toppicture-block_r.jpg

2013年06月29日

ハイモンド HK-704

 このところ積極的な運用から遠のいています。運用ネタもネタ切れ状態なので(^^;)、機材の紹介です。

 再開局後まもなく、CWを運用をするためにと電鍵を入手しました。
 初心者は縦振り電鍵(ストレートキー)から始めるか、エレキーを使ったパドルから始めるか・・・。この議論は熱いようですが(^^)、ここではこれには言及しません。
 とりあえず「CWといえば電鍵」「電鍵といえばストレートキー」という三段論法的発想で、ネットオークションでやすやすと手に入れたのがハイモンドの「HK-704」です。
130629-01.jpg
 落札価格3.8k円。何の知識もなく単に程度がよさそうで安価なものを落札した訳ですが、この色には少々引いてしまうものがあります・・・Hi.
 きちんと元箱に入って送られて来ましたが、箱は水色です。いつ頃の年代のものか不明ですが、水色の箱は割りと古いバージョンだと思います。

 届いた直後は少々汚れがありましたが、自分でメンテナンスを兼ねて磨いたら、新品同様に!・・・いえ、写真映りがいいだけです。
130629-02.jpg
 この電鍵はハイモンド社の製品の中でも決して高級な部類ではありません。廉価版ともいえるものです。
 一生ものとも言われる電鍵ですが、何しろ初めてのCWなので、挫折して電鍵も放り投げることになるかな?なんてマイナスなことを考えて、まずはこのくらいのものを、しかも中古品で購入した訳ですが、いまだにまったく縦振れ電鍵を使いこなせない(上手く符号を送出できない)自分がいるので、これで十分自分の身の丈にあっている気もします。

130629-03.jpg

 HK-704で縦振れ電鍵のコツを掴んだら、GHD社の「GT599SG」かな?なんて飛躍したことも考えていますが、現時点ではそんな高級な縦振れ電鍵を購入しても、宝の持ち腐れなること間違いなしです。

 現在は、CWの運用のほとんどをエレキーに頼っています。相手に崩れていない正しい符合を送るという意味でもエレキーの使用は重要なことですが、やはりアマチュア無線家たるもの、縦振れ電鍵を華麗に使いこなしたいものです。
 上手く打てるようにならないとね。

posted by GECKO at 19:54| Comment(0) | 電鍵/エレキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

ケンウッド(KENWOOD) TS-60

 このところEsが発生し50MHz帯(6m)がFBなシーズンになっています。
 だからという訳ではないですが、所有している50MHz帯モノバンド機「TS-60」を紹介します。モデルに「V」が付く10W機です。
 1993年12月発売なのでかれこれ20年前のリグです。HF機である「TS-50」とそっくりです。姉妹機なので当然ですね(^^)。
 何でも小型高機能化される現在において、50MHz帯がモノバンド機である必要はまったくないのですが、一方では貴重な存在ではないでしょうか。130621-01.jpg

 このリグ。再開局してまもなく衝動買い的にネットオークションで25k円程度で入手したものですが、購入直後はともかく、このところ全く出番がありません。というのも移動運用は50MHzだけでなく他のHFバンドも運用するので、そういった場合は1つの筐体にHF帯と50MHz帯を搭載する「TS-680V」を使ってしまう訳です。
 TS-680V?。相変らず古いリグばかりだねぇ〜。という突っ込みは入れなように(^^;)。

 私が最初に開局した'85年頃は、「IC-505」や「FT-690」といった、電池で動作するポータブル型の50MHz帯モノバンド機が当時の現行モデルに近い形で存在していて、IC-505はAMがないからダメだとか、ハム仲間と評価したりしていましたが、それらもすっかり見なくなってしまいました。

 そんなTS-60ですが、前述のポータブル機とも少し用途が異なり、完全な固定機でもなく・・・、いまとなっては目立って小型でもなく・・・、しかしそれなりの存在感があって手放すことができません。もう少し使ってやらないとね。
 6m&Downコンテストで使ってやりますか。

posted by GECKO at 20:45| Comment(0) | Rig(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

アラブ首長国連邦(UAE)と交信! 18,082.0kHz CW

 このところ18MHz帯の運用が多くなっています。逆に10MHz帯はさっぱりです・・・Hi.
 本日も朝7:00頃にリグのスイッチを入れ18MHz帯をチェック。国内の遠距離がよく入感しており、逆に近距離はスキップしてしまっている・・・そんなコンディションでした。

 そんな中、少し下の周波数でアラブ首長国連邦(UAE:United Arab Emirates)を発見!そこそこのパイルになっていた模様ですが、ダメもとでパドルを叩き続けること数回。辛くもパイルを通り抜けコールバックがありレポート交換となりました。130601-08.jpg
 DX局の争奪戦は連敗続き・・・というかパイルに勝つことはほとんどないのですが、今回のようにたったの数回でコールバックがあることはめずらしいことです。
 勝利の美酒に酔いしれながら(^^;)、引き続き18MHz帯で国内局と交信しました・・・。

 その他には、午前中の早い時間帯は50MHz帯もEsにより8エリアが強く入感していましたが、なぜか本日はCQを出している局が少なかったように感じます。
 そして午前中の遅い時間帯には8エリアがクローズすると同時に6エリアが入感しだしましたが交信ならずでした。

 午後からはEsも消滅し、午前中のコンディションは嘘のように悪くなりました。夏のコンディションはこんなものでしょうかね。

<本日のDX>
18MHz CW United Arab Emirates

posted by GECKO at 16:02| Comment(0) | DX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする