toppicture-block_r.jpg

2015年06月28日

TS-680VでRTTYを運用する(2) 完結!

 以前の記事で、TS-680VでRTTYを運用しているということを書きました。
 随分時間が経ってしまいましたが第2弾です。
 本来、記事を小出しして記事数を稼ごう(^^;)という目論みでしたが、もはやそのような根性がなくなったので、第2弾で完結です・・・Hi.

 RTTYモードのないTS-680Vでは、SSB(LSB)モードを使ったAFSK方式での運用となる訳ですが、ポイントは、「パソコンの音声出力とリグのマイク入力の接続方法」と「リグのPTTの制御」だと思います。
 パソコンのスピーカーにハンドマイクを近づけて、MMTTYが発するRTTYの信号をマイクで受け・・・PTTのON/OFFは手動で・・・という原始的な方法もありますが運用に耐えないですね。
 TS-680VにはVOX回路もないし・・・。結局、ネットオクでACCソケットを使った専用I/F(インターフェース)ケーブルを購入しました・・・.150628-01.jp0g
 このI/Fケーブルはケンウッドの主要なリグでFSK(AFSKではなく)を運用するためのものです。
 基板が入った制御ボックスがあり、「3.5φプラグ」2本,「USB」1本,「DIN13ピンコネクタ」1本が接続された形になっています。
 仕様を確認すると、あくまでもFSK用ということから、AFSKしか運用できないTS-680Vは適合リグにはなっていませんでしたが、AFSKでも正常に動作するだろうと判断し購入しました。
 購入後にTS-680Vに接続して設定したところ、案の定、ACCソケットを使ったAFSKでも正常に動作しました。出品者の方、VY TNX!

 さて接続です。
 3.5φプラグのケーブル2本は、それぞれパソコンの音声出力とマイク入力へ接続します。これがリグとパソコンの間でRTTY信号を双方向で通信するケーブルになります。
 USBケーブル1本は、パソコンのUSB端子に接続します(ドライバーのインストールが必要)。これはリグを制御する信号が流れるケーブルになります。
150628-02.jp0g150628-03.jp0g

 残るDIN13ピンコネクタは、リグのACCソケットに接続します。ACCソケットの端子には「オーディオ出力」と「マイク入力」の端子がありますので、制御ボックスを経由してRTTY信号の入出力やPTT制御信号がこのソケットを通して通信されると思われます。150628-04.jp0g
 このように接続した後は、MMTTY側で必要な設定を行います。これについては、MMTTYに添付されているマニュアルや解説されたウェブサイトを確認されるのが確実かと思います。
 COMポートの番号を間違えないようにすることと、パソコン側の入出力信号のボリュームの調整を行うことくらいでしょうか。AFSKの場合はSSB(LSB)モードで送信するため、送信時のALCのレベルには注意が必要です。

 そして運用です。
 写真は移動運用の機材を室内のテーブルの上にセッティングしたところです。アンテナは常置場所のダイポールアンテナを利用。写っていませんが電源は常置場所の安定化電源に接続しています。
 実際にJCCサービス局数局と交信しました。RTTYなら10Wでもなかなかなものです。

150628-05.jpg

 30年近く前のリグでも、パソコン(MMTTY)とI/FケーブルによってRTTYが運用できるというのはとてもうれしいことです。
 準備したものはネットオクで購入したI/Fケーブルのみというお手軽です。
 ・・・あともうひとつ、局免の変更申請が必要です。実はこれが一番ややこしかったりするのですが、これについては機会があれば記事とします。

posted by GECKO at 20:47| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

未交信の1郡,1区と交信!

 前回の記事で、市,郡,区のWKD,CFMとWanted!の状況を載せました。
 郡については30郡、区について13区がWanted!となっていましたが、なんとこの土日にそのうちの1郡1区と交信することができました(^^)。
 いやはや、交信できる時はできるものですね。
 交信できたのは、
「北海道十勝郡(JCG01047)」
「京都府京都市伏見区(JCC220109)」
で、それぞれ10MHz帯と7MHz帯(いずれもCW)です。

 これらの郡,区と交信でき、お腹一杯になってしまいました(^^;)。

 DXはというと、18MHz帯CWでインドネシア,パラオと交信できました。
パラオの局は日本人のオペレーターのようで軽いパイルアップとなっていましたが、交信することができました。

<本日のDX>
18MHz CW Indonesia
18MHz CW Palau

posted by GECKO at 22:55| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

JCC,JCG,KUの交信状況 (2015.6.14現在)

 アマチュア無線を運用する上で、全市,全郡,全区との交信(アワードでいえば「WACA」,「WAGA」,「WAKU」)はひとつの目標になると思います。
 これにこだわり過ぎるとなんとなく堅苦しいものになってしまいそうですが、意識して運用してきたことは確かです。 
 バンド,モード,(自局の)運用場所にはこだわらず、交信できたという実績で今日時点の市郡区(JCC,JCG,KU)との交信状況を確認したところ表のようになりました。(参考までにDXCCも載せました)
TARGETWKDCFMWanted!
JCC8138047829
JCG38035032930
KU17516215413
DXCC34010146239

 未交信の市郡区と交信するにあたって「Jクラスター」の存在を無視することはできません。Jクラスターのスポット情報を頼りに交信できた市郡区が多いことは確かです。
 しかし地道なワッチでCQを発見して交信できた市郡区も少なくありません。地道なワッチはとても重要です。
 また自らCQを出し、コールいただいた局の運用地が未交信の市郡区だったということもありました。

 未交信の市郡区の残りは少なくなってきましたが、全市,全郡,全区との交信を達成するにはしばらく時間がかかりそう・・・。まだまだ先は長いのです。

posted by GECKO at 22:42| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

第15回 A1クラブ コンテスト

 この土日は国内コンテストがたくさん開催されました。
 わりと時間も取れたので、各コンテストに基本的には呼び回りで参戦しましたが、開催されたコンテストの中でもそのルールのユニークさで際立ったのは「A1クラブ コンテスト」です。

 もはや説明の必要はないかと思いますが、「A1クラブ コンテスト」では独自のQSYルールより、CQ局にコールしてナンバー交換した後は、その周波数で自分がCQを出して1局のみ交信することができます。
(コールされたCQ局は1kHz以上離れた周波数へQSYしなければならない)
 コールした局はCQ局がQSYした後にCQを出す義務はないのですが、せっかく空けてもらった周波数なのでCQを出すのが望ましいですね。

 私は2012年にこのコンテストに初参加しましたが、当時はまだCWデビューから間がなくCWでCQを出すことはほとんど経験がなかったのでまったく自信がなかったのですが、コールしてしまえばCQを出さざるを得ないだろうと、清水の舞台から飛び降りる気持ちでコールし、その後にびくびくしながらCQを出したことを思い出します・・・。

 実はCWのコンテストでCQを出したのはこの時が初めてでした。

 結果、なんとかコール局のコールサインをフルコピーでき無事にレポート交換を終えましたが、こういったきっかけがないと、なかなかCWのコンテストでのCQには二の足を踏んでしまいますね。
 思い切りが必要です。
 それから毎年参加して今回で4回目。もうCQで緊張することはなくなりましたが、逆にスマートな捌き方を意識しています。これがまた難しい・・・。

 今回の「A1クラブ コンテスト」はたったの4局(CQが2回、コールが2回)しか交信できませんでしたが、やはりCQ側とコール側が目まぐるしく変わるというのは、なかなか慣れないものがあります。
 その他のコンテストも含め、来年はもう少し交信したいところです。

posted by GECKO at 22:12| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

QSLカードが届きました (2015年5月)

先週末、JARLからQSLカードが250枚程届きました。平日の仕事から帰ってきた夜間に2日間で一気に受領確認を終わりました。今回は海外局からのカードは写真のDXペディション局を含め計3枚でした。
 今回のカードは昨秋から2月頃までに交信したものが多く、N.Y.P.で交信いただいた局からのカードもたくさん届きました。
 既になつかしい感じです(^^;)。

150606-01.jpg

150606-02.jpg

 ちょうどこの時期には「東海道新幹線開業50周年記念局」(8N2S5X)が運用されていて、のべ4回交信したのですが、その4枚がすべてデザインの異なるカードで届きました。この配慮には脱帽です。
 なかなか手間のかかる管理だと思います。多謝。

 そのなかでも写真のカードは、いまは走っていない車両のひとつである300系が写っています。個人的にはもっともスタイルのよい新幹線車両だと思っています。この車両が「のぞみ」でしたね。
 もう実際に走っているところは見られないですがカードで到着!更なる感動でした(^^)。

 さて無線運用ですが、この土日は国内コンテストが目白押しになっています。その中のひとつである「2015 ALL JA 21/28MHz コンテスト」が本日の9:00から開催されていましたのでコールしました。
 21MHzの国内交信は少ないので、バンドニューのJCC/JCGを獲得しました。

posted by GECKO at 17:21| Comment(2) | QSLカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする