toppicture-block_r.jpg

2014年04月20日

CW運用局のプリフィックスごとのエリア別分布

 再開以来、5,000交信となったというのは先日の記事の通り。そこでちょいと気になっていたCW運用局のプリフィックスごとの局数を調べてみました。
(あくまでも私の交信ログからの分析ですので信憑性は?ですが)

 現時点での交信数は5,050。そのうちCWによる国内個人局との交信数は4,086。これらの中で2回以上交信した局はダブらないよう1回としてカウントすると、これまでのCWによる交信局数は1,524局となりました。
 そしてこれらを、横軸を「エリア」、縦軸を「プリフィックス(2文字)」として表にすると以下のようになりました。
(7コールは悩んだ末、一番下になりました。7コールの方、ご容赦下さい。)
140420-01.png
 ・・・見事に偏ってます(^^;)。

 新しいコールサインになるにつれて減少傾向にあります。
 開局年が早い局ほどCWを運用されている率が高く、開局年が新しい局のCW運用は少ないことが見て取れます。

 そして注目すべきことが・・・。

 よく見ると1エリアでは「JH1」、2エリアでは「JR2」、3エリアでは「JO3」「JP3」が突出していることが確認できます。
 いずれもここ数年で再割り当てされたコールサインです。
 これから推測されるのは、ここ数年で開局(再開)したハムの多くがCWを運用しているのではないか・・・ということです。
(再開時に旧コールサインを取り戻した方もいらっしゃるでしょうが・・・)
 ただ6エリアはこの傾向が見られるかどうか微妙です。

 特にカムバック組みはCWを運用される局が多いように思いますが・・・。
 どうでしょうかね。

posted by GECKO at 22:01| Comment(0) | アマチュア無線全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

2014 JIDX CW (アフリカをWKD!)

 昨日の16:00JSTから始まった「2014 JIDX CW」に参戦しました。
・・・といってもCQを出す訳でもなくサーチ&ポーズ(呼び回り)専門です(^^;)。

 正式名は「Japan International DX Contest」というらしく、JA局のコンテストナンバーは「RST」+「都道府県番号」であるため、DX局は都道府県違いがマルチになるというコンテストです・・・って、いまさら私が偉そうに解説することでもないですが。

 結果は14MHz帯のみで20局18エンティティーとなりました。

 今回新たに交信できたエンティティーはフィジーとモーリシャス。フィジーはともかくモーリシャスは再開局4年目にして2局目のアフリカの局となりました(^^)。
 この局、3Bから始まるコールサインで14,037.0kHz付近で交信しました。RST539程度で入感していましたが、CQを空振りまくっていました(^^)。
 その後、消えてしまいましたが・・・。

 今回、新たに2エンティティーと交信することができ、DXCCはWKDが85,CFMが29となりました。また7大陸(6大陸+南極大陸)別のWKDとCFMの状況は表の通りです。(数字はエンティティー数です)
ContinentTARGETCFMWKD
Asia55818
North America5014
South America3006
Oceania60925
EU691029
Africa7602
Antarctica211

 さてまずは6大陸をすべてCFMしたいところです。
 残すはアフリカ大陸と南アメリカ大陸ですが、アフリカ大陸については今回交信したアフリカの局はQSLカード交換はビューローでも可能なようで、QSLマネージャーがドイツの局なのできちんと届くことに期待・・・。
 また南アメリカ大陸についても、今回交信したブラジルの局が同じくビューローでも可能で、QSLマネージャーはフィンランド。こちらも期待したいところです。そのような訳で、新たな2エンティティーがゲットできた2014年のJIDXとなりました。アンテナは相変らずのワイヤー逆Vダイポールで、給電点の地上高さは約10mですが、CQ各局の高性能なアンテナに助けられた形です。

<交信記録>
--- 2014 JIDX CW ---
14MHz CW Fiji
14MHz CW Mauritius
14MHz CW Ukraine
14MHz CW Italy
14MHz CW Belarus
14MHz CW Brazil
他(全20局)

posted by GECKO at 22:25| Comment(2) | アワード/イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

QSLカードが届きました (2014年3月)

 先月末にJARLからQSLカードが届きました。ざっと200枚くらいでしょうか。
 そしてそれから1週間ほどかけて、やっとのことで昨夜にハムログの受領確認がすべて完了したところです。
 今回も数枚、海外局からのQSLカードが含まれていました(^^)。

140405-01.jpg

 受領を済ませたところで、2014年3月末時点での、JCC,JCG,KU,DXCCのWKDとCFMの状況を確認したところ、以下のようになりました。
 バンドはミックスで、未交信市が43市,未交信郡が100郡,未交信区が30区といった状況。DXCCはWKD,CFM共に2エンティティ増(2014年3月9日と比べ)です。
TARGETWKDCFM
JCC813770685
JCG380280233
KU175145115
DXCC3408329


 このブログでは耳タコなほど書いていますが、海外局に対してダイレクト請求はまったくしておらずビューローのみとなっているため、海外局のQSLカードがなかなか回収できずDXCCエンティティーのCFM数が伸び悩んでいます。
 これについてはいずれまとめて・・・と考えていますが、それならばLoTWを利用したほうがいいのかな?なんて考えています。

 さて本日の運用ですが、10MHz帯でJCCの追っかけをしていました。新たに1市と初交信できましたので、WKDが一つ増えました。

posted by GECKO at 05:36| Comment(0) | QSLカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする