toppicture-block_r.jpg

2014年03月30日

メキシコと交信! 10,113.0kHz CW

 本日の10MHz帯もFBなコンディションに恵まれました。
 朝の6:45のイオノグラムは以下のような状況で、臨界周波数は10MHz帯まで達していました。しかし今朝は雨天ということもあってか、早い時間帯の10MHz帯はJCCサービス局がまったく聴こえてこない状況でした。
 ところが10MHz帯では9:30頃からJクラスターへのスポット数が爆発的に増え、その後は凄まじい勢いでスポット数が増えています。140330-01.png
 このようなFBなコンデョンのため夕方は18:00過ぎても10MHz帯のコンディションは衰えることはなく、国内近距離が強力に入感しており、7MHz帯のような様相を呈していました。

 そんな中、少し下へ下がると何とメキシコが入感!539程度でしたが、コール一発でコールバックがあり交信成立となりました。
 10MHz帯では、国内JCCサービスは概ね10,120.0kHz以上で行われており、DX局は10,120.0kHz以下にQRVしています。このあたりはきっちりと慣例的に守られていているようですね。

 WARCバンドでしかもフォーンは認められていないためか、10MHz帯は気合を入れずおまけアンテナ(失礼!)の局が多いのでしょうか。当局のような単なるワイヤーダイポールでもスルスルとパイルを抜けたりします。
 14MHz帯ではそんな訳いにはいきませんが・・・。

<本日のDX>
10MHz CW Mexico

posted by GECKO at 19:46| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする