toppicture-block_r.jpg

2015年02月11日

7MHz帯のRTTYでAJDを達成しての雑感

 本日は7MHz帯と10MHz帯ともに、とてもコンディションがよい一日となりました。
 このところCWでの未交信の市郡区との交信に伸び悩みをみせていましたが、本日は久しぶりに10MHz帯のCWで未交信の1市と1郡をWKDすることができました。

 さて一方、本年は本格的に運用したいRTTYですが、こちらはなんだかんだでこれまでに国内外を含め128QSOとなっております。
 気付けばいつの間にか7MHz帯だけで全エリアと交信できていて(まあ当然かもれませんが・・・)、QSLカードをCFMできればAJDアワードが申請できる状況です(^^)。特記事項は「7MHz」「Digital」といったところでしょうか。150211-01.jpg
 10MHz帯については、CW専用のイメージがありますが、どっこい、高い周波数(10,135.0kHz以上)でRTTYによる交信を見つけることができます。
 ただ国内JCCサービスに限っていえば、10MHz帯でのRTTYの運用局は7MHz帯に比べて圧倒的に少ない感じですので、10MHz帯のRTTYでのWAJAなどは結構苦労しそうです。

 RTTYはCWのように、あえてゼロインから少しずらしてパイルアップを抜けやすくする・・・といった技が使えないように思います(未検証です)。
 よってQRP局は強い局に負け続けます(^^;)。
 しかしパイルアップ自体が早い段階で解消するので、結果としてQRP局でも高い確率で交信できるように思います。
 RTTYはCWほどではありませんが、弱い電波に強いモード(少なくともフォーンよりは)と感じていますが、それはこれから検証していくこととしましょう。

posted by GECKO at 20:39| Comment(0) | RTTY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする