toppicture-block_r.jpg

2014年11月29日

QSLカードが届きました (2014年11月)

 午前中は雨天、午後からは晴天の一日となりました。
 本日は「CQ WW DX ContestCW 2014」が開催されていて、当初はサーチ&ポーズに燃える(^^)予定でしたが、実はいろいろ企んでいて(大したことではありませんが)、実験やテストをしたりしているうちに一局も交信せず一日が終わってしまった感じです。コンテストは続いているようですが・・・。

 さてコンディションですが、9:45時点のイオノグラムはこのような状況で、赤いラインが横に伸びで臨界周波数が14MHzに届きそうな状態でした。141129-01.png
 そこで14MHz帯をワッチしてみると、国内JCCサービスが盛んに行われる付近に国内局の姿?はなく、WWDXコンテストの局の「CQ TEST」が聴こえていました。
 しかしコールせずじまいとなりました。

 10MHz帯はというと、こちらは国内の近距離が強力に入感していて、とてもFBなコンディションとなっていました。ただいつもより移動局は少ない感じでした。雨天の影響かもしれませんね。

 話題は変わって昨日QSLカードがJARLから届いていました。クロネコヤマトのメール便で2通。各150枚くらい入っていて計300枚くらいでしょうか・・・。141129-02.jpg
 今回は海外局からのカードはとても少なく5枚程度でした。
 まずはパラパラと受領チェックせずに一通り見たところモードの記載が間違っていると思われるカードを発見!記憶にない交信のモードだったので交信ログを確認すると、やはり間違っていました。
 いやはや、実は私も以前にモードの記載を間違えたカードを送ってしまい、あとで気付いて修正カードを送り直したことがありますが、このカードも修正カードが届くのでしょうか。

 QSLカードの記載ミスには注意したいところです。

posted by GECKO at 22:26| Comment(0) | QSLカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする