toppicture-block_r.jpg

2015年05月30日

24MHz帯CWでAJD達成

 本日は午前中にEsが発生しハイバンドで国内局がたくさん入感していました。

 本日は「CQ World-Wide WPX Contest」も開催され、9:00以降は14MHz帯や21MHz帯は国内外のコンテスト局がたくさん聴こえていて、JCCサービスされている局を見つけることができませんでした。そこで、コンテスト対象外のWARCバンドを中心に渡り歩くと、24MHz帯のCWで9エリアの局のCQを発見しました。

 21MHz用のダイポールにアンテナチューナーで同調させてコールするとコールバックがあり交信となりました(^^)。
エリアバンドモード初交信日
124MHzCW2013-05-06
224MHzCW2013-06-01
324MHzCW2014-06-29
424MHzCW2014-06-15
524MHzCW2013-06-01
624MHzCW2011-07-31
724MHzCW2011-07-24
824MHzCW2012-07-22
924MHzCW2015-05-30
024MHzCW2013-06-01

 24MHz帯はアンテナがないため積極的には運用していませんが、このバンドでは残すところ9エリアのみが未交信となっていて、今回の交信で24MHz帯のCWでAJD(国内の全エリアと交信)を達成しました。

 交信ログを見ると24MHz帯のCWでの交信は、2011年7月24日の7エリアでの交信で始まり、本日(2015年5月30日)の9エリアとの交信で全エリアを制覇。約3年と10ヵ月を要したことになります(^^;)。
 積極的に運用すれば、それほど時間はかからないのでしょうが・・・。

 余談ですが、9エリアは、ここ2エリアからは近いエリア(^^;)なので、ハイバンドでは実は21,28MHz帯でも未交信の地域となっています。

 初心者向けアワードといわれるAJDですが、個人的にはやっとの思いで24MHz帯で達成できたので、カードが届いたら申請しようと思います。
 「24MHz」「CW」「同一県内」という特記付きですね。

posted by GECKO at 20:15| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

多くのDX局と交信できました。

 本日は午前中と夕方の運用となりました。
 早朝、7時台に18MHz帯や21MHz帯でDX局がよく聴こえていました。まずは21MHz帯CWでニューカレドニア、続いて18MHz帯CWでデンマーク、更に21MHz帯RTTYでパラオと7分間で立て続けに交信できました。
 あとで判ったのですが、パラオの局は日本人のオペレーターの方でした。昨日もパイルアップになっているところに遭遇して断念していましたが、本日はパイルが薄かったため一発で交信いただけました。

 さて夕方。午前中と同じような状況を期待して18MHz帯のRTTYをワッチすると、先般21MHz帯のRTTYで交信したワリー・エフトゥーナ諸島の局がCQを出しているところでした。コール一発でコールバックがあり、2バンド目のQSOとなりました(^^)。
 そしてその後、Esの発生を期待してイオノグラムを見ていると、徐々にEsが強くなってきていました。そこで18MHz帯をワッチすると3エリアなどの近場が入感しているではないですか!
 これはとばかりに18MHz帯を少し運用しましたが、一時は1エリアの局も599で強力に入感するほど強力でした。
 そしてその後も運用しながらEsの状況をチェック・・・。すると次第にEsは弱くなっていき、18MHz帯では近場はまったく入感しなくなりました。
 その後も時間と共にEsは弱くなっていきましたのでQRTとしました。

 本日は多くのDX局と交信できたので、よしとしましょう。

<本日のDX>
21MHz CW New Caledonia
18MHz CW Denmark
21MHz RTTY Palau
18MHz RTTY Wallis & Futuna Is.

posted by GECKO at 20:30| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

不安定なコンディションでした。

 本日は午前中と夕方を中心とした運用となりました。

 朝の早い時間帯に21MHz帯をチェックすると、なんとカナダからRTTYの CQ TEST が599で強力に入感していました。ネットで確認すると「Aegean RTTY Contest」なるものが行われているようで・・・。
 国内のRTTYのコンテストはとても少ないですが、海外ではわりと多いように思います。RTTYのコンテストで入感するエンティティーは既にCWで交信済みがほとんどですが、RTTYに限定して改めてエンティティーを追いかけるのも、またそれなりの楽しみがありますね(^^)。
 これもRTTYを始める前には想定していなかったうれしい誤算です・・・。

 ところでこのカナダですが、RTTYについていえば18MHz帯で既に交信済みとなっています。しかし21MHz帯ではまだ未交信なので交信すべきでしょう・・・ということでコールすると、すぐにコールバックがありナンバー交換できました。送ったナンバーは599001です(^^)。

 その後は国内交信に移り、Esの発生を期待してハイバンドを行ったり来たりしながら、同時にパソコンでイオノグラムをチェック・・・。早い時間帯からEsは発生していたものの50MHz帯がオープンする程の強力な発生は私がチェックしていた時間帯ではありませんでした。それどころか、いまにもF層が消えそうな状態もあり、7MHz帯や10MHz帯でさえもパッとしないコンディションが続いていました。
 夕方にも各バンドをチェック。同じようにイオノグラムをチェックしましたが、相変らずの状態・・・。Esの発生で29MHz帯のFMで6エリアが入感していましたが、50MHz帯がオープンするほどの強いものではなかったようです。一方の7MHz帯や10MHz帯はまずまずのコンディションで、たくさんの国内局が入感していました。18MHz帯でも国内局が入感していました。

 そのような訳で、コンディションが不安定ですこし消化不良な一日となりましたが、まあこんな日もあるでしょう・・・ということで、また次の土日に期待しています(^^;)。

<本日のDX>
21MHz RTTY Canada
21MHz RTTY Hong Kong

posted by GECKO at 20:49| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

QRP Sprint コンテスト にCWの1Wで参戦

 本日は「第6回 QRP Sprint コンテスト」が開催されました。QRPにはもともと興味があり、どこまで交信できるか確認の意味も含めて参戦しました。
 QRPならばいっその事QRPp(0.5W)かな?と思い、送信出力が0〜10Wの間で連続的に変更できる(はずの)TS-680Vのお出ましとなりました。普段は移動専用機のTS-680Vで常置場所からの運用です。

 実はTS-680Vの取扱説明書にはパワーボリュームを最小にした時に0Wになるという記述がないため、実際に何Wなのか実測するしかありませんが、最小にした時は外付けのパワー計ではまったく針は触れませんでした。
 そして少しずつボリュームを上げていくと徐々に触れだし、一応0.5W(外付けパワー計での目視)にも設定できます・・・。つまりは、ほぼ0Wから10Wまで連続可変できるということ?です。
 ただしこれで0.5Wとして堂々と交信するのは気が引けましたので、1Wに設定してコンテストナンバーはP(5W以下)で送ることとしました。

 実質1Wでの運用ということです。アンテナは地上高10mのフルサイズの自作のダイポールアンテナです。
150510-01.jpg
 これらの設備でどの程度交信できるか興味深いものがありましたが、結果から述べますと7MHz帯のCWで、約1時間で15局と交信することができました。
 その中で、なんと1,3,9エリアの局からQ(0.5W以下)のナンバーも頂きました。
 かなり厳しい状況でしたが、交信できたことには少々驚いています。むろん双方の設備によるところが大きいのでしょうが、ともあれ7MHz帯のCWでは1Wと0.5Wでも、2エリアから1,3,9エリアと交信可能なことが実証できました。

 そして更にQRPであることが顕著に現れたのは、少し離れた7,4,0エリアはすべてP(5W以下)ナンバーの局との交信しかなく、更に遠い8,6エリアは一局も交信できなかったことです。

 そのような訳で1Wでも侮れないということを再認識した一件となりました。バッテリーもなかなか減らないし、これは病み付きになるかもしれません。

<コンテスト参加の設備など>
リグ : TS-680V
バンド : 7MHz帯
モード : CW
送信出力 : 1W(外付けパワー計実測)
アンテナ : フルサイズワイヤーダイポール(地上高10m)
電源 : 鉛蓄電池(LONG製)

posted by GECKO at 21:01| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

スポラディックE層で沖縄県と小笠原村がオープン

 本日も早朝から目覚めてしまい(依存症)ましたので、クルマを30分ほど走らせて某市から7MHz帯のCWとRTTYを運用しました。早朝はコンディションもよく、たくさんの局と交信できました。
 まあこれについてはこれくらいにして・・・。

 本日の特筆すべきは、正午前と夕方にわりと強いスポラディックE層(Es)が発生し、50MHz帯が賑やかだったことでしょう。

 正午前、イオノグラムを見るとEs特有の状況が確認できました。
 「これは大変!」とばかりに50MHz帯をチェックすると、案の定、50.0370MHzの沖縄のビーコンが589位で入感していました。一方の千歳のビーコンは何も入感していませんでした。
 期待してバンド内を一通りチェックしましたが、さすがにこの時間帯はCWが1局とフォーンが数局入感したのみでした。

 そして夕方。正午前と同じような状況になりました。
 早速50MHz帯をチェックすると、CW,SSB,RTTYで合わせて5〜6局ほどの局が入感していました。最近フォーンはまったく運用していないので、CWで沖縄県の2局と交信しました。
 フォーンもたまには運用しないと運用の要領を忘れてしまいます。フォネティックコードも怪しくなりますね(^^;)。

 更に、バンド内をチェックすると強いCWの局を発見!小笠原村(JD1)の局でした。沖縄だけでなく小笠原村もオープンしていました。
 1UP指定となっていましたがすぐに交信でき、50MHz帯初の小笠原村との交信となりました。

 これからのシーズンはEsから目が離せませんね。

posted by GECKO at 22:39| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

ノルウェー 21,107.10kHz RTTY

 ゴールデンウィークの2日目です。
 本日は朝の5時前に目覚めてしまったので、早朝からリグのスイッチを入れてみました。真夏だと4時頃から7MHz帯あたりでJCCサービス局が聴こえますが、さすがにこの時期の5時頃は国内の近距離はスキップしてしまうため、まったく聴こえませんでした。
 その代わりといっては何ですが、14MHz帯へQSYすると、昨夜から開催されている「ARI International DX Contest」のイタリアのコンテストCQ局がガンガン入感していました。1局だけナンバー交換しました。

 6時頃になるとF層も発達してきて7MHz帯のJCCサービス局も聴こえ出しましたが、上記のコンテストの海外のCQ局もたくさん聴こえ、国内外が入り混じった状況になっていました。

 夕方。
 21MHz帯をワッチするとCWでは上記のコンテストCQ局が聴こえていました。このコンテストはRTTYも対象となっているのでチェックすると、RTTYはコンテスト局がごった返してMMTTYのFFTスコープの波形が乱れまくり(^^;)で、すごいこと(^^;)になっていました。
 これは太刀打ちできない・・と逃げるように(^^;)少し離れた上の周波数へ移動すると、はっきりデコードできるRTTYのコンテストのCQ局を発見!ノルウェーの局でした。
 すかさずコールすると一発でコールバックがありナンバー交換できました。

 とりあえずゴールデンウィーク2日目の本日もDXとの交信ができました。コンテストに頼った形ではありますが。

<本日のDX>
14MHz CW Italy
21MHz RTTY Norway

posted by GECKO at 19:06| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

デンマーク 21.019.00kHz CW

 ゴールデンウィーク初日となりました。
 どこにも遠出する予定はなく(^^;)、自宅にこもって断続的に無線運用をしていましたが、本日は21MHz帯のDXコンディションがとてもよく、早朝から夜間まで21MHz帯でDX局がよく聴こえていました。

 そんな中、21MHz帯のCWでデンマークを発見しました。EUはランダムに交信していてデンマークも交信済み(WKD)かと思いましたがハムログに入力してびっくり!まだ未交信のエンティティーでした。
 RSTは559。強いフェージングを伴っていましたが、コールする局が途絶えたところでコールすると部分的にコピーしてもらい、その後にフルコピーしてもらって交信できました(^^)。
 もらったレポートはなんとRST519です(^^;)。UR 519 519 QSB と打ってきましたので、こちらの電波は弱い上にQSBを伴っていたようです(++)。
 QRZ.COMで確認すると大きなタワーを建てておられるようで、相手局のアンテナの性能に助けられた形です。

 更に夜間の21MHz帯のCWでイスラエルを発見しました。こちらもタイミングをみてコールし交信できました。
 ゴールデンウィークの初日、幸先のよいスタートでした(^^)。

<本日のDX>
14MHz CW Slovak Rep.
21MHz CW Indonesia
21MHz CW New Zealand
21MHz CW Denmark
21MHz CW Israel

posted by GECKO at 22:23| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする