toppicture-block_r.jpg

2015年09月27日

2015 CQ WWDX RTTY Contest

 昨日に続き、本日も「2015 CQ WWDX RTTY Contest」が続いています。コンディションは昨日同様にFBな状況となりました。
 本日は早朝から断続的にコンテストをチェックしてサーチ&ポーズしていました。午前中は北米中心、午後からはEU中心となりましたが、例によって被りが酷いためになかなか交信が成立しない状況がありました。

 とにかく被りが激しく、なんとか正しくデコードできたCQ局をコールするも、相手局からのコールバックのタイミングで隣の局が被ってきてコールバックが正しくデコードできない・・・。状況によってはコールバックされているのか、こちらのコールが届かずCQを繰り返しているのかさえも解らない状況もありました。
 そういった場合には、再度コールしてみたり、コールバックされたという前提で 599 25 を送ってみたりしましたが、かなり効率が悪かったことは否めません。フィルターが効けばかなり回避できたものと思います。
 フィルターなしでの参戦は無謀ですね。

 そのような状況の中、本日は海外からこのコンテストを運用されている日本人オペレーターの2局と交信することができました。そしてこの2日間でのべ22エンティティーと交信でき、そのうち初交信のエンティティーが2エンティティーという状況となりました。
 それだけでもサーチ&ポーズした甲斐があったというものです。

 以前にRTTYの海外コンテストに少しだけコールしたことがありましたが、本格的にサーチ&ポーズに徹したことは今回が初めてとなりました。
 いろいろと課題の多い状況でしたが、次回はもう少しエンティティーを稼ぎたいですね。

posted by GECKO at 20:57| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

マケドニア 21,103.00kHz RTTY (2015 CQ WWDX RTTY Contest)

 コンディションがパッとしなかったシルバーウィークが終わり最初の土曜日となった本日、午後からは抜群のコンディションとなり、久しぶりに有意義な運用となりました。
 いや、それほどよいコンディションではなかったのかも知れませんが、シルバーウィークがあまりにコンディションが悪かったので、自分の意識の中でのリバウンド現象だったのかもしれません。
 それに輪をかけて、タイムリーに開催された「CQ WW RTTY DX Contest」のコンテストCQが、EU方面を中心に午後から21MHzでガンガン入感していて、うれしい悲鳴を上げていました。

 日中(14:00頃)からEUがガンガン入感するなんて、最近ではあまり記憶がありません。

 おまけに未交信のエンティティーをこのRTTYのコンテストで2つもゲットできたという、「カモがネギをしょってやってくる」状態・・・。
 これまたうれしい悲鳴でした・・・Hi.

 14:00過ぎにこのコンテストがあることに気付き(遅いね!)、21MHz帯のRTTYの運用周波数をチェックすると、ピーピーギャーギャーとすごい状態・・・。21.070MHz付近から21.125MHz付近まで溢れんばかりのCQの数!戦闘モードに入りました(^^)。
 私の場合は、RTTYをAFSK方式(SSB)で運用しているためIFフィルターが効かず苦労しました。IFフィルターの効くFSK方式にしないとだめですね。AFSK方式でDXコンテストなんて無謀です・・・。
 そのため、隣の局の被りの影響で、随分たくさんの局とのナンバー交換を逃したと思います。といいつつも自分では健闘したと思いますが(^^;)。
 最初にサモアの局とのナンバー交換し、それを皮切りに画面にプリントされるEUの局を中心にサーチ&ポーズしていきましたが、被りの影響でとても効率が悪い状況。そんな中、15:00前に未交信のエンティティーであるマケドニアからのCQを発見しました。
 最初に21.108MHz付近で発見したものの隣の局の被りがあり交信できず・・・するとQSYしたようで見失ってしまいました(++)。ひょっとしてCLしてしまったかな?と落ち込んでいると、なんと21.105MHz付近にいらっしゃるではありませんか!すかさずコールし一発でナンバー交換できました。

 そして16:00前に残念ながら所用でちょっと外出・・・。

 18:00頃に帰ってきてリグのスイッチを入れると、21MHz帯は相変らずの状態だったので、被りと戦いながら更にサーチ&ポーズを繰り返していると、見慣れないコールサインがプリントされました。
 マーケットリーフからのCQのようでこれも未交信のエンティティーです。
 すかさずコールすると隣の局の被りで一部文字化けしながら 599 15 のナンバーがプリントされました。ナンバー交換完了です。

 その後、いったんシャックを離れて夕食をとり、19:30頃に戻りましたが、21MHz帯は幾分か静かになっており、よいコンディションは14MHz帯へ移っていました。しかしその時間も短く、14MHz帯も徐々にコンディションが落ちいていき、20:00過ぎには、当局のアンテナではどちらのバンドもほとんど何も入感しなくなっていまいました。
 あの昼間の賑やかさはどこへ・・・。

 という訳で、個人的にはかなり盛り上がった一日となりました。
 まだこのコンテストは続きます。明日はどうでしょうか。

<New Entity>
21MHz RTTY Macedonia
21MHz RTTY Market Reef

posted by GECKO at 21:25| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

偶然の1.9MHz帯

 シルバーウィークもあっという間に終わってしまいました。
 このシルバーウィークは、コンディションに翻弄された感じです。
 特に連休3日目と4日目は、日中は最悪のコンディションで、特に4日目の昨日のコンディションは、早朝から最近稀に見る悪さで(個人的な感想です)、日中の7MHz帯は遠方の強いが弱く入感する程度で、同日開催された「XPO記念コンテスト」は最悪のコンディションの中で開催された感じです。
 しかしながら、夕方からはコンディションも徐々に向上し、本日にかけても早朝からまずまずのコンディションだったので、昨夜と本日に分けて開催された「愛・地球博記念コンテスト」はそれなりのコンディションの中での開催だったように思います。

 さて昨日は当局としては珍しく、即席で張ったアンテナで「愛・地球博記念コンテスト」を3.5MHz帯で運用しましたが、夜間のコンディションはまずまずだったように思います。コンテストだからでしょうか、7MHz帯でおなじみの局が多く運用されていた感じです。
 また本日は7MHz帯にQSYし、こちらもまずまずコンディションでした。

 そして話は戻りコンテストが始まる前の昨夜の事ですが、トップバンド(1.9MHz帯)を、上記の3.5MHz帯のアンテナでワッチすると、偶然にもJCCサービスの強い局が入感していました。
 チューナーを使ってもマッチングが取れない状況でSWRは∞(無限大)を差していましたが、リグへの悪影響を考えてあえて10Wに落としてコールすると、なんと!コールバックがあり交信成立となりました。
 以前に一度だけ1.9MHz帯での交信がありますので、今回で2回目です。

 個人的には、少々感動した次第です(^^;)。

 この秋からは、3.5MHz帯の運用もそこそこに1.9MHz帯を運用したいと考えたりしていますが、10年早いと叱られそうです・・・Hi.
 そもそもアンテナの基礎知識も不十分なので、そのあたりの勉強から始めないと・・・。先は長いのです。

posted by GECKO at 19:48| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

未交信JCCは残り6市

 9月も下旬になり、ずいぶん涼しくなりました。
 本日は「第45回XPO記念コンテスト」が開催されていましたが、早朝からコンディションがとても悪く、7MHz帯などは日中もここ2エリアでは6エリアや8エリアが聴こえるばかりでした。
 早朝にコンテストには少しだけ呼び回りましたが、その後に所用で外出。夕方に帰宅してリグのスイッチを入れましたが、相変らずのコンディションでした。
 そんな中、7MHz帯でコンテストとは別に、まだ未交信の北海道の名寄市からのCQを発見しました。クラスターにもスポットされていて軽いパイルアップとなっていましたが、コンディションがよくない中、何とか交信いただきました。
JCCコードQTH
1216千葉県習志野市
2526大阪府羽曳野市
2603和歌山県海南市
3011石川県能美市
4310熊本県菊池市
4603鹿児島県鹿屋市

 この交信により、未交信のJCCは残すところ左の6市となりました。
 バンドとモードはミックスです。

 なんだかんだで、市区町村の追っかけをしていてここまでたどり着きましたが、まだQSLカードが届いていないものも多く、今後は届いていないQSLカードの請求などをしなくてはなりません。

 ここから残りの市との交信はなかなか進まないことが予想されますが、まあ徐々に・・・といったところです(^^;)。
 これから国内コンディションがよくなることを期待し、CWとRTTYでどんどん交信します。

 先は長いね。

posted by GECKO at 20:54| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

7MHz帯でRTTYが賑やかでした。

 本日は朝から15時頃までは散々なコンディションで、7MHz帯も閑散とした感じでしたが、15時頃からコンディションが向上し、夕方には7MHz帯で国内近距離がとてもFBに入感していました。
 特に7MHz帯のラジオテレタイプ(RTTY)はいつになく賑やかでした。
 午後から夕方にかけて7MHz帯のRTTYを呼び回り6局と交信できました。
 CWならばそれほど難しくない局数ですが、RTTYの呼び回りとしては、わりとたくさん交信できたと思います。

 さて、RTTYの運用を始めて10ヵ月が経過しましたが、いろいろと課題が見えてきました。

 MMTTYというソフトウェアを使い、通り一遍のマクロに頼った運用なので、UR QSL CARD VIA BURO OK? などと送られてきた時に、OK MY QSL VIA BURO などと返すことができません。
 そういったマクロを組んでいないからです。
 それならば返す内容もマクロに含めればよいのですが、そうすると聞かれてもいないのに、OK MY QSL VIA BURO と返すことになってしまいます!
 相手局が打ってきた内容に応じてスマートに返す内容を変えるには、それぞれのパターンのマクロを組んでおく必要がありそうですが、まだそこまでの余裕がありません。
 いっそのこと、すべて手打ちという方法もありますが、これもまた慣れが必要。決してキー入力が苦手ということではないのですが。

 ということで、初心者レベルを脱していない状況です。どんどん交信して慣れるとしましょう。

posted by GECKO at 23:07| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

7MHz帯RTTYで記念局と交信

 本日は天候がよくなく、朝からコンディションがパッとしな状況でした。
 夕方にはコンディションが向上してきて、7MHz帯では特に国内の近距離、ここ2エリアでいうと0エリアや3エリアがよく入感していました。

 夕方に7MHz帯のRTTYをワッチすると、RTTYではあまりないようなパイルアップになっているところに遭遇しました。MMTTYでプリントされたCQ局のコールサインは、0エリアの記念局でした。
 RTTYでは未交信のJCCでしたので、パイルアップに混じって争奪戦に参戦!コールするも厚いパイルアップの壁はなかなか抜けることができません・・・(++)。10数回コールしたところで、パイルが薄くなっていたところをピックアップいただいて交信となりました。

 この争奪戦の間、時々コールせず、MMTTYでプリントされるパイルアップの模様を確認していましたが、パイルアップで一斉にコールしてくる局のコールサインがほとんど正常にデコードされません。
 パイルアップの間は、各局のRTTYの信号が団子状態となって受信されるため、MMTTYのFFTスコープも乱れまくりでミスデコードされた文字や記号がプリントされるばかり・・・。
 CQ局のオペレーターの方も、パイルアップの中から確実に1局をピックアップしてコールバックするのに、さぞかし苦労なさったことでしょう。
 設備や設定で改善できるのかもしれませんが・・・。

 ところでこのパイルアップは随分長い時間(RTTYとしては)続いていたと思います。次から次にコールする局が湧き出てくる感じで、RTTYの運用局の多さを改めて感じました。
 CWとは別枠でRTTYのみでの市郡区との交信をカウントし始めることにしました。先は長いです。

posted by GECKO at 18:57| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

430MHz FM

 よく晴れて気温が低めで、清々しい日となりました。
 コンディションの方は、朝6:00台と夕方にはF層がよく発達し、その時間帯は7MHz帯などは日本全国津々浦々とてもFBに入感していました。
 このところC5600を再び本格的に使い始めたことから、430MHz帯のFMモードをよくワッチするようになりました。開局から'95年の閉局までは430MHz帯のFMがメインバンドでしたが、'10年の再開以降はHFがメインとなっていて、430MHz帯のFMは、再開後の初期の段階でコンテストやN.Y.P.で交信した程度で、それ以降はワッチすることがなくなっていました。

 '95年から20年が経過し、430MHz帯ではインターネットと融合した「WIRES」とか「D-STAR」なるものが登場していますが、個人的にはもはや「レーザーディスクは何者だ?」(←分かる人は同年代)の世界(^^;)となっております。これらはおいおい研究するとして、それ以外で430MHz帯のFMがここ20年で大きく変わったことは・・・特に感じません・・・Hi.

 少なからず変わったことといえば、当時はひっきりなしに特定局の呼び出しやCQを聴くことができたメインチャンネルがとても静かになっていることでしょうか。これは運用人口が減っているので当然のことです。
 同様にバンド内をワッチしても交信している局がとても少なく、レピーターの利用率も(以前と比べ)かなり低い状態です。
 それともうひとつは、メインチャンネルで長々とCQを出す局が少なく、1回CQを出した後にすぐに指定したチャンネルへQSYしてQSY後のチャンネルで再度CQを出す局が多くなっているように感じます。
 よりスマートな運用方法だと思います。
 以前はメインチャンネル以外でCQが聴こえることはまずなかったので、少し違和感がありますが。

 さてそんな中、430MHz帯のFM機をモービルに載せたいなどと考えています。どうせなら144MHz帯とのデュアルバンダーがよいですね。
 ・・・問題はアンテナです。いつもこれがネックになります。いかに目立たなく、かつよく飛ぶ位置に取り付けるかですね。

posted by GECKO at 19:33| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする