toppicture-block_r.jpg

2015年03月14日

ワリー・エフトゥーナ諸島 21,081.80kHz RTTY

 とてもコンディションのよい一日でした。
 午前中には7MHz帯,10MHz帯の両バンドで同時刻に「東京都八丈支庁青ヶ島村」からのCWの移動運用局が聴こえ、もの凄いドッグパイル状態になっていました。
 7MHz帯では途中でUP指定(スプリット)になったことがそのパイルの凄さを物語っていましたが、10MHz帯の方もUP指定にはならなかったものの7MHz帯に勝るとも劣らないもの凄いパイルで、10MHz帯の潜在的な運用局数がとても多いことを再認識した次第です。

 さてそんな中、ラジオテレタイプ(RTTY)では、21MHz帯で579くらいの信号が入感していました。Fで始まるコールサインが画面にデコード(プリント)されていました。
 フランスの局かな?と思いきや、QRZ.COMで確認したら「ワリー・エフトゥーナ諸島」からのRTTYによるCQでした。150314-01.png
 CQ空ぶり状態だったのでコールするとあっさり交信できました。

 7エリアのOMさんにもメールさせて頂き、OMさんもQRPであっさり交信・・・。無事交信できてよかったと喜んでいたのですが、ワッチしているとなんと徐々にパイルアップになり、DXSCAPEにスポットされたこともあり、こちらもまたRTTYのもの凄いパイル・・・。こちらも途中でUP指定に・・・。いやはや、早く交信できてよかったです(^^;)。あのパイルを到底抜くことはできません。

 21MHz帯のRTTYで、全バンド・全モード通してのニューエンティティーをゲットとなりました(^^)。その他には同じく21MHz帯のRTTYでフィンランド,14MHz帯のCWでマーシャル諸島とも交信できました。

<本日のDX>
14MHz CW Marshall Is.
21MHz RTTY Wallis & Futuna Is.
21MHz RTTY Finland

posted by GECKO at 22:42| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする