toppicture-block_r.jpg

2015年05月24日

多くのDX局と交信できました。

 本日は午前中と夕方の運用となりました。
 早朝、7時台に18MHz帯や21MHz帯でDX局がよく聴こえていました。まずは21MHz帯CWでニューカレドニア、続いて18MHz帯CWでデンマーク、更に21MHz帯RTTYでパラオと7分間で立て続けに交信できました。
 あとで判ったのですが、パラオの局は日本人のオペレーターの方でした。昨日もパイルアップになっているところに遭遇して断念していましたが、本日はパイルが薄かったため一発で交信いただけました。

 さて夕方。午前中と同じような状況を期待して18MHz帯のRTTYをワッチすると、先般21MHz帯のRTTYで交信したワリー・エフトゥーナ諸島の局がCQを出しているところでした。コール一発でコールバックがあり、2バンド目のQSOとなりました(^^)。
 そしてその後、Esの発生を期待してイオノグラムを見ていると、徐々にEsが強くなってきていました。そこで18MHz帯をワッチすると3エリアなどの近場が入感しているではないですか!
 これはとばかりに18MHz帯を少し運用しましたが、一時は1エリアの局も599で強力に入感するほど強力でした。
 そしてその後も運用しながらEsの状況をチェック・・・。すると次第にEsは弱くなっていき、18MHz帯では近場はまったく入感しなくなりました。
 その後も時間と共にEsは弱くなっていきましたのでQRTとしました。

 本日は多くのDX局と交信できたので、よしとしましょう。

<本日のDX>
21MHz CW New Caledonia
18MHz CW Denmark
21MHz RTTY Palau
18MHz RTTY Wallis & Futuna Is.

posted by GECKO at 20:30| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする