toppicture-block_r.jpg

2014年06月22日

2014 All Asian DX Contest CW

 昨日より「2014 All Asian DX Contest CW」が開催されています。
 いつものことですが、未交信のエンティティーを求め呼び回りに徹すると決め込み、昨日(21日)の9:00JSTからワッチを始めました。アンテナの関係で出られるのは7MHz帯と14MHz帯のみ。21MHz帯以上に出られないのが残念です。

 ワッチを始めるとこの時間帯は14MHz帯で国内がよく聴こえていました。14MHz帯の国内の近距離がまずまずのようで、思わずJCCサービス局を探して(^^;)しまいましたが、さすがにDXコンテストが開催されているためか、14MHz帯での国内JCCサービス局は聴こえず・・・でした。
 
 夕方。同じく14MHz帯をワッチすると、北米やアジアがたくさん入感していました。多くが交信済みのエンティティーばかりでしたが、唯一、未交信エンティティーであるパプアニューギニアが聴こえておりナンバー交換できました。
 この局、ビューローでのカード交換OKのようです。これはラッキーです(^^)。
 その他に14MHz帯でアジアや北米とナンバー交換しましたが、7MHzで1局だけ北米とナンバー交換しました。

 いったん中断して23:00JST頃に再開。この時間帯は14MHz帯でEUがよく入感していました。ただし未交信のエンティティーからの電波は聴こえない状況・・・。既に交信しているドイツやフィンランドなどとナンバー交換しましたが、どうも後味がよくない感じ・・・。明日に期待。

 そして今日。午前中は昨日と同じような状況。アジアや北米とナンバー交換しました。残念ながら午後は外出していました。

 この記事を書いている時点ではまだコンストは続いていますが、コンディションがあまりよくないようです。そんな訳で、退散しました(^^;)。
 とりあえず、パプアニューギニアと交信できたのでよしとしましょう。

posted by GECKO at 21:53| Comment(2) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする