toppicture-block_r.jpg

2014年06月29日

7〜50MHz帯までの7バンドで国内交信!

 訂正:7バンドではなく8バンドでした(^^;)。 2014/6/30

 本日は9:00頃から14:00頃までの間、下は7MHz帯から上は28MHz帯まで、国内の近距離のコンディションが良好で、7〜28MHz帯に50MHz帯を加えた、7,10,14,18,21,24,28,50MHz帯の 7バンド 8バンドで交信できた記念すべき日となりました。140629-01.png

 朝の7:00。イオノグラム(国分寺)は左ような状況で、赤いラインがまったくない状況。だからといってまったく電離層がないという訳ではないと思いますが、この時点では劣悪なコンディションで、昨日と同様に好コンディションは期待できないかな?なんて思っていました(^^;)。

 ところが9:00前頃からEsが現れ始め、あれよあれよという間にどんどん発達!その頃から18MHz帯はもちろんのこと、21や24MHz帯でも1エリアが599オーバーで入感するようになりました。140629-02.png
 そして10:00のイオノグラムは左のような状況。地上から100km付近に臨界周波数が15MHz程度のEsが出現となりました。

 この頃になると18から24MHz帯で1エリアや3エリアなどの超近距離ともいえるエリアがガンガン入感。アンテナチューナーで同調させたごまかしアンテナでも「599 FB」レポートをいただくような状況となりました。
 そしてついには28MHz帯でも3エリアや5エリアが入感しだしました。あまり経験のない(個人的には)状況だったので、意図的に各バンドを渡り歩いて、7〜28MHz帯に50MHz帯を加えた 7バンド 8バンド交信を実現しました。
 50MHz帯はEs反射ではなく、ローカル局との直接波でしたが(^^;)。

 そしてこのような状況は14:00頃まで続きましたが、その後に急激に悪化。あっという間にEsは消滅し15:00頃には、たった1時間程前の状況が嘘だったかのような状況となり、各バンドは静けさを取り戻した(^^)状況になりました。
 たまたまこの時間帯にシャックに居ることができ、たくさんのバンドで交信できたのでラッキーでした。

posted by GECKO at 20:46| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

オーストリア 18,078.3kHz CW

 朝の7時台。18MHz帯をチェックすると何やら強烈なパイルアップが入感しました。確認すると、オーストリアの局に、たくさんの局が一斉にコールしていました。
 この時間帯でありながら、軽いQSBを伴いながら597〜599+10dBで入感していて、DXSCAPEにアクセスしてみると、既にスポットされていました(^^;)。
 コールするもまったくパイルを抜けることができず、もはや手も足もでない状況・・・。
 そこで、ちょいとパドルを叩く手を休めいったん休止・・・。
 パイルアップが薄くなったのでコールすると、コールバックがあり交信となりました。

 その後は国内局を中心に7MHz帯や10MHz帯をワッチしました。早朝はコンディションがよかったのですが徐々に悪化。数局と交信したのみとなりました。
 この時期のコンディションなのでしょうか。10MHz帯などでは近距離が聴こえてくるのですが、信号が弱いという状況でした。

<本日のDX>
18MHz CW Austria

posted by GECKO at 20:17| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

2014 All Asian DX Contest CW

 昨日より「2014 All Asian DX Contest CW」が開催されています。
 いつものことですが、未交信のエンティティーを求め呼び回りに徹すると決め込み、昨日(21日)の9:00JSTからワッチを始めました。アンテナの関係で出られるのは7MHz帯と14MHz帯のみ。21MHz帯以上に出られないのが残念です。

 ワッチを始めるとこの時間帯は14MHz帯で国内がよく聴こえていました。14MHz帯の国内の近距離がまずまずのようで、思わずJCCサービス局を探して(^^;)しまいましたが、さすがにDXコンテストが開催されているためか、14MHz帯での国内JCCサービス局は聴こえず・・・でした。
 
 夕方。同じく14MHz帯をワッチすると、北米やアジアがたくさん入感していました。多くが交信済みのエンティティーばかりでしたが、唯一、未交信エンティティーであるパプアニューギニアが聴こえておりナンバー交換できました。
 この局、ビューローでのカード交換OKのようです。これはラッキーです(^^)。
 その他に14MHz帯でアジアや北米とナンバー交換しましたが、7MHzで1局だけ北米とナンバー交換しました。

 いったん中断して23:00JST頃に再開。この時間帯は14MHz帯でEUがよく入感していました。ただし未交信のエンティティーからの電波は聴こえない状況・・・。既に交信しているドイツやフィンランドなどとナンバー交換しましたが、どうも後味がよくない感じ・・・。明日に期待。

 そして今日。午前中は昨日と同じような状況。アジアや北米とナンバー交換しました。残念ながら午後は外出していました。

 この記事を書いている時点ではまだコンストは続いていますが、コンディションがあまりよくないようです。そんな訳で、退散しました(^^;)。
 とりあえず、パプアニューギニアと交信できたのでよしとしましょう。

posted by GECKO at 21:53| Comment(2) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

第14回 A1クラブ コンテスト

 本日は「第14回 A1クラブ コンテスト」が開催されました。
 このコンテストの対象バンドは7MHz帯と14MHz帯のみですが、14MHz帯のコンディションがよろしくなかったので7MHz帯のみで参戦しました。

 そしてこのコンテストには、以下のような特徴的な「QSYルール」があります。

 ・呼ばれた局は交信終了後1kHz上QSYしなくてはならない。
  呼んだ局は呼んだ周波数で1交信に限りCQを出して交信してもかまわない。
 ・同一周波数で、呼ばれる立場の局としての連続交信を禁止する。
 (コンテストのサイトより引用)


 ルール上、通常のコンテストのように、CQ側に徹することもコール側に徹することも可能ですが、基本的にはCQ局にコールして交信後、その周波数を譲り受けてそこで自分がCQを出す・・・。そして他局さんからコールされて交信したら周波数を譲って自分は1kHz以上QSYする・・・というのがこのコンテストのあるべき正しい運用ではないかと思います。

 CQ側とコール側の立場がめまぐるしく変わる・・・このコンテストの醍醐味ですね。

 さてコンテスト参戦の模様です。今回はあえてQRPで参戦しました(QRPの種目がある訳ではありません)。しかしQRPだと結構大変だということが分かりました。。
 CQ局に対してコールするもQRPだと大抵パイルに負けます。そうすると次のCQでは別の局に変わっているので、前にメモしたコールサインが無意味なものになってしまいます。延々とパイルに負け続けると、ログが取り消し線ばかりの状態(^^;)になります。
 取り消し線だらけの紙ログ・・・すごいことになりました・・・Hi.
 (リアルタイムロギングができませんので・・・)
 あまりにパイルに負け続けるので、業を煮やし、交信せずして空き周波数見つけてCQ側となるもQRPではCQを発見してもらえないことしばしば・・・。
 いやはや、コンディションがよければQRPでもそれほどでもなかったのでしょうが・・・。

 延々2時間格闘・・・。結果は散々だったので伏せておきます(^^;)。
 しかしなかなか楽しめたコンテストでした。

posted by GECKO at 23:40| Comment(0) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする