toppicture-block_r.jpg

2013年08月11日

小笠原村と交信 10,123.0kHz CW

 暑い日が続いております。
 当アマチュア無線局も例外ではなく連日30℃台後半の酷暑が続いており、お盆休みになったとはいえ、もはや移動運用の気力もなくなっているこの頃です・・・Hi.
 午前中には恒例?の掃除なんぞをしましたが、それだけで汗だく・・・。その後に、クーラーを効かせたシャックでコーヒーを楽しみながらパドルを叩くのが、なかなかオツではあります。

 さて本日もご多分にもれず、JCCサービスの追っかけ(←アイドルじゃないね)を7MHz帯と10MHz帯を中心に自宅シャックからしていました。
 この暑い中、JCCサービスされている方々には頭が下がる思いです・・・。
 そんな中、珍しいところではJD1(小笠原村)の固定局と10MHz帯で交信頂いたことでしょうか。JD1との交信は初めてではありませんが、10MHz帯では初めてです。
 DXCCでは日本国内の別エンティティーになっていて貴重な地域ですね。
 ご存知のとおり日本国内にはこれ以外に、もうひとつの別エンティティーである南鳥島があります。こちらについては、以前に交信を完了。既にQSLカードも届いています。

 その時の記事がこちらです。頂いたコメントがなかなかおもしろいですよ(^^;)。

 そんな訳で、JCCサービスの追っかけに終始した一日でしたが、本日は18MHz帯の国内はほとんど聴こえてきませんでした。Esもそろそろ終盤になってくるので、18MHz帯の国内(近距離)は厳しい状況になっていきますね・・・。
 せっかく18MHz帯のフルサイズのダイポールを張ってあるので、そのまま残してDX交信へ徐々に移行するか、いや延長して10MHz帯用にするか、悩むところです。

posted by GECKO at 19:44| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする