toppicture-block_r.jpg

2013年12月30日

この1年で印象に残った交信(その2)

 さて印象に残った交信の第2弾です。

 とあるJCCからモービルでCQを出した時のこと。バンドは10MHz帯。
 いつもと変わらない設備で運用。CQを打つとそこそこ呼ばれるような状況となりました。決してパイルアップではなくほどほどに・・・。
 そんな中、十数局交信したころでしょうか、突然エレキーの調子が悪くなり、正しい符号が送信されなくなりました。長点が途切れ連続短点になってしまうのです(^^;)。
 ただ常にそうなる訳ではなく、時々発生するというような状況だったので運用は続けたのですが、この影響で、たまたま相手局のコールサインを返している時に発生すると、妙なコールサインになってしまい(^^;)、打ち直さなくてはならず大慌てな状況となっていました。

 原因は、送信した電波を受けて自作のエレキーが誤動作をしているというものでしたが、いつもと変わらない設備で、なぜ突然そうなったかはいまだに不明のままとなっています。

 あるOMさんとの交信では、この誤動作が頻発し何度も打ち直すことに・・・。
 相手局からみれば、私が打ち間違えているようにも聴こえるので、「そうでないですよ」という意味でCQの合間に「VVV」を打ったりして機器の不調であることをアピール(^^;)したりしましたが、そう理解していただけたかは謎のまま・・・。
 そしてその時は正常でも、運用を開始すると再び発生・・・。もはや運用できるレベルではないと判断しCLとしました。

 予期せぬトラブルでしたが、いまとなっては笑い話です・・・。

posted by GECKO at 21:00| Comment(0) | 交信記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする