toppicture-block_r.jpg

2014年07月26日

QSLカードが届きました (2014年7月)

 昨日QSLカードがJARLから届いていました。
 今回はクロネコメール便で2通。枚数にして250〜300枚といったところでしょうか。たぶん1回で届いた枚数としては過去最高だと思います。
 受領確認が大変です(^^;)。
140726-01.jpg
 パラパラと確認すると、今回はDX局からカードが6枚含まれていました。その中に「The Netherlands」つまりオランダからのカードもありました。2012年8月29日の交信分なので2年近く経過しています。
 そういえばこの局、コールサインの最初の「P」を「J」に変えるとそのまま日本のコールサインになるので、最初は日本の局と間違えた(^^;)という記憶があります。(PとJの符号は似ていますので)140726-02.jpg
 その外にはスウェーデンやルクセンブルグ、ドイツなどからも届きました。

 DX局の中にはQRZ.COMを見ても明確にビューローOKと明記していない局もあります。そんな局にはいちかばちか(^^)でビューローで送っていますが、そんな状態なので申し訳ないとは思いながら豪華?なカードは送っていません。
 ところがDX局からビューローで送られてくるカードは、豪華なものばかり・・・。1枚にお金がかかっていそうです。
 申し訳ないので、私ももっと豪華なカードに切り替えないといけませんね(^^;)。

posted by GECKO at 23:57| Comment(0) | QSLカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

プリフィックス別交信局数

 先般「JARL NEWS 2014 夏号」が届きました。特集はいろいろなプリフィックスと交信しようというものでしたが、冊子の真ん中辺りに日本国内局のプリフィックス別の局数が載っていました。
 2エリアはJRのプリフィックス局が一番多いことが判りましたが、これは現在割り当て中のプリフィックスなので当然といえば当然・・・。そしてどのエリアもJAの局の割合が多いことは少々興味深いところです。
140705-01.png
 そんな中、「自分の交信ログはどうなっている?」と関心が湧いたので、同じ表を自分の過去の交信ログを元に作ってみました。
 上記の「JARL NEWS」の記事にある局数の分布と似たような分布になりましたが、なんと「JF0」「7M2」で始まるコールサインの局とはいまだ未交信であることが発覚!
 ちょっと意外でした。

 話は変わりますが、本日は21:00より「6m AND DOWN コンテスト」が開催されます。
 50MHz以上は、移動運用するためのまともな設備がないため、いつも自宅の3バンドGPで参戦していますが、今回も特別な準備はなく、相変らずの状態です(^^;)。

 さて、どうなることやら・・・。

posted by GECKO at 19:34| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする