JA1○○○ BK

 ソフトウェアでマクロに組んでしまえば手間はないですし、RTTYのJCCサービスでは、CWほど多くのコール待ち行列(パイル)ができないので、1交信に多少時間がかかっても、長時間待っていただくことはないと思います。
 さすがにドッグパイルになった場合は、RTTYとはいえできるだけ省略して1交信を迅速に済ますべきなのでしょうけれど・・・。
(念のためそのような超省略型のパターンのマクロも用意しおくと良いかもしれません)

 RTTYでは、これ以外にも文字化けを常に考慮した配慮が必要ですね。そのあたりは工夫次第といったところしょうか。

posted by GECKO at 21:45| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

RTTY,10W,モービルホイップ

 雨天の日曜日となりました。本日はコンテストも行われていたようですが参加することはできず、夕方にモービル運用をしたりしました。

 さてRTTYでの交信も500交信を超えましたが、その中の一部はモービル運用という状況です。モービル運用では、RTTYも10W機にモービルホイップというスタイルですが、このような設備でも国内交信であればそこそこ楽しむことができる・・・ということが運用を繰り返すうちに判りました。
 当初はRTTYの移動運用は大きなアンテナを立てて50Wでガンガンやらないとダメかな・・・なんて想像していましたが、いえいえそんなことはありません。

 CW並み・・・とはいいませんが、RTTYは微弱な電波に結構強いです!

 ちなみにアンテナは、第一電波工業のHFシリーズで統一しています。3.5 , 7 , 10 , 14 , 18 , 50MHz帯用の計6本を所有しています。
(21 , 24 , 28MHz帯用がないのはなぜに?)
 長いアンテナは目立つのであえてコンパクトなこのシリーズを選択していますが、なかなかの性能だと思います。

 そんな訳で、RTTYの10Wのモービルホイップという組み合わせが、なかなか侮れないことが判りました。
 パソコンが必要ですが、CWよりも更に静かに運用できます。移動運用ではあまり関係ないかもしれませんが、モービル運用で他に誰かを載せている場合には静かであることは重要です。
(そんなシチュエーションはほとんどありませんが?!)
 まあとりあえず、これからもアクティブに行きます。

posted by GECKO at 22:28| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

10MHz帯絶好調!

 少し前の記事でこんなことを書いていたのがまるで嘘のように、10MHz帯のコンディションが絶好調です!
 昨日も10MHz帯のRTTYで7局と交信(呼び回りのみ)できました。バンドとモードを考えるとたくさん交信できたと思います。
 おかげでRTTYで500交信を達成! ←しつこい

 本日も10MHz帯のCWとRTTYでたくさん交信できました。

 10月中旬頃までは、日中の10MHz帯をワッチしてもCQがほとんど聴こえず、聴こえても近距離はスキップして遠方の局がわずかに聴こえる状態でした。
 ところが先々週の週末頃から、近距離がガンガン入感するようになり、日中の10MHz帯は賑やかになりました(^^)。

 このコンディションが続くことに期待です!

 10MHz帯だけでみると、まだまだ交信できていない市郡区がたくさんありますので、年内にすこしでも未交信の市郡区を減らしたいところです。

posted by GECKO at 23:09| Comment(0) | 10MHz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする